『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その四〜
ちょっと昨夜は職員室を揺るがすぐらいの出来事が発覚しまして、、、

せっかくこの日の為の“ソウル講座”というボクの日々の努力が一瞬にして水の泡になりかねない、マジで不本意な事実に心が折れそうになったのですが、、、ま、でもこの授業を少しでも楽しみにしている皆さんには関係のない話なので(正直まだ複雑な心境だけれど)気を取り直して今日は4曲目に参りたいと思います。

今日は、この曲。

『Blow My Mind』

今回は、“ソウル講座”というよりは“ファンク講座”になるのかな〜。

これも超ード級な定番ネタです。

Zapp & Roger -Do Wah Ditty (Blow That Thing)-



でも、ずっと使いたかったネタなのでここらでアップテンポの曲を創ろう〜となった時にすぐピンときました。ライヴ映像も楽しそうでしょ☆

“Snoop Dogg”というアメリカの西海岸のラッパーもサンプリングしていますね。

ちょっと分かり難いかもしれないけど、この曲です。

どこが使われているか分かるかな〜?



因みに、“Snoop Dogg”とは前にうちのマネージャーのリュウタが“Skoop On Somebody”さんと間違えたアーティストです。

これ、“Snoop ”。(写真中央)

f0182998_1935785.jpg


これ、“Skoop ”(On Somebody)

f0182998_1945575.jpg


ちょっと分かり難いかもしれないけど。



ま、それはさておきこの“Zapp & Roger”という人たちについて今日はお勉強していきたいと思います。かなり、壮絶なドラマがありますからね、、、。

f0182998_1912180.jpg


まず“Zapp”というファンクバンドは、このロジャー・トラウトマンが中心となって

f0182998_19255659.jpg


自分の兄弟、レスター、ラリー、テリーらと共に1978年に結成しました。

はい、でました。

またも“兄弟”繋がりです。アメリカにはこのようにジャクソン5みたいな例が五万とあります。家族全員が才能に溢れてるってすごいことですよね。日本だと誰だろう、、、。

パッと思いつくのは“狩人”ぐらいかな。

f0182998_1934686.jpg


基本的に少子化社会だし。グループを組めるぐらいの繁殖力が日本にはないのかもしれませんね。

そんな彼らの経歴をひも解くと、とんでもない数の登場人物と歴史を書かなくてはいけなくなるのでここでは愛を込めてバッサリカットします。詳しくは、これを↓

レコード・コレクターズ増刊。

f0182998_20332670.jpg


ただ、彼らの魅力は何かと言いますと、

80年代初頭の当時、音が斬新でとにかく新しかったのです。ホント、世の中に衝撃を与えたぐらいの。

その大きな要因になったのが、この楽器です。

f0182998_19491237.jpg


これは“トーキング・モジュレーター”別名“トークボックス”と言われている、口の形に合わせて楽器の音で話をしているように聞こえる機械です。見たことありますかね??

チューブを口にくわえてこうやって使っています。



なんだか宇宙人みたいな声でしょ(聞いたことないけど)これをちゃんと音楽としてカッコ良く成立させてしまっているのだから、当時の人たちは「うぁお!」って感じだった訳です。

その難しい“トークボックス”を自由自在に操るロジャーのボーカルは独特のもので、現在に至るまで多大な影響をみんなに与え続けています。

f0182998_1953519.jpg


その“トークボックス”はボクらの『Blow My Mind』でもきっちりサビでサンプリングさせてもらっています。歌っていてめちゃテンション上がります。まるでロジャーとのコラボみたいなね。

彼らはそれだけでなく、ただでさえ大きな機械系の“手拍子音”をさらに異常なほどでかくしてあったり(それもサンプリング済)さらに加えて最新式のギターをとんでもないほどグアングアンと弾いたり、とにかく何もかもがハチャメチャで新しかったのです。しかも、それがカッコいいみたいな。

ただ、世間にそんな強烈なインパクトを残して、多くのヒット曲を量産した彼らですが、最後はとんでもない悲劇でそのキャリアを閉じなくてはならなくなります。

それは、、、

1999年に、実の兄弟であり元メンバーでもあるラリー・トラウトマンになんと金銭上のトラブルからショットガンでロジャーが殺されてしまうのです。しかも、ラリー自らも自殺して。

えーー!!?って感じでしょ。

壮絶ですよね。

てか、実の兄弟に“ショットガン”って、、、。

狩人じゃないんだから。

f0182998_2174739.jpg


あ、、、それは関係ないか。

つまり、楽曲やそのアーティストにはこうやって色々なエピソードが潜んでいるのです。

“そこに歴史あり”なんですね。

ボクらが何気なくCDショップに行って見回す、あの膨大なCDたちには一枚一枚、いや、さらにその一曲一曲には小説が一冊書けるほどのストーリーが隠されているのです。

またそういうのを知ってから音楽を聴くと新たな発見があったり、感動したり、そのアーティストや曲にもっと思い入れが生まれて、グッと好きになれます。

こんな音楽の聴き方もいいでしょ??

以下は、ライナーノーツから。

■KURO
これは、“Zapp & Roger”の「Do Wah Ditty (Blow That Thing)」が原曲です。アメリカの西海岸、カンカンに照りつける太陽と真夏のビーチ、そしてビキニギャルを想像してHOZEとセクシーにラップしようと思います。最後の方はちょっと激しい掛け合いもしようかと思っているのですが、それがなんだか昔の“HOZEKUROサンボ”(HOME MADE 家族の前身グループ)みたいで懐かしいのです。YSDもウェッサイな感じで鍵盤を弾きますよ。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、4曲目終了。



今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


今日は、自前のスタジオで楽曲制作。よく四六時中ここに籠って嫌になるぐらい歌詞やメロディーを絞り出しているミクロは、ここに来ると必ずいつも言う一言。

『ここには、バッドバイブスが流れている』
by hmk-kuro | 2010-01-08 21:50
<< 今日は休講 簡単ソウル講座と【(G)old... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム