『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
楽曲解説【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】。
【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】

だから俺は仲間達とすぐに始めた 初めは閑古鳥カゴで泣いてた

「真打ち登場、名古屋 the Finest 裸ならこの人マジでヤバいです。。。」で、堂々と登場してもらった我らが塾長とのレコーディンが行われたのは今年の8月23日、ちょうどお台場のめざましライブの前日でした。

先駆けて一ヶ月ほど前にカルテット Ver.の【N.A.M.A.】がYouTube上に公開されたばかりで、それがなかなかのクオリティと衝撃を伴っていただけに、内心「塾長とのコラボレーションが見劣りしたらマズいな〜」と心配したりもしていました。

元々この楽曲が、塾長を入れて初めて完成するということは制作当初から決まっていたことでした。だから『キミガイタカラ』に収録され、発表した頃から感覚的にはずっと“空けていた”状態だったのです。

ところが自分たちが立ち上げた企画とはいえ、続いて発表されるKingrass Hoppers Ver.の【N.A.M.A.】が、塾長のお披露目が行われるKAZOKU FES.2013の五日前に先駆けて公開され、またしても塾長のハードルが上がってしまうのです(笑)

カルテットとは打って変わって、Kingrass HoppersのVer.は新しい解釈を伴い、リズムへのアプローチ、新たにキーボード演奏なども加わって彼ら流にパワーアップされました。こういった良い意味での裏切りは制作した僕らにもまた新鮮に映り、楽曲に爽やかな息吹が吹き込まれてハッとさせられます。改めて音楽に終わりはないのだな〜と気付かせてくれました。

さて塾長ですが、多忙のなかを割いて頂き、唯一僕らと日程を合わすことができたのが8月23日のこの一日だけでした。実はそれまで本人から楽曲に対する音沙汰が何もなく、まさかこのまま当日を迎えるのでは?と内心ドキドキしていました。そして前日の22日、MICROを介してようやく塾長の【N.A.M.A.】のリリックが僕らに送られて来たのです。

歌もそうだと思いますが、特にラップというのは楽曲に本人が乗せるまではどう栄えるか判らないものですね。正直なことを言うと、塾長のリリックだけを見ただけではその良さに僕は気付くことができませんでした。それだけカルテット、Kingrass Hoppers Ver.が良かったというのもありますし、僕のなかで塾長に対するハードルがうんと上がっていたのだと思います。(きっとMICROもそうだったんじゃないかな〜)

ところが、当日。

いつも通りとても謙虚にスタジオに現れた塾長は、何かの適当な紙の裏にペンで書きなぐったリリックを小脇に抱えてブースに入り(*塾長は昔から適当な紙の裏に歌詞を書くのがスタイル、それが譜面だとも言っています)この『ハシリツヅケル』に収録されている【N.A.M.A.】のバースをぶちかましたのです。

その瞬間スタジオの空気は一変し、スタッフも含めて騒然としました。「やっぱ塾長は、カッケェー!!」と。すべての心配事は杞憂に終わり、塾長をほんの少しでも疑った自分を反省しました。

そりゃそうだわな。誰だと思っているんだ。アングラから文字通り裸一つで這い上がり、一度地獄を見ても不死鳥のごとく復活してメジャーを席巻し、数々の修羅場を潜り抜け、地元や後輩に貢献し、ミュージシャンとしても人としても多くのことを背中で教えてくれた、今も最前線で活躍する偉大なる名古屋が生んだスーパースターだぞ。そりゃ、カッコいいに決まっているだろ、と。

KAZOKU FES.2013に来た人にはもう周知の事実ですが、この曲はまさに“生のライブ”で初披露をし、塾長はラップだけで満場の会場を沸かせました。隣で歌っていても何度も体中に鳥肌が立ちました。「この人、ホントにスゲーな」と。あの瞬間は、今年のフェスのハイライトの一つでしたね。

今も僕のiTunesにはKAZOKU FES.2013のライブ音源が入っているのですが、改めて耳で聴いていても【N.A.M.A.】で塾長が登場してキレキレのラップをぶちかますところは、頭のてっぺんから電流が走ります。

HOME MADE 家族×SEAMO、このタッグは最強でしょう。

楽曲解説【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】。_f0182998_14385559.jpg


改めて、素晴らしいこちらのバージョンも併せて楽しんで下さい。

「N.A.M.A. / HOME MADE 家族 × カルテット.」


「N.A.M.A. / HOME MADE 家族 × KingrassHoppers」


追伸:
まだもう一つ、新たなバージョンが近日お披露目される??

楽曲解説【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】。_f0182998_15515023.jpg

by hmk-kuro | 2013-10-29 14:43
<< 福岡大学七隈祭。 楽曲解説【N.A.M.A. R... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム