プロフィール

半崎美子 はんざき よしこ

半崎美子
札幌大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京。パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続ける。
独特の泣いているような声、楽曲が放つパワーと圧倒的なライブパフォーマンス、そして人一倍の行動力により、これまでどこにも所属する事なく、赤坂BLITZの単独公演を成功させる。
全国インストアツアーで、ショッピングモールなどのフリーライブで出会った家族や子供連れのファンも多く、とくに札幌の両親への想いを歌にした代表曲「永遠の絆」は、歌うと会場のどこかで必ず涙を流す人がいる。 詳細を見る
リリース情報

New album
「明日へ向かう人」

明日へ向かう人
DDCZ-2015/¥2,500(税込)
2015.3.25)
全国CDショップにて発売中!
詳細を見る
ライブ情報
  • 3/26(土)
  • 下地正晃×半崎美子×花*花『such a lovely place vol.11』 詳細を見る
  • 3/28(月)
  • 名古屋 アスナル金山 詳細を見る
  • 4/2(土)
  • 桜イルミネーション@Orbi Yokohama 詳細を見る
  • 10/14(金)
  • 半崎美子ツアーファイナル2016 @ 赤坂BLITZ 詳細を見る
リンク
半崎美子のオフィシャルウェブサイト ハンザキスト倶楽部 半崎美子のオフィシャルショップ 半崎美子のFacebook 半崎美子のTwitter 半崎美子のオフィシャルYouTube 半崎美子のオフィシャルYouTube
今年こそは
毎日少しづつでもブログを更新していこうと決めて
はや1週間。
1週間遅れのスタートです。
今年は、短く、端的に、日々のあれこれを書いていこうと思う次第です。
そもそも私の文章はまわりくどいし長いので要点が見当たらない。ので
「400字以内に」とか言われると途端に書けなくなるという苦手分野を
これから克服したいと思います。
引き続き、どうぞよろしくお付き合い下さい。

シドニーから帰ってきました。
大掃除のタイミングも逃したので、初詣は死守したいです。
「時差ボケ」の有効期限もそろそろ切れそう。

家族との時間は格別でした。
シドニーで勃発した珍な事件の数々も
書ける範囲で書いていきます。

半崎家長女、扶美子の、生誕3ヶ月ベイビーとも、やっとご対面。
その名も「エミリー」
この世のものとは思えない可愛さでした。
実写版キューピー人形。
e0261371_16541883.jpg

初孫に、父も母もめろめろ。
さらにキューピーともなれば、輪をかけてめろめろでした。

絵本を頼まれていたので買っていきました。
e0261371_1705638.jpg

エミリーに昭和の匂いを少しでも。

仲良しの湯たんぽが冷たくなってしまう場面にやられます。


by hanzakiyoshiko | 2013-01-09 14:07
<< シドニーでの一番の衝撃 新年 >>


最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧