『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜
さて、今日は6曲目。

『夕方フレンド』です。

この曲は“Curtis Mayfield”の“Everybody Needs A Friend”をサンプリングしています。

めっちゃくちゃ良い歌です。



よくサンプリングされるアーティストなんですが、この“Everybody Needs A Friend”はまだ誰もしていないようです。世界初です☆

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_22261245.jpg


この優しそうな眼鏡をかけたおっさん。“Curtis Mayfield”(カーティス・メイフィールド)は、出来ればサム・クック先生と同じぐらいみんなにも覚えていてもらいたいです。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_22183768.jpg


なぜならソウルの歴史においてとても重要な人物だからです。

彼はボクと同じアメリカのシカゴ出身です。

もともとは、インプレッションズというグループにいました。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_22392419.jpg


その頃はまだ、メインボーカルの“ジェリー・バトラー”の影に隠れていて、いまいちスポットライトは当たっていませんでした。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_224207.jpg


ま、ドリフターズでいうと“いかりや長介”の影に隠れていた若かりし頃の“志村けん”でしょうか?

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_2341597.jpg


因みに【プチ雑学】ですが、、、

あの有名な「ヒゲダンス」のBGMは、志村けんさんがソウルミュージック好きでこれを編曲したものです。

Teddy Pendergrass - Do Me -



このベースラインカッコいいもんね。

こうやって皆さんの知らない所でソウルミュージックは密かに潜んでるのですよ〜。

話がそれました、、、。

そんな“カーティス”ですが、メインボーカルのジェリー・バトラーが脱退することで彼がグループを引っ張っていくことになります。

そして、そこから大ヒットを連発していきます。

彼のヒット曲でこれならみんな一度ぐらいは耳にしたことあるんじゃないかな?

Curtis Mayfield - Move On Up -



そうです。ナインティナインさんの番組「ナイナイサイズ!」のオープニングテーマです。

ね、

ソウルミュージックは色んな所に潜んでいるでしょ☆

カニエ・ウェストの大ヒット曲「Touch The Sky」でもサンプリングされているので有名だと思います。



因みに、カニエもシカゴ出身です。なのでこれは郷土愛もあるでしょうね。

カーティスを語る時に、忘れてはいけないのはこの映画。

『Super Fly』

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_092733.jpg


ん?

この『Superfly』と関係あるの?って思いました??

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_0155586.jpg


ご名答です。

彼らもこのカーティスから取っているのです。段々、彼の偉大さが伝わってきましたかね?

この『Super Fly』のサントラを彼が手がけ、映画と共に大ヒットさせるのですがこの“映画”というのがちょっと普通の映画とは意味合いが違ってくるのです(今回はこれがメインテーマかな)

なんと映画は映画でも「“黒人”映画」なのです。

映画に黒人も白人もあるなんて、なんだか人種差別的な匂いを感じますか?

そうです。

当時、黒人の文化や生活をテーマにした(主演や製作の殆どを黒人が務める)黒人による黒人のための映画というものがありました。

それは1970年代に大変流行り、量産されました。

こういったポスターをファッションとして見たことないかな?

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_0402024.jpg


法律の上ではようやく平等が保証された黒人たちでしたが、実際の生活ではまだまだ思うように扱われませんでした。だから映画の中でバッタバッタと白人をやっつけるブラックヒーローたちに当時の黒人たちは日頃のうっぷんを晴らすように歓声をあげて見入ったそうなのです。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_3103975.jpg


因みに、『スーパーフライ』とは昔の黒人のスラングで“超ーカッコいい”という意味です。

色んな種類の黒人映画がありますが、大体どのストーリーも一緒で内容はギャグだとしか思えないほどハチャメチャです。

でも、好きな人はホントに好きなので今も世界中にコレクターがいます。

ボクも少しずつですが集めていますね。詳しく知りたい人はこの本を。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_0591858.jpg


ところで、この「黒人映画」は別名、“ブラックスプロイテーション”とも呼びます。

“ブラックスプロイテーション”とは、英語の“black”と“exploitation”を組み合わせた造語で、(ボクらで言う、“music”と“communication”を足した「musication」と一緒ですね)

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_1421452.jpg


あ、、、こっちはJAY'EDくんか。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_1431556.jpg


意味は、前者がもちろん“黒人”で後者が“開拓、開発”とか“利用、搾取(さくしゅ)”です。

なので、新たに「黒人俳優、黒人観客の市場を開拓する」という風にも解釈できるのですが、安い制作費で黒人観客を動員し、ハリウッドがボロ儲けした現象から『黒人から搾取(さくしゅ)』というネガティヴな解釈もされています。

だから、黒人のための映画だったものが実は白人の金儲けに繋がっていたという背景もあるのです。

結局、世の中は強いものが勝つシステムなのですね〜。

かわいそうに、、、。

ま、映画自体はよっぽど好きじゃないとあまりオススメはしませんが、サントラはかなり良質な名盤が揃っています☆

その代表的な作品の一つがこの『Super Fly』です。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_1483710.jpg


ギターを弾きながら鼻にかかった優しいファルセットボイスで歌う彼の音楽は、当時の黒人社会が抱える失業や貧困と人種差別、長引くベトナム戦争や蔓延するドラッグ問題と真っ正面に向き合い、今もなおその輝きは失われず、強烈なメッセージとして社会に訴えかけています。

いつだって搾取され続けている黒人たちの代弁者がこの“カーティス・メイフィールド”先生でした。でも、そこには黒人だけでなくボクらみんなにも共通する普遍性があるのです。

しかし、、、またもソウルの悲劇はやってきてしまいます。

1990年にニューヨークで野外コンサートを行っていたら、なんとコンサートの途中で強風にあおられて突然照明設備を支えていたやぐらが崩れて、彼はその下敷きになってしまうのです。

死こそ免れたものの、彼は下半身不随となってしまいました。

だからボクは今でもライヴが始まる前、袖でスタンバっている時に、上の照明が落ちてこないか心配になる時があります。

かわいそうな、カーティス。

しかし、彼は負けません。病院のベッドに横たわりながらも素晴らしい名作を生み出します。

それがこの"New World Order"。

簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その六〜_f0182998_2341078.jpg


かつての名作にひけをとらないほどの内容で、世の中の人はびっくりします。

ホントに、これ横たわりながら録ったの??って感じです。名曲です。泣けます。

Curtis Mayfield Oh So Beautiful New World Order (Album)



ただ、残念ながらこれが彼の遺作となってしまいました。

99年のクリスマスの翌日、この素晴らしい作品を残して、彼は黒人解放運動の聖地でもある、アトランタで静かに永遠の眠りにつくのです。

彼は死の直前まで、お見舞いに来た人々に、笑顔で語りかけていたと言います。

いつだって強くて優しいカーティス。闘い続けて来たカーティス。

ボクも“死ぬまでずっとMC”でいたいと思います。


以下は、ライナーノーツから。

■KURO
ボクと同じシカゴ出身の偉大なアーティスト、“Curtis Mayfield”の「Everybody Needs A Friend」です。それを、これまた同じくシカゴ出身のATSUSHIが(笑)全くリアレンジしてドープに仕上げています。中学の時にいじめられていた友人を思い出して久しぶりにコアなラップをしようと思います。ボクなりの20世紀少年ですかね~。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、6曲目終了。






今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


“radiocation”の200回記念でスタッフの鬼フリで、「携帯のメモリで200番の人にいきなり電話をかけて無理矢理祝ってもらおう!」というコーナーをやった。そうしたら、ミクロだけなかなか200番の人に繋がらず「じゃ、300番は?」「じゃ、ニイミで213番は?」とかどんどんやっていたら後から着信をみた友達からどんどん電話がかかってきていちいちミクロが言った一言。

『えっと、だから、あの、番組で、200回記念で、200番の人に、、、、ん〜もう!!!』
by hmk-kuro | 2010-01-13 02:58
<< 今日も休講 只今 >>
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム