プロフィール

半崎美子 はんざき よしこ

半崎美子
札幌大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京。パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続ける。
独特の泣いているような声、楽曲が放つパワーと圧倒的なライブパフォーマンス、そして人一倍の行動力により、これまでどこにも所属する事なく、赤坂BLITZの単独公演を成功させる。
全国インストアツアーで、ショッピングモールなどのフリーライブで出会った家族や子供連れのファンも多く、とくに札幌の両親への想いを歌にした代表曲「永遠の絆」は、歌うと会場のどこかで必ず涙を流す人がいる。 詳細を見る
リリース情報

New album
「明日へ向かう人」

明日へ向かう人
DDCZ-2015/¥2,500(税込)
2015.3.25)
全国CDショップにて発売中!
詳細を見る
ライブ情報
  • 3/26(土)
  • 下地正晃×半崎美子×花*花『such a lovely place vol.11』 詳細を見る
  • 3/28(月)
  • 名古屋 アスナル金山 詳細を見る
  • 4/2(土)
  • 桜イルミネーション@Orbi Yokohama 詳細を見る
  • 10/14(金)
  • 半崎美子ツアーファイナル2016 @ 赤坂BLITZ 詳細を見る
リンク
半崎美子のオフィシャルウェブサイト ハンザキスト倶楽部 半崎美子のオフィシャルショップ 半崎美子のFacebook 半崎美子のTwitter 半崎美子のオフィシャルYouTube 半崎美子のオフィシャルYouTube
ブログを無理矢理更新する方法その2
まだCDになっていない歌詞を載せる。



僕のいる意味        
                        作詞作曲/半崎美子


何でも足りないくらいがちょうどいい そう言っていたよね
多くを求めることなく生きていく そう決めたって

無理して笑う日常
繕う事に疲れても大丈夫だよ ここにいるよ

抱えきれない痛みなら少しは分けてくれないか
それなら僕のいる意味も少しはあるんじゃないかと思える
同じだけ苦しみを背負い同じだけ喜びをまとう
それなら僕にも出来るよ
だってずっとずっと近くで見ていたから 見てきたから


拙い言葉の中にも聞こえる そう言ってくれたね
多くを語らなくとも伝わるものがあるって

笑顔の力を借りて何でも隠してきたこと僕は知ってる
それでいいんだよ

支えきれない悲しみは残さず分けてくれないか
それなら僕のいる意味も少しはあるんじゃないかと思える
笑える日ばかりじゃないから だからこそそばにいたいんだ
それなら僕にも出来るよ
だからずっとずっと近くにいていいかな
by hanzakiyoshiko | 2012-04-18 23:59
<< 南無三だ あの手この手で >>


最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧