ブログトップ | ログイン
ツアースケジュール
葉加瀬太郎
20th Anniversary Tour
「EMOTIONISM」
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リリース情報
NEW album「EMOTIONISM」
NEW album
「EMOTIONISM」

数量限定盤(CD+DVD)
HUCD-10078/B ¥3,900(税込)

通常版(CD)
HUCD-10079 ¥3,150(税込)
1990年KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビューしてから、今年でデビュー20周年を迎える葉加瀬太郎。彼の音楽を愛する原点でもある「子供心」や「夢」をキーワードに新作のオリジナル作品11曲と生誕200周年を迎えるショパン&シューマンの曲を含む全14曲を収録。
グレードの高い良質な大人向けの音楽をセレクトし、着うた(R)や着うたフル(R)として配信。また葉加瀬太郎本人が各地からお届けするビデオブログや、ジャケット写真やアーティスト写真を使った待受画像、コンサートで好評を博している身近にある生活音をバイオリンで表現する着バイオリンなどご本人の魅力が存分に詰まったオリジナル独占コンテンツも!今すぐアクセス!!
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
最後のブログ
昨年の9月16日からスタートしたこのツアーブログも最後の書き込みとなりました。
当初、アコースティックツアー"Classical Tuning"の葉加瀬本人やメンバーのその日の
様子や舞台裏、楽屋での出来事をリアルタイムで伝えられたら、、、、
と思いこのブログを始めました。

スタート当初は、
葉加瀬本人に沢山書き込んでもらおう! とか、
さっき起きた事がもうアップされてる! とか、
全国グルメマップが出来るかも? とか、、、、、
僕自身、色んなブログを見て回りつつ、夢が広がる期待感でイッパイでしたが、各地の通信事情やシステムの問題、「ネタバレ」の程度、等々、手探りの毎日でした。

スタートして1ヶ月が過ぎた頃、
ブログの一番の利点である「リアルタイム」を諦め、他のブログを観ることを辞めた所でやっと「ブログのテーマ」が見つかった気がします。
その頃からこのブログへの反応や感想も増え、そのメールや手紙を見て新に伝える事の楽しみが増えていきました。

日頃、
何気なく接している仲間の仕事を文章にしてみる事で、
当たり前のようにおこなっている仕事の仕組みを紹介する事で、
ツアーの奥深さや本質、そして何より「楽しさ」を再確認させて頂きました。
このブログは皆さんにとってどうだったのでしょうか?
僕自身は、このブログを最後まで書き続ける事ができて本当に良かったと感じています。改めてアクセスしてくれた皆さんに感謝します。

そして、
このブログに登場していただいた全てのスタッフ、メンバー、ゲスト、をはじめとする"Classical Tuning"ツアーを支えていただいた方々に心から感謝いたします。

"Classical Tuning"ツアー連動企画の密着ブログなので、ここでは最後の書き込みになりますが、チーム葉加瀬は今年も走り続けます!!
別のカタチで! 新たな企画で! また、それぞれの街でお会いできる日が来ることを楽しみにしています。

本当にありがとうございました。
                          ・Manager 菊池 聡
by ex_hakasetaro | 2009-01-27 03:24 | Manager
衝撃の転倒
・MOVIE
ツアー初日、パーシモンホールでの「葉加瀬セレクションコーナー」での一コマ

スタッフ全員、口から心臓が飛び出る思いでした。


by ex_hakasetaro | 2009-01-20 13:28 | SOUND & MOVIE
今だから言えるネタ
・Mgr 菊池
トレーナーの西村さん
彼女はツアーの全行程に同行し葉加瀬本人の体調管理を担当します。
スポーツ医学を学び、鍼灸師の資格を持つ人です。
今だから言えるネタ_f0180880_3584296.jpg

最近、コンサートの現場でもトレーナーの姿をよく見かけるようになりましたが、本来は巷で良く聞く「野茂の専属トレーナー」とか「清原を復活させたトレーナー」とか言われる人達と同じ、所謂「スポーツトレーナー」です。
コンサート中のトークで葉加瀬本人が話しているように数十本に及ぶツアーでのミュージシャンはアスリートと何ら変わりない状況で躰を酷使しています。
ツアーを乗りきる「身体創り」のトレーニングメニューの管理や蓄積疲労による筋肉の強張りを解すマッサージを施したり、病気や炎症等の怪我の気配を察知して「てあて」を施し的確なアドバイスをくれる、長いツアーには欠かせないスタッフです。
今だから言えるネタ_f0180880_3585826.jpg

アスリートと同じ?と言ってもねぇ? と思われがちですが、以前書き込んだ「移動」の振動や気圧の変化、3時間に及ぶ本番を連日行う身体は常にドコかしら黄色信号を点し続けます。
実は腰が悪い葉加瀬。ステージの立ち位置横には立っていられない緊急の場合用にハイスタンドチェアがこっそり置かれています。
以前のツアーでは筋肉サポートのタイツを履き、膝にサポーターを付け、腰にコルセットを巻き、踵に吸振サポーターを装着し、自分では靴紐を解けないほどの重装備で下半身を固定しつつ、なんて事もありました。

今回のツアー 結果、なんの異常も無かったのでこうして書き込めるのですが、、、
ツアーの終盤に差し掛かる頃、、、、
原因不明の偏頭痛が10日以上も続き葉加瀬を悩ませました。
「葉加瀬さんは心配性だから本人には秘密ですけど、最近、話していて『てにをは』を間違うようで、直ぐ検査に行かせて下さい」と、こっそり僕に教えてくれました。
普段から病院嫌いの葉加瀬を巧いこと心配させずに促して葉加瀬本人から「病院行ってみようか?」と言い出させるなんて「離れワザ」も見せてくれます。

検査の結果なんの異常も無く、片頭痛(血管性頭痛)ではなく筋緊張性頭痛だと言うことで、それからは西村さんの本領発揮です。
今回のツアー、無事に終えることが出来たのはトレーナー西村さんのおかげな部分が非常に大きな、葉加瀬ツアーには欠かせないスタッフです。
今だから言えるネタ_f0180880_3581586.jpg

ツアーの移動中、新幹線に乗り込む瞬間! 葉加瀬が!!
「うあぁ!」
大声を発しうずくまってしまいました。
約1分、一言も話すことが出来ないほど顔を歪める葉加瀬の周りに「腰か?」とか「爆弾が!」とか「やっちゃった!?」と集まるメンバー。
やっと顔を上げた葉加瀬「ホームの隙間でゴロゴロ(キャリーバック)が親指に、、、」
蜘蛛の子を散らすようにメンバーは自分の席に向かいました。

その場に残ったのは西村さんだけでした。
by ex_hakasetaro | 2009-01-11 05:38 | Manager
参加企画
・Mgr 菊池
今回のツアー、オーディエンス参加企画が有りました。
参加企画_f0180880_2442334.jpg

「葉加瀬セレクション」と銘打たれたコーナーで、セットリストから外すのは忍びない曲達を8曲選び出しました。
葉加瀬本人が1曲ずつ曲解説をした後に演奏する曲をその場で決めるコーナーです。
参加企画_f0180880_2443779.jpg

「一番早く」とか「一番元気な」とか「一番目立った」と言う理由で葉加瀬が客席から選んだオーディエンス代表が、マサ君が回すルーレットめがけマジックテープの付いたボールを投げて演奏曲目が決まります。
参加企画_f0180880_2445536.jpg

可愛らしい女の子がステージに上がる日もあれば、クラシックホールのステージに「上下ジャージ」の青年が登場する日もある。元気に手を挙げたのにステージ上では一言も話せなくなってしまった人もいれば、妙にテンションの高いオジサンも、、、
とてつもなく楽しいコーナーでした。
ご協力頂いた方へは、ファンクラブの4年目更新記念の葉加瀬フィギア携帯ストラップをお土産に!
参加企画_f0180880_2501592.jpg

曲名を区切るライン上に当たった日は2曲演奏する事も。
と、いうことで結果発表です。

01 めぐろパーシモンホール  「ロンディーノ」
02 サントリーホール     「[流転の王妃]メインテーマ」
03 鈴鹿市民会館       「Road of Hope」
04 まつもと市民芸術館    「太陽の子供たち」
05 石川県立音楽堂      「Road of Hope」
06 ハーモニーホールふくい  「Road of Hope」・「[流転の王妃]メインテーマ」
07 ザ・シンフォニーホール  「[流転の王妃]メインテーマ」
08 ザ・シンフォニーホール  「To Love You More」
09 沖縄コンベンションセンター「太陽の子供たち」・「Color Your Life」
10 広島国際会議場・フェニックスホール 「[流転の王妃]メインテーマ」
11 シンフォニーホール    「Color Your Life」
12 兵庫県立芸術文化センター 「太陽の子供たち」
13 高知県民文化ホール    「Etupirka」
14 松山市民会館       「[流転の王妃]メインテーマ」
15 サンポートホール高松   「Angel in The House」
16 アクトシティ浜松     「[流転の王妃]メインテーマ」
17 土岐市文化プラザ     「Etupirka」
18 日光市今市文化会館    「Road of Hope」
19 なら100年会館      「[流転の王妃]メインテーマ」
20 京都コンサートホール   「Road of Hope」
21 愛知県芸術劇場コンサートホール 「ロンディーノ」
22 愛知県芸術劇場コンサートホール 「To Love You More」
23 愛知県芸術劇場コンサートホール 「Etupirka」
24 Bunkamuraオーチャードホール  「[流転の王妃]メインテーマ」
25 Bunkamuraオーチャードホール  「To Love You More」
26 群馬音楽センター     「ロンディーノ」
27 郡山市民文化センター   「Color Your Life」
28 よこすか芸術劇場     「太陽の子供たち」
29 大分グランシアタ     「Color Your Life」
30 長崎ブリックホール    「Color Your Life」
31 オーバードホール     「ロンディーノ」
32 りゅーとぴあコンサートホール 「To Love You More」
33 大阪・フェスティバルホール  「Color Your Life」・「Etupirka」
34 大阪・フェスティバルホール  「太陽の子供たち」
35 名取市文化会館     「[流転の王妃]メインテーマ」・「太陽の子供たち」
36 つくばノバホール     「Angel in The House」
37 熊本県立劇場コンサートホール 「太陽の子供たち」
38 鹿児島市民文化ホール第一 「Color Your Life」
39 アイザックスターンホール 「Angel in The House」・「Etupirka」
40 Kitara大ホール      「ロンディーノ」
41 NHKホール        「Angel in The House」
42 NHKホール        「ロンディーノ」
43 盛岡市民文化センター   「太陽の子供たち」
44 福岡シンフォニーホール  「Color Your Life」・「Etupirka」
by ex_hakasetaro | 2009-01-07 17:42 | Manager
ビッグニュースが目白押し!!
・Mgr 菊池

あけましておめでとうございます。

ツアー密着ブログの書き込みとしては、如何なモノかとも思いますが、、、
号外扱いのご愛嬌と言うことで!
関東近郊の元旦付けの「朝日&読売」新聞では東京公演のインフォメーションがされましたが、写真付きなのはココが解禁第1号!

THE VIOLIN BROTHERS 葉加瀬太郎×古澤巌
ビッグニュースが目白押し!!_f0180880_10592642.jpg

札幌の楽屋で「葉加瀬と根津さん」が相談していた「悪巧み」がマサにコレ!
3月中旬からの1ヶ月で十数本の公演を予定しています。
(実際まだ調整中で発表出来る情報も限られてまして、、、)

詳しくは、葉加瀬のオフィシャルHP http://www.ein-a.com/ をご確認下さい。

おーーーっと 違う!

ファンクラブのオフィシャルHPが大リニューアル! フルモデルチェンジです。
葉加瀬本人の携帯電話やMacBookからも直接、写真やコメントがアップされる「ダイアリー」や、これまで以上に親切丁寧な「ニュース」等々、葉加瀬からのお年玉として、装いも新たに本日OPEN!!です。
http://www.so-nice.jp/
からアクセスして、ファンクラブ会報に記載の「IDとパスワード」を入力して下さい。

ファンクラブ会員以外の方は、http://www.ein-a.com/ に有ったシステムを「HATS オフィシャルサイト」に移行しています。
http://hats.jp/
にアクセスしてARTIST LISTから、より一層の情報充実した葉加瀬のページをチェックして下さい。

今年は元旦から飛ばしています! チーム葉加瀬 をヨロシクです。
by ex_hakasetaro | 2009-01-01 11:03 | Manager


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム