『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その九〜
では、今日は9曲目。

『Shine』です。

これは“Eddie Kendricks”(エディ・ケンドリックス)の“ShoeShine Boy”をサンプリングしています。



“ShoeShine Boy”つまり“靴磨きの少年”が這い上がっていく歌です。

ボクは、靴をすり減らして働いたそのカカト(ソウル)こそが自分の証だとラップしています。

この“Eddie Kendricks”(エディ・ケンドリックス)こと通称「エディケン」は、

f0182998_1730155.jpg


簡単ソウル講座〜その壱〜でもちょっと触れた、アメリカのデトロイトにある伝説的レーベル

f0182998_17235511.jpg


“モータウン”

f0182998_17393172.jpg


に所属していた、超ー有名R&Bボーカルグループ“テンプテーションズ”の元メンバーです。

この曲は映画の主題歌にもなったし、聴いたことないかな?

The Temptations -My Girl-



映画、マコーレ・カルキン主演の『MY GIRL』

f0182998_17411985.jpg


このテンプテーションズの歴史に今日は軽く触れないといけませんね。もう40年以上も続いている超ー大御所グループですから一筋縄ではいきませんが、、、。

ま、簡単に。


“ザ・テンプテーションズ”は2つのボーカルグループと1人のソロボーカリストが合体したのが始まりでした。

その後、メンバーの編成をどんどん変えていくのですがそれを追うと三国志みたいに長くなるのでバッサリとカットします。一番、最強だった初期の頃のメンバーでいきましょう。

f0182998_18131913.jpg


左から、

・超高音ファルセットが特徴の今日の主役、“エディケン”
・元々ソロボーカリストだった問題児、“デヴィッド・ラフィン”
・低音ボイス担当、“メルヴィン”
・バリトン担当、“オーティス”
・“エディケン”と元々一緒にグループを組んでいたセカンド・テナー担当の“ポール”

そうですね、日本で言うなら“ゴズペラーズ”さんとかを想像してもらって良いと思います。もしくは、“Boyz II Men”とか。そのパイオニア的存在ですからね。

テンプテーションズは、5人のリードシンガーを持つグループであり、それぞれが主役を張れる実力派揃いでした。

でもそれが、かえって5人の衝突を巻き起こす原因になりました。

特に、元々ソロボーカリストだった“デヴィッド・ラフィン”がメインボーカルを張るようになってからは大ヒットを連発する一方で、メンバー内に亀裂が生まれ始めます。

f0182998_18572876.jpg


その辺の詳しい話は、映画にもなっているので興味のある方はこれを観てみて下さい。

f0182998_1972225.jpg


配役がみんな実在の実物と結構似ていてかなり投影できます。

これ、映画の方。

f0182998_199985.jpg


これ、実在の方。

f0182998_19102318.jpg


ま、あんま分からないか。でも映画はオススメですよ。

この“デヴィッド・ラフィン”の問題児っぷりもよく描写されています。

彼の歌声は唯一無二で素晴らしいのですが、性格がちょっと傲慢で元々ソロシンガーをやっていたこともあってか、どんどん前に出ようとし始めます。

そして、とうとうメンバーに「“デヴィッド・ラフィン&ザ・テンプテーションズ”にしろ!」とまで言い始めるのです。

それはまるで「“MICRO & THE HOME MADE 家族”にグループ名を変更しろ!」とボクとユーイチが言われるようなものです。(ま、あいつはそんなこと言わないけど)

f0182998_19334218.jpg


簡単ソウル講座〜その五〜 で紹介した“The Ovations Featuring Louis Williams”の時とは大違いですね。

そして、ぐちゃぐちゃになったテンプテーションズから“デヴィッド・ラフィン”がソロになるため脱退し、続いて“エディケン”も抜けてしまいます。

そうして「ソウルの悲劇」はまたもやってくるのです。

“エディケン”と元々一緒にグループを組んでいたセカンド・テナー担当の“ポール(ウィリアムス)”は、

f0182998_2034236.jpg


友人を失ったショックとグループを支えて行かなければならないというプレッシャーに押しつぶされてしまい、酒に溺れ、自らの頭をピストルで撃ち抜き、この世を去ってしまいます。

映画でもこのシーンは、悲しすぎて涙が出そうになります。

メンバーって、ただ実力があるだけではダメなんですね。バランスなんです。だから、巡り合わせの奇跡なんです。でも、良い作品を残すための闘いとエゴの闘いのバランスは非常に難しいです。

それは、作品を良くしたいから心から本気で言っているのか?

ただ単に自分のエゴを押し通したいだけなのか?

でも、答えは誰にも分からないのです。

なぜなら正解は誰にでもあるからです。

よく熱いバンドほど名作を生みますが、すぐに解散してしまうケースがあります。それは、メンバー間の熱が沸騰して最終的には器から溢れ出るからだとボクは思っています。

f0182998_20235590.jpg


一方で、じっくりコトコト煮込むグループもいます。味が熟成するまでに時間はかかりますが、長くしぶとく続けていきます。

どちらが良いわけではありません。要は“良い作品”を創ればいいのです。

でも、恐らく『HOME MADE 家族』は後者でしょうね。

器から溢れそうになる時、ボクらは火加減を調整します。時にはその役目が優秀なスタッフに託される場合もあります。この“火加減”が出来るか出来ないか、焦げるか焦げないかが、グループの味の決め手となるのです。

“巡り合わせの奇跡”とはそういうことなのです。

テンプテーションズのストーリーを知って、そんなことをまた改めて教えてもらいました。

“ソウルミュージックは、小説よりも奇なり”ですね。過去から学ぶことはホントにたくさんあります。

f0182998_20541498.jpg


そんなテンプテーションズですが、メンバーを何回も変え、時代と共に音楽を変化させながらヒットを出し、オリジナルメンバーこそもういませんが、40年以上経った今もちゃんと存続しています。

グループって何でしょうね。

良い作品を創るとは何でしょう。

何かを犠牲にしてまで手に入れるものはどれほど重要なのでしょうか。

そんなことを考えさせられた今日の講義でしたね。

ちょっと真面目だったかな〜。


以下は、ライナーノーツから。

■KURO
テンプテーションズは、皆さん分かりますよね?“マイガール”とか。そのテンプテーションズのハイトーンヴォイスのエディケンこと“Eddie Kendricks”のソロ「Shoeshine Boy」が原曲です。HOZE のファルセットと声質がちょっと似ているんですよね。原曲は、靴磨きの少年のことを歌っているのですが、ボクはそれを日々あくせく働いて靴底をすり減らした人ほど人生は光り輝くのだとラップしてオマージュしようと思います。最後のYSDのソロが素晴らしいです。ライヴでは、みんなでノリノリになりましょう。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、9曲目終了。



今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


昨日の『花詰まり』といい、リュウタはどれだけ“花”関係に弱いのだろうと今日また痛感した。ボクらのデモ音源を聴いて歌詞をタイプしていたリュウタが「ゆれる花びら」を間違えて打った一言。

『ちらり花びら』
by hmk-kuro | 2010-01-19 21:57
<< 今日も休講〜 今日も休講〜 >>
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム