プロフィール

半崎美子 はんざき よしこ

半崎美子
札幌大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京。パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続ける。
独特の泣いているような声、楽曲が放つパワーと圧倒的なライブパフォーマンス、そして人一倍の行動力により、これまでどこにも所属する事なく、赤坂BLITZの単独公演を成功させる。
全国インストアツアーで、ショッピングモールなどのフリーライブで出会った家族や子供連れのファンも多く、とくに札幌の両親への想いを歌にした代表曲「永遠の絆」は、歌うと会場のどこかで必ず涙を流す人がいる。 詳細を見る
リリース情報

New album
「明日へ向かう人」

明日へ向かう人
DDCZ-2015/¥2,500(税込)
2015.3.25)
全国CDショップにて発売中!
詳細を見る
ライブ情報
  • 3/26(土)
  • 下地正晃×半崎美子×花*花『such a lovely place vol.11』 詳細を見る
  • 3/28(月)
  • 名古屋 アスナル金山 詳細を見る
  • 4/2(土)
  • 桜イルミネーション@Orbi Yokohama 詳細を見る
  • 10/14(金)
  • 半崎美子ツアーファイナル2016 @ 赤坂BLITZ 詳細を見る
リンク
半崎美子のオフィシャルウェブサイト ハンザキスト倶楽部 半崎美子のオフィシャルショップ 半崎美子のFacebook 半崎美子のTwitter 半崎美子のオフィシャルYouTube 半崎美子のオフィシャルYouTube
風雲児
たまたま聞いて驚いたのですが、
今の学生さん達は、読書感想文を、本を読まなくても書けるらしいですね。


ネット社会恐るべしです。


どれほどのものかと、見てみてまぁびっくり。


本のタイトル別にずらーっと並ぶ読書感想文の例。。。(ノ゚ο゚)ノ (パクリ放題とか書いてある笑)


しかも作家並みの文章力。。。多分先生もびっくり笑


そして、考えあぐねて真面目に書いてる人の割りに合わなさ。。


子供達にもネットがこれだけ普及していたら、この先の未来はどうなっていくのかな。


効率的だし、便利なのは間違いないんだけど。


でも不思議な事に、
効率的になって、時間が短縮される事で、時間が増えるのかと思っていたけど、
その時間自体が短くなるんですよね。


東京と比べて、田舎に行くと時間がゆっくり流れている気がするのも、
時間自体が長くなっているから。


手軽さや効率化が、考えるという事、感じるという事を、鈍らせてしまう。


心を豊かにしたいなら、便利さに頼ってはいけないんですね。


といいつつ、私はネットで、今日もブログを更新しています。


あ、そういえば1人いた!


このネット社会に風穴をあけるべく存在している人。


私のサポートでピアノを弾いてくれてる桜田ヒロくん。


彼の生活にネットもパソコンも存在しません。
今は、音源など、メールでのやりとりがほとんどですが、
未だにヒロくんにはCDRに焼いて、郵便で送っています。
譜面なども、コピーして郵送。。。


筋金入りのナチュラリスト、ヒロくんは、
だからこそ、彼にしか出せない繊細な音があるのだと思います。


なので、ヒロくんにはこのまま、
時代という名のハイウェイを逆走していってほしいです。(・∀・)ノ


by hanzakiyoshiko | 2012-04-09 18:01
<< 希望の桜 半崎サミット追加席〜5席です!... >>


最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧