『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜
予告通り、今日はこの曲です。

8曲目、『喜怒哀楽』

これは先日、亡くなられた“テディー・ペンダーグラス”が所属していた“Harold Melvin & The Blue Notes”(ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ)の「The Love I Lost」をサンプリングしています。

Harold Melvin and the Blue Notes - The Love I Lost



これは73年にソウルチャート1位でゴールドディスクにも輝いたご機嫌なチューンです。

ボクらもこの日、この曲で一番ブチ上がる予定です。

なんせこれをATSUSHIさんは、“四つ打ち”にアレンジしていますからね。

因みに、“四つ打ち”とはHOME MADE 家族の楽曲で言うなら「Come Back Home」とかかな。ドラムのキックがドッカン!ドッカン!ドッカン!ドッカン!とグイグイくるやつです。

どうしても上がっちゃうアレです。このテイスト、みんな結構好きでしょ☆

「夜中に書いたラブレター」もそうだね。そういやー、あれもATSUSHIトラックか。

元ネタが「The Love I Lost」(失った愛)なので、ボクは「The Love I Save」(守る愛)と解釈して、人間関係に生じる愛情ゆえの感情“喜”“怒”“哀”“楽”をテーマにリリックを書いてみました。

HOZEとテーマごとに代わる代わるパートを分けて、受け持った小節の頭を必ず「喜、怒、哀、楽」の韻で統一することを思い当たった時は、勝ったなって思いました。(何にか分からないけど)

ライヴでもみんなすぐに覚えて歌えると思います。リハーサルをやっていても、この曲は笑いが止まらないほど何度やっても楽しいので早くみんなとも共有したいです。(TAKEも超ー好きみたい)

さて、講義にまた戻ります。

この元ネタは“テディー・ペンダーグラス”がまだソロのアーティストになる前に在籍していた頃の音源です。つまり、それが“ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ”。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_15101366.jpg


“ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ”とは、1950年代から活動を続けていた(簡単ソウル講座〜その壱〜でもお届けした)“The Spinners”と同じアメリカのフィラデルフィア出身の名門R&Bボーカルグループです。

それまでドラマーとして活動していたテディーですが、ここに加入してからリーダーのハロルド・メルヴィンに歌を勧められてボーカルに転向します。

「お前、うめーじゃねーか!」「ドラムやってる場合じゃねーぞ」みたいな。

そして、「フィラデルフィア・インターナショナル・レコード」というこれまた超有名な同地のレコードレーベルと契約します。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_15364774.jpg


そして、そこから大ヒットを連発します。

この「The Love I Lost」もその一つです。

どのヒット曲もテディーの迫力ある歌声がその大きな要因でした。

その後、彼はソロに転身してからも着実に成功を収めていきます。しかも、世の女性の“セックスシンボル”として。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_162443.jpg


今のR&Bに“セクシー”なムードが漂うようになったのは、ある意味この二人のシンガーの影響下があったと思います。

一人は、テディ。

そして、もう一人はあの伝説のソウルシンガー“マーヴィン・ゲイ”。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_1662035.jpg


さすがに、みんなも“マーヴィン・ゲイ”なら一度ならずも何度となく聴いたことあるでしょう。

この間、テレビでEXILEの“方の”ATSUSHIくんもカバーしてましたしね。

Marvin Gaye - What's Going On -



ATSUSHIくんは、 ボーカルレッスンの先生に「R&Bを知りたければこの曲を聴け」とまで言われたらしいです。(ま、全部テレビで聴いた話ですけど〜)

彼の“What's Going On”も心がこもっていて良かったですよ。

ホントは、『簡単ソウル講座』をするならマーヴィン・ゲイ先生は絶対に通らなければいけないのですが、、、サンプリングするには恐れ多すぎてまだ出来ませんでした。いつかまた。

でも、詳しく知りたい方はこの本がオススメ☆

『マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル』デイヴィッド・リッツ著/訳:吉岡正晴

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_1733569.jpg


最後は、実の父の銃弾で倒れるという壮絶な人生ですから。興味のある方はぜひ。

因みに、テディーはなんと一時期マーヴィンの妻となる人と付き合っていました。“セックスシンボル”である二人がそんなことになるなんて、まるで「ごきげんよう」の後の昼ドラ並みです。

本の中で、マーヴィンの妻がテディーの元に行ってしまう苦悩がリアルに描かれています。

ま、あの頃のマーヴィンはちょっと落ち目で、一方のテディーはライヴで歌えば女性からパンティーをステージに投げられるような人気ぶりでしたからね〜。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_1744266.jpg


つらいッス。チンカラホイ。

ただ、“セックスシンボル”で女性限定のコンサートなどやっていたテディーですが、やはり「ソウルの悲劇」は彼にも訪れてしまいます。

皆さんもここまで来るともう「ソウルの悲劇」は必ず付きものだなと思い始めているでしょうか。

そうなんですよね〜。

昔のソウルシンガーないし、ブラックミュージックの歴史ってアーティストが悲劇的な結末を迎えたり、辛い出来事が起きたりすることが多いのです。

とにかくいちいちドラマがあるのです。

それを追うだけでもその辺の下手な映画や小説よりも200倍も面白いです。(ま、面白いといううのは不謹慎かもしれないけど)

人生ってなんだろう?

音楽ってなんだろう?

ってすごく考えさせられます。



話は戻って、

1982年の3月。

フィラデルフィアでテディーが運転するロールス・ロイスが事故を起こして木に激突し、瀕死の重傷を負い彼の命は助かるものの、下半身不随になってしまいます、、、。

でもね、

カーティスの時もそうだったんだけどソウルマンは、そこからが強いんです。

家族に支えられたテディーは、リハビリに励み、車イス生活を余儀なくされながらもアーティスト活動を精力的に続けて見事なカムバックをするのです。

苦難を乗り越えた人の作品には不思議な力が宿るものです。

また、移籍して出した最初のアルバムでは当時無名だった“ある”女性シンガーをデュエットの相手に選んで大ヒットさせています。

その相手がなんとあの“ホイットニー・ヒューストン”でした。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_1929562.jpg


Teddy Pendergrass vs Whitney Houston - Hold Me -



すごい先見の明ですよね。

それに彼は「テディー・ペンダーグラス・アライアンス」という脊髄を損傷して半身不随となってしまった人々のために協会を立ち上げて支援もしています。

きっと女性にパンティーを投げられていた時代よりも後年の彼の方がホントの意味でみんなの“シンボル”になったことだと思います。

どんなに辛い状況に置かれた人でも彼が歌えばそれがみんなの勇気となり、まるで夜の海を照らす灯台の光りのように、人々が生きる“シンボル”となるのです。

人は“一人”で生きているけれど、結局“独り”では生きていけないですからね。

ボクもそんなテディーに何回もパンツを投げそうになりました。

改めてご冥福をお祈りします。

きっとその意思は、、、

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_20142256.jpg


マーヴィンとテディーを足して、

日本を混ぜたようなうちの“セックスシンボル”が受け継ぎます。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その八〜_f0182998_20162894.jpg





以下は、ライナーノーツから。

■KURO
“Harold Melvin & The Blue Notes”の「The Love I Lost」で、HOZEとそれぞれのラップの始まりを“喜”と“怒”と“哀”と“楽”で始め、人間関係で生じる様々な感情をラップしようと思います。なかなか良いアイディアでしょ。結局どれも繋がりたくて生まれる感情なんですよね。愛の反対は無関心だといいますが、まだ憎しみ合えるだけ理解を求めあっている証拠なんです。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、8曲目終了。






今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


今日もHOME MADE 家族のレコーディング。最高の曲が完成!しかも、フューチャリングです。まだその正体は明かせないけど、その人がミクロの靴を見て「足、大きいね〜」と言ったらミクロが即座に返した一言。

『ん、ブカブカだよ』
by hmk-kuro | 2010-01-16 20:21
<< 今日も休講 簡単ソウル講座と【(G)old... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム