『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その参〜
それでは、3曲目。

ところで、ここまでボク的にはかなり分かりやすく授業をしているつもりなんだけど、、、みんなちゃんと付いて来てるかな??

この一連の講義が終了した時には、みんなそこそこ自分を誇っても良いぐらいの、英検で言うなら準2級を持っているぜ的な、どや顔をしても良い内容にはなっていると思うけどね☆

因みに、この講座を「受けた」「受けてない」では当日の喜びの度合いはずいぶん違ってくると思いますよ。(もちろん、単位を取らなくても十分に楽しめる内容にはなっているけどね〜)

それでは、『I Wanna Be A Man』いきます。

これも偉大なるソウルシンガーの一人である“Wilson Pickett”の『I'm In Love』 をサンプリングしています。



この曲はそこそこサンプリングされていますね。

Edo G feat. Masta Ace - Wishing -



この“Wilson Pickett”は一体どういう人物なのか?

f0182998_20883.jpg


(因みに、この写真には若かりし頃のジミヘンも一緒に写っていますね。写真右)

てか、“Wilson Pickett”を見るたびに“エディ・マーフィー”を思い出してしまうのはボクだけでしょうか?

特に「DREAM GIRLS」の時の“エディ・マーフィー”はクリソツです。

f0182998_242756.jpg


ね、似てるでしょ☆

話はちょっと逸れましたが、この“Wilson Pickett”という人物は相当な荒くれ者でした。

そんな彼の気性がよ〜く分かるこんなエピソードがこの本には記されています。

ピーター・ギュラルニック著の『Sweet Soul Music』

f0182998_211245.jpg


以下、抜粋。

“ピケットは気分屋ですぐにかっとなることで有名で、マネージャーのエヴァンスからは、名前のウィルソンではなく、ウィッキッド(*訳注「悪いやつ」と「すごいやつ」の両方の意味がある)と呼ばれていた”

そして、ここからが凄いのだけど、その後こう綴られるのです。

“後にアイズレー・ブラザーズを相手にした発砲事件騒ぎで新聞各紙を賑わすことになるが、これは起こるべくして起きたものだった”

あのアイズレー・ブラザースに対して、なんと発砲事件ですよ!!

f0182998_2234810.jpg


因みに、アイズレー・ブラザーズを知らない人に簡単に説明すると、彼らは今なおサンプリングやカヴァーをされる名作を世に生み出し、多くのHIP HOPアーティストたちにリスペクトされ続けているスーパーグループです(因みに、ボクは名古屋のクアトロで彼らのライヴを見ています☆)

彼らと発砲事件だなんて、、、ウィルソン、刺激的すぎるでしょ。

そんな気性の荒い彼ですから歌もシャウト!シャウト!の男汁満載な肉弾戦です。

実際、彼のライヴDVDを観たのですが、、、もうド迫力もんです。

f0182998_2555584.jpg


かなりハードコアですが、

その野性的な彼のライフスタイルやパフォーマンスが多くのファンの心を捕らえて離さないのです。

そして、これはまた昨日にリンクする話なのですが、このネタ『I'm In Love』を創ったのはあのGM大野氏も大好きな“ボビー・ウーマック”とクレジットではなっているのですが、

f0182998_3251329.jpg


ボクの愛読書、吉岡正晴さん著の『ソウル・サーチン』では興味深いことが書かれています。

f0182998_3271282.jpg


“1967年のある日、ウーマック兄弟(ボビー・ウーマックは五人兄弟の三男)が久しぶりにサム・クック家にやって来て相談をしていた。そんな中で、彼らは次のウィルソン・ピケットの新作用の曲の打ち合わせをしていた。これを小耳にはさんだリンダは、彼らに自分はいくつかの曲を書いていてストックがある、と告白した。そして、彼女が聴かせた作品の一つが『アイム・エン・ラヴ』という曲だった”

なんとこの“リンダ”という女の子が、

f0182998_3431127.jpg


あのサム先生の娘さんなのです☆

このKAME&リンク感、凄いでしょ〜。

因みに、彼女はウーマック家の五男のセシル・ウーマック(上の写真左)と結婚して親の名前も伏せてその後二人でデビューするのですが。

つまり、

サム先生の魂/ソウルは娘さんにもちゃんと受け継がれ、荒くれ者のウィルソン・ピケットに大ヒットをもたらし、時を経てKURO&S★Gの『You Send Me 2009』の次にボクらにサンプリングされるのです(笑)

ね、音楽って生きてるでしょ〜。

面白いよね。

ボクらは皆、こんな素晴らしい先輩たちが残してくれた遺産の上で「セイホー!」と言って成り立っているのですよ。

『I Wanna Be A Man』では、そんなたくましい“Wilson Pickett”にあやかって『もっと男になりたい、I Wanna Be A Man』と歌っています。

10代、20代、30代を経て、男は一体どんな愛を見つけていくのでしょう?

自分で言うのもなんですが、名曲です☆

以下は、ライナーノーツから。

■KURO
続いて紹介したいのは、この“Wilson Pickett”の「I'm In Love」。色んなアーティストにもカバーされている、ボクもすごく好きな1曲です。実はこれ最近知ったのですが、元はサム・クックの娘さんが作ったそうなんです。繋がりますね~。ボクは、それを自分の10代、20代、30代のがむしゃらな愛の形に置き換えてラップしようと思います。結局、ずっと無我夢中なんですね。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、3曲目終了。






今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


今日は、スキマスイッチの常田くん主催で77年生まれの同級生たちのみ集まれるという企画の新年会に参加してきました(男限定/でも安室ちゃんのみ例外らしい)殆どが面識のない会場なので、みんな一人ずつ名前と生年月日を発表してから挨拶していくのですが、常田くんの番で発覚した驚愕の事実に彼が思わず言った一言。

『1978年の2月25日生まれの常田真太郎です。あ、、、オレがこの中で一番若いことに今気がつきました。』
by hmk-kuro | 2010-01-07 04:20
<< 簡単ソウル講座と【(G)old... 簡単ソウル講座と【(G)old... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム