『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編
まず1曲目。

『hop hop』から。

これは、“The Spinners”の名曲「It's A Shame」をサンプリングしています。



ま、一度ぐらいは誰でも耳にしたことがあるのではないかと思います。

他にも色んな人がサンプリングしている大ネタですからね。

有名な所だと、例えば“Monie Love”とか。



あと、これも。

R. Kelly ft. Aaliyah - Summer Bunnies



では、ここまで尊敬されている“The Spinners”とは誰なのか?

f0182998_2175850.jpg


彼らは、アメリカのペンシルベニア州の都市「フィラデルフィア」の代表的グループと言われているのですが、実はそれ以前はあのマイケル・ジャクソンも在籍していたデトロイトの“モータウン”というレーベルにも在籍していたことがありました。

f0182998_21183933.jpg


こんな小さな家みたいなのが「Hits Ville U.S.A.」と言って最初の“モータウン”のスタジオ兼事務所でした。(今は博物館になっています)

このレーベルについては様々な書物を読みましたが、“モータウン”を簡単に今に置き換えると「avex」みたいな所ですかね〜。当時としては、かなり斬新な音楽製造レーベルでしたから。

ここには多くの有名なアーティストたちが在籍し(マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーなど)そして明日のスターを夢見て遠くからたくさんのアーティストがこの聖地に訪れたのです。あの、マイケルを擁する“ジャクソン5”もその内の一組でした。

f0182998_21322149.jpg


安室ちゃんもいて浜崎あゆみもいてクゥちゃんもいるみたいな、、、。最強ですよね。


1955年に、同じ高校に通っていた同級生が結成したザ・ドミンコーズが“The Spinners”の原型でした。

f0182998_23253663.jpg


同じ大学に通っていたボクとホゼとミクロが結成したHOZEKUROサンボが今の“HOME MADE 家族”なのと同じ流れですね。友達の延長でグループを結成するのは万国共通なようです。

フォーメーションもちょっと似てますね。

f0182998_21485556.jpg


61年にデビューし、64年にモータウンに移籍(因みに、1964年は音楽の歴史においてボクの中ではとても重要な年だと思っています。いつかまた説明しますね)

72年に移籍するまでいくつかのヒットを放つのですが、“モータウン”在籍時はテンプテーションの影に隠れがちでいまいちパッとしませんでした。

これは知ってるでしょ。The Temptations - My Girl



彼らが本当の意味で輝いたのは、“アトランティック”というNYの老舗レーベルへ移ってからのことです。

プロデューサーを変え、メインボーカルを変え(この当時はよくあったのです。凄いですよね〜、ミクロを変えるようなものですから)そして、レーベルを変えて72年の移籍第一弾、

<I'll Be Around / 放題:いつもあなたと>で彼らは大ヒットを飛ばします。

f0182998_22301319.jpg




これも聴いたことがある人いるでしょうね。

つまり、彼らが決死の思いで起こした“チェンジ”は大成功をもたらしたのですね。

ボクらがやっている音楽も巡り合わせ一つで大きく変わるのです。

みんなもそんな経験てありませんか?

今のいる職場を変えたらすごく生き生きしだしたとか、今までピンクの服を着たことがなかったけどトライしてみたら似合っていたとか、好きな授業だったのに嫌いな先生で成績が下がったとか、環境や人ってすごく大事なのです。合う合わないってあるんですね。


そしてある日、ただいま絶賛インフルエンザ治療中のYSDくんがこの“The Spinners”の同じく大ヒット曲「It's A Shame」をサンプリングしたいと言ってきました。

じゃ、ボクらはそれをどう調理するべきか?

元ネタが明るくて気持ちの良い曲なので、それをむしろクールにやってみたらどうだろうということでATSUSHIがその場でMPCでチョキチョキ音を切って組み替えて(生地を切って縫う作業ね)

その機械(ミシン)がこれです↓

MPC 5000

f0182998_22491523.jpg


ATSUSHIがアー写(アーティスト写真)で手に持っているやつね。

f0182998_22524958.jpg


創ったものに彼がビートを足して、YSDにその場でインスピレーションで弾いてもらい、良かったフレーズをみんなで決めて強力なループ/トラックを創りました。

ちょっと最後の方の説明はよく分からなかったかな?(笑)

つまり奇跡的なパッチワークを完成させたということですね。

でも、そこでボクらは終わりません。

ボクは今回のこのプロジェクトは歌詞にまで“サンプリング”という手法を使わせてもらっています。つまり、元ネタのテーマも踏まえてリリックを全曲書いていきました。それは、上記のような物語を色々と知ってしまったので無視できなくなったからです。

以下は、ライナーノーツから。

■KURO
まずはご挨拶ということで“The Spinners”の「It's A Shame」を使ってメンバー紹介やこのプロジェクトの主旨をラップしてみようと思います。普段使わない英語も多めに盛り込んでみようかと。「It's A Shame」は、日本語で “そそう”であったり“恥”という意味なのですが、ボクは「踊れなくても“恥”じゃないぜ」と解釈してお届けしようかと思います。ライヴでは全員で“hop! hop!”と連呼してみましょう。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、1曲目終了。





今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


夏真っ盛りのホゼ宅で汗だくになりながらレコーディングをしていたら窓を開けてHOZEが言った一言。

『外の方が涼しい』
by hmk-kuro | 2010-01-04 23:20
<< 1/29のスペシャルDJを解禁!!! プロローグ >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム