『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
活字が踊る、歌う、叫ぶ!
今日は、ユーイチ監督によるReebok×家族fes. 2012のCM撮影をしてきました。

今年はずっと日焼けしないようにしていたのですが、さすがに日中の校庭は照り返しも含め日差しが大変強く、がっつりと紫外線を浴びてしまい、ただいま身体が火照っております。

それよりも明日の筋肉痛が心配です。普段、使用しない部位を酷使したのでガタがくるかも。。。ま、楽しかったから別にいいですけど〜。

完成が楽しみです。皆さんもぜひこのCMを観に家族fes. 2012にお越し下さいね。


そういえば、この作品がとても面白かったので、原作も読んで見ました。

活字が踊る、歌う、叫ぶ!_f0182998_22475151.jpg


「おれたち、ザ・コミットメンツ」

ロディ・ドイル著 関口和之・訳

サザンオールスターズの関口さんが翻訳されているのですね。多才な人だ。

映画同様、言葉遣いや素行は少々悪いですが(笑)児童書なみに読みやすく、テンポも良くて一日でサクッと読了できます。改行だらけだしね。

ただ、おそらくアイルランドの(特にダブリンの)風土を理解して原文で読むとさらに面白いのでしょうね。これはどうしても仕様がないことですが、エスプリの効いた言い回しやギャグとかに温度差を感じてしまうのは否めません。それでも、関口さんもあとがきで書かれているように“音楽そのものを絵や文字で表すことはできない。それが音楽小説が難しいと言われる所以でもある。が、そのエナジーや愛しさを表現することは充分できると思う。”まさしく本書は、著者のソウルミュージックに対するエナジーと愛しさが余すことなく溢れ出ている作品だと思います。

ソウルミュージックの“ライブ”を活字でどうにか表現しようとした小説として、僕は最後まで楽しく読ませてもらいました。一度、映画で観ていたこともあったのでしょうね。登場人物たちが再び頭のなかで蘇りましたよ。

大方、劇中と内容は変わりませんでしたが、映画では取り上げられていないライブシーンもいくつかあったことを読んでいて知りました。(音源を持っている人は、そのライブシーンを読むときは音源を聴きながら読むとさらに面白いかも。YouTubeで充分に探せますヨ。しかも本文では歌詞が日本語訳ですから!)

そのなかで、本日のサム・クック・テイスト・ハンター改め、“隠れサミー”をここでご紹介。

今まで小説でここまでサム・クックのカバー/音楽を表現したものってあったでしょうか??

活字が踊る、歌う、叫ぶ!_f0182998_232857.jpg


サム・クックの名曲“チェイン・ギャング”を歌っているのです。(しかも、二回も!)

Sam Cooke "Chain Gang"


その描写力がなんとも力任せなこと(笑)まさに筆からソウルを感じられます。

活字が踊る、歌う、叫ぶ!_f0182998_23294416.jpg


これ、わりと重要な場面なのに、何で劇中で再現しなかったんだろう〜。ザ・コミットメンツの彼の歌唱力ならハマり役なのになぁ。

Andrew Strong live - Try a Little Tenderness


もしかしてハードルが高かったのでしょうか。でも、上記のオーティスをやっているぐらいなんだからアリなのに。(注:原曲は、Ray Noble and his Orchestra 1932)

ソウルの楽しさを小説から感じることができる、佳作だと思います。
by hmk-kuro | 2012-08-17 23:40
<< 今週のHMKU TOKYOヒットガール >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム