悲しき雨に、合掌

残暑お見舞い申し上げます。

お盆も過ぎ、帰省した福井ではもうとんぼを多く見かけるようになりました。

涼しくなるかと思いきや、不安的なお天気。そして広島の土砂災害のニュース。

日を増すごとに増える数字に、何とも胸が痛みます。

被害に遭われた方のお悔やみとお見舞いを申し上げます。


8月は原爆投下の日、終戦の日、お盆と、平和を願う機会がありますが、
今年は、ふと立ち止まるように思いにふけりました。

メルマガにもそういった思いをこめて8月9日に送らせていただきましたが、
また今回の災害でも、平穏の日々に警鐘をならされたような気がしました。

「人は自然の中生かされている。」

日頃心に置いている思いですが、それは同時に

「自然の中で生きていかねばならない」ということ。

どんな天災の恐怖があっても、そこからは逃れることができない。


平和を維持するために、もっと自然についても知っていかねばいけないのだと感じています。


深い悲しみの場所に、どうかもうこれ以上雨が降りませんように。


合掌

悲しき雨に、合掌_a0271541_084432.jpg

by hinatakako | 2014-08-23 00:16 | Trackback

トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/hinatakako/tb/20127829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ART DAY 思い出の長崎にて、新しい出会い。 >>