プロフィール

半崎美子 はんざき よしこ

半崎美子
札幌大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京。パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続ける。
独特の泣いているような声、楽曲が放つパワーと圧倒的なライブパフォーマンス、そして人一倍の行動力により、これまでどこにも所属する事なく、赤坂BLITZの単独公演を成功させる。
全国インストアツアーで、ショッピングモールなどのフリーライブで出会った家族や子供連れのファンも多く、とくに札幌の両親への想いを歌にした代表曲「永遠の絆」は、歌うと会場のどこかで必ず涙を流す人がいる。 詳細を見る
リリース情報

New album
「明日へ向かう人」

明日へ向かう人
DDCZ-2015/¥2,500(税込)
2015.3.25)
全国CDショップにて発売中!
詳細を見る
ライブ情報
  • 3/26(土)
  • 下地正晃×半崎美子×花*花『such a lovely place vol.11』 詳細を見る
  • 3/28(月)
  • 名古屋 アスナル金山 詳細を見る
  • 4/2(土)
  • 桜イルミネーション@Orbi Yokohama 詳細を見る
  • 10/14(金)
  • 半崎美子ツアーファイナル2016 @ 赤坂BLITZ 詳細を見る
リンク
半崎美子のオフィシャルウェブサイト ハンザキスト倶楽部 半崎美子のオフィシャルショップ 半崎美子のFacebook 半崎美子のTwitter 半崎美子のオフィシャルYouTube 半崎美子のオフィシャルYouTube
雪の日に初詣でに行ってきました。
e0261371_22372274.jpg

昨年もちょうどこれくらいの時期にハンザキストメンバーと来た豊川稲荷。


今日は朝から東京の景色が数時間で一変。

お昼過ぎからは、交通にもかなり乱れが出ていましたね。

新成人の皆さんの無限の未来を、輝かしい門出を、
祝福する今日、こういった天候になってしまいましたが、
晴れやかな日よりもきっと思い出深く残る事と思います。


私も雪を踏みしめて歩いていると毎日雪の中、
通学していた学生時代を思い出しました。

北海道では雪が降っても傘をさすことがないので、
10分歩いただけで傘がこんなに重くなる事を知りました。

雪は滞空時間が雨より長いから、思いを馳せる事ができますね。
舞い落ちる花びらみたいに。

種類も色々ですが、今日の雪は、
べた雪のような水分を多く含んでいる雪でしたね。
粉雪やわた雪のように空気を多く含んでいる雪は、
手のひらに乗せてもしばらく溶けなかったりしてふわふわです。

雪は吸音素材だから、もっともっと積もったら、
街がシーンと静まりかえるのになぁ。

それがなおさら神秘的なんですよね。


実際は、神秘性のかけらもないほど、道路にべたべたの雪が積もっていて、
ブーツの中に浸水してくる水に浸かりながら、吹雪の中をひた歩くという状態でした。

手足の感覚がなくなり、ほどなくしてやっと到着。
芸能の神様とも言われるここ豊川稲荷は、この天候だけあって、
閑散としていましたが、その分願いが叶うような気がしました。


昨年のお礼と感謝、そして今年の事、
しっかり祈ってきました。


年々手を合わせる時間が多くなっているのは、
大事なものが増えたからでしょうか。


こんな日に無理矢理付き合わされた清水さん。
今年のスタートから早速、どうもありがとうございました。


ちなみに絵馬に書いた願い事の字が汚いのは、
手がかじかんでいたからです。。。


by hanzakiyoshiko | 2013-01-14 23:36
<< 湿度記録更新 シドニーでの一番の衝撃 >>


最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧