『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その十二〜
さ、いよいよ最後の曲です。

12曲目。

『エブリデイ』です。

これは“The People's Choice”(ザ・ピープルズ・チョイス)の「Run To Me」をサンプリングしています。

The People's Choice - Run To Me



原曲とさほどニュアンスが変わらないのでこの元ネタを聴いておけば間違いないでしょう☆

しかも映像に金塊が出てくるし、、、。(すごい偶然)

“The People's Choice”(ザ・ピープルズ・チョイス)もお馴染み、フィラデルフィア出身のアーティストです。

f0182998_0325755.jpg


さすがにここまでこの土地をフューチャーするとこの場所の説明をしないといけませんね。

f0182998_04133100.gif


愛称を「シティー・オブ・ブラザリー・ラヴ」(兄弟愛の街)とも呼ばれているフィラデルフィアは、NYまで電車で約二時間の距離の所にあります。又、ここはアメリカ発祥の地でもあるのです。

ボクも家族で何度か足を運びました。

みんなに最も分かりやすい有名なことと言えばこれでしょうね。

f0182998_117358.jpg


そうです。

フィラデルフィアは『ロッキー』の舞台となった街でもあります。

特に“フィラデルフィア美術館”のこの階段は、

f0182998_1242596.jpg


ロッキーのトレーニングの終着地点として今では“ロッキー・ステップ”と呼ばれ、観光名所にもなっています。

この有名なシーンですね。ここを駆け上がって、

f0182998_125564.jpg


両手を天に突き上げるシーンです。

f0182998_1254558.jpg


来ていた観光客もみんな真似していました。

ボクもしました、、、。

そんなフィラデルフィアですが、黒人人口がかなり多い割には最初はリズム&ブルーズが育ちにくい場所だったそうです。

f0182998_1353686.jpg


ピーター・バラカン著『魂のゆくえ』にそのことが書いてあります。(この本は数あるソウル本の中でも入門編としてはとても分かりやすいのでオススメですよ☆)

“白人のポップミュージック、それも低次元のアイドルものの名産地”だったそうです。

それでは、なぜそこがこれほどまでに良質なアーティストと音楽を生む場所になったのでしょう??

それは、この三人のスーパープロデューサーのおかげです。

ケニー・ギャンブル&リオン・ハフ

f0182998_157499.jpg


そして、トム・ベル。

f0182998_1591270.jpg


彼らがこの簡単ソウル講座〜その八〜でもチラッと紹介した「フィラデルフィア・インターナショナル・レコード」通称『PIR』というレコードレーベルを設立して、フィラデルフィアの音を作っていくのです。

f0182998_251464.jpg


ボクが各月で愛読している『Wax Poetics Japan』にも彼らの特集が組まれていましたね。

f0182998_2181186.jpg


f0182998_2191843.jpg


彼らが音楽史に残した功績はとてつもなく、それをここですべて明記するのは不可能ですが60年代の“モータウン”に対して70年代は『PIR』とまで言われました。

もう分かるよね↓

f0182998_2344311.jpg


ネルソン・ジョージ著『モータウン・ミュージック』(これは名著です☆)

f0182998_2351323.jpg


その証拠に、あのマイケルも“ジャクソンズ”時代にはお世話になり、自伝『MOON WALK』でこう述べています。

f0182998_2382221.jpg


“僕らはずっと、ギャンブル&ハフが手掛けたレコードに、大いなる尊敬の念を抱いていました”

- 中略 -

“実際に彼らが創作していくところを見る機会に恵まれ、それは僕の作曲技術を磨くのに大いに役立ちました”

西寺郷太さん著の『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』にもそのことは書かれています。

f0182998_2422176.jpg


“ギャンブル&ハフはちゃんとジャクソンズを一人前のミュージシャンとして見てくれました。ノウハウも惜しみなく見せてくれ、兄弟達の作品に手直しをしたり、アイディアを却下する時も頭ごなしでなく、丁寧にひとつずつアドヴァイスしてくれたのです”

つまり、彼らはあの世界のスーパースターマイケルの先生でもあった訳です☆

また、トム・ベルはクラシックの教育を受けていて、リオン・ハフはジャズの経験があり、ケニー・ギャンブルがR&B、ポップの経験者ということで、この三人の音楽的背景がミックスされ『PIR』は“都会的で洗練されたサウンド”というものを確立していきました。

一時は、『PIR』と書かれたレコードは聴かなくても「間違いない」というイメージすら出来上がったほどです。

因みに、ここでまた【プチ情報】ですが、

このサウンドを支えた“スタジオ”というのが当然存在しまして、数々の名曲を手掛けたその“スタジオ”と“エンジニア”は伝説と化していきます。

そのスタジオの名前が何を隠そう、同郷でもある『NOBODY KNOWS+』の

f0182998_353155.jpg


リーダー&トラックメイカーのDJ MITSUさんが運営する、

f0182998_375194.jpg


“スタジオ”と同じ名前の、

『シグマ・サウンド・スタジオ』なのです☆

MITSUさんもフィラデルフィアのソウルが好きで、そして数々の名盤を排出したその伝説的スタジオと名エンジニアの“ジョー・ターシア”にあやかり、

f0182998_3255993.jpg


自ら運営するスタジオの名前にも『シグマ・サウンド・スタジオ』と名付けた訳です。

ちょっとした名古屋雑学でしょ☆

スタジオというのはマジックが起きる瞬間がたくさんあります。名曲が出来上がるまでにはドラマチックな背景があります。ボクらも色々ありました、、、。そういった歴史的なスタジオでのサイドストーリーを記した本があります。

f0182998_3121231.jpg


ジム・コーガン&ウィリアム・クラーク著の『Temples of SOUND 邦題:レコーディング・スタジオの伝説』(読んでいるだけで現場の空気感が伝わって来てゾクゾクします)

さて、

“The People's Choice”(ザ・ピープルズ・チョイス)からずいぶん離れましたが(笑)

彼らもそんなケニー・ギャンブル&リオン・ハフ、そしてトム・ベルが手掛けたフィラデルフィアサウンドの申し子という訳です。

これだけ説明したら、もういいよね??

最後の講義なのでオススメしたい本を中心に書いてみました(ホントは、まだまだ唸るほどあるんだけどね、、、)

29日まで、あと2日!!

さてどうなることやら〜。

時間と気力のある人は、最後にもう一度、この根気と睡魔と闘いながら書いたボクの【簡単ソウル講座】をおさらいして、当日を待ち望んでくれたら嬉しいなぁ。


以下は、ライナーノーツから。

■KURO
最後に紹介するのは、“The People's Choice”で「Run To Me」です。ほわーんとした不思議な楽曲です。アウトロっぽい感じですかね。このライヴが終わったら、皆さんはまたそれぞれの毎日(Everyday)へ帰っていきます。でもさよならじゃないよと、ちょっとボクも歌ってみようと思います。




ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

全ての授業これにて終了!!



今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


ボクからみんなに一言。

『すまん、もう眠い、、、』
by hmk-kuro | 2010-01-27 03:52
<< 簡単ソウル講座と【(G)old... 1/29『IS THIS IT... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム