『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その五〜
それでは、5曲目。

今日は『もしやり直せるなら』です。

この曲は“The Ovations Featuring Louis Williams”の「What Did I Do Wrong」をサンプリングしています。

f0182998_2065014.jpg


これは、楽曲がマニアックすぎて検索しても出てきませんでした。

お聴かせできないのが残念です。(元ネタは上記のCDに入っています)

サンプリングも誰にもされていません。

なので、またも世界初の楽曲です☆

f0182998_20114186.jpg


しかし、マニアックとはいえ、ソウル愛好家の間ではこの“The Ovations Featuring Louis Williams”は「あること」でとても有名です。

さて、それは以下のうちどれでしょう。(世界おもしろ発見風)

f0182998_2145918.jpg



①マイケルよりも先にムーンウォークをやっていた。

②声がサム・クックに超〜そっくり。

③一番右の人が実は氣志團のメンバー。


では、

スーパーさとしくんの用意はできましたか?

答えは、、、





と、、、


②番の“声がサム・クックに超〜そっくり”でした〜!

①番と③番と答えた方は、ボッシュート。

ま、野々村君以外の、優秀なボクの生徒たちならみんな正解したとは思いますが、、、

そうなんです。

この“The Ovations Featuring Louis Williams”の“ルイス・ウィリアムス”という人がサム先生亡き後、まるで彼の跡を継ぐようにサム・クックそっくりの声と歌唱法で世の中のソウルファンをびっくりさせるのです。(写真中央)

f0182998_219382.jpg


ホント、似ているんですよ〜。サム先生の未発表曲といっても通用するぐらい。

先生の”Wonderful World”のラインがたくさん出てきます。

サム・クックに影響されたアーティストは世の中に山ほどいますが彼がベストオブベストです。

特にこれなんて↓

The Ovations - Wonderfull to be in love -



ね☆

BBSを見ていたら、サム・クックのCDを購入された方もいらっしゃったのでもう分かりますよね。

そんな彼らですが、グループ名を見ていて何か気付くことはないですか?


“The Ovations Featuring Louis Williams”


ん?

じゃ、この“ルイス・ウィリアムス”は“オベイションズ”じゃないの〜?と。


これはね、ボクらで例えると“HOME MADE 家族 Featuring MICRO”みたいなものです。

f0182998_22265952.jpg


そう。

つまり彼は“オベイションズ”のメンバーなのに表記はフューチャリングとなっているのです。

それではなぜメンバーなのに表記はフューチャリング扱いなのでしょうか?

それは彼らが所属する当時のレコード会社(ゴールドワックス)の社長、クイントン・クランチが
(写真下)

f0182998_22284342.jpg


サム・クック激似の“ルイス・ウィリアムス”を一番の商品材料として売り出そうとしていたからなのです。

もちろんその先にはソロ・シンガーとして彼を売り出そうというもくろみもありました。

ま〜、なんてビジネスライクな考え方なんでしょう。

でもこれが“商売”の現実なのです。

しかし、普通ならメンバーのバランスが壊れたり仲違いをするものなのに、この“ルイス・ウィリアムス”という人はソロ・アーティストでいるよりもグループの一員であることを好み、みんなに面倒を見て欲しがりました。(まるでHOZEみたいです)

なので、グループ内でねたみなどまるで起こらなかったそうです。

なんて素晴らしいメンバー愛なのでしょう。

それを受け止めた残りの二人も心が広い。

彼らはそこまで特大なヒットこそ飛ばしませんでしたが、根強いファンに支えられ日本にも来日しています。

Ovations - Live in Japan 1



そこにサムの面影を強く見ることができるアーティストですが(特にこれはサム先生のカバーだし)それ以上にちゃんとしたオリジナルもあるし、彼らの素晴らしいメンバー愛がボクは大好きです。

以下は、ライナーノーツから。

■KURO
ずっと昔からブルースとヒップホップを混ぜてみたくて、“The Ovations Featuring Louis Williams”の「What Did I Do Wrong」を使ってボクなりに一個形にしてお届けしようと思っています。ブルースって基本、“悲しさ”だったり“怒り”だったり心の内を吐露することなんで、ボクは「人生は結局“やり直せないし”例え“やり直せた”としてもまた同じ事を人間は繰り返すのだろうな」~ということを叩き付けるようにラップしてみようと思います。ATSUSHIのギターがとてもブルージーで良いです。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、5曲目終了。



今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


今日は、HOME MADE 家族のレコーディング。お互いの歌詞を知らずにボクが先に入って録ったら、ミクロが歌を聴いて言った一言。

『かぶった〜』
by hmk-kuro | 2010-01-10 23:33
<< 今日も休講 今日は休講 >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム