ブログトップ | ログイン
ツアースケジュール
葉加瀬太郎
20th Anniversary Tour
「EMOTIONISM」
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リリース情報
NEW album「EMOTIONISM」
NEW album
「EMOTIONISM」

数量限定盤(CD+DVD)
HUCD-10078/B ¥3,900(税込)

通常版(CD)
HUCD-10079 ¥3,150(税込)
1990年KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビューしてから、今年でデビュー20周年を迎える葉加瀬太郎。彼の音楽を愛する原点でもある「子供心」や「夢」をキーワードに新作のオリジナル作品11曲と生誕200周年を迎えるショパン&シューマンの曲を含む全14曲を収録。
グレードの高い良質な大人向けの音楽をセレクトし、着うた(R)や着うたフル(R)として配信。また葉加瀬太郎本人が各地からお届けするビデオブログや、ジャケット写真やアーティスト写真を使った待受画像、コンサートで好評を博している身近にある生活音をバイオリンで表現する着バイオリンなどご本人の魅力が存分に詰まったオリジナル独占コンテンツも!今すぐアクセス!!
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

カヴァーネーム
・Mgr 菊池

越谷での公演です。
ツアー中、意外と大変なのが関東近郊での公演です。
関東近郊の公演は基本的に「現地集合」の「現地解散」なワケで、、、
ツアーマネージャーが手配してくれる移動と宿泊へシステマチックに乗っかる流れではなく、原則的に「自力」です。
この関東近郊の公演が続くパターンが実は一番辛いツアーのパターンなのです。

会館まで「ドア トゥ ドア」で2時間以上かかる事も良く有るコトですし、都内に戻れるとなればチョッとムリして会社に戻ってデスクワークしてみたり、家に帰って洗濯してみたり、、、、、
2週間、旅に出っぱなしな方が体力的には、よっぽどラクだったりします。
ホテルに宿泊!! と言う理由で、いろんなコトを諦めて「寝る」しかないってコトも良く有るワケです。

さて、今回は、
「ホテルに宿泊」というキーワードで「ツアーにまつわる」小ネタです。

携帯電話が普及したおかげで最近は若干緩やかになりましたが、ツアー特有の「ルール」と言うか「取り決め」と言うか、ツアー運営のノウハウとして実に面白い「宿泊ワザ」が有ります。
こんなコト書き込んで良いのか?と、思いつつなのですが、、、、、まぁいいか!

「カヴァーネーム」と言うワザです。
基本的には「騒ぎに巻き込まれたくない」とか「他の宿泊客に迷惑をかけない」と言う心遣いからなのですが、、、、
数年前までは、アーティストやミュージシャンが「本名」や「芸名」で宿泊予約することは滅多になく宿泊用の名前「カヴァーネーム」での予約が常識でした。
一人で幾つかの「カヴァーネーム」を使い分け、さらに「一行団体名」も幾つも用意します。
「一行団体名」は、例えば「柏木工務店御一行様」とか「西嶋製作所御一行様」とか「居酒屋太郎御一行様」等々、何パターンも用意し、ツアー前には一覧表が作られて関係各位、会社や家族に配布されます。

何故こんな面倒なコトをするかと言うと、、、、
基本的に宿泊先のホテルへの外線電話はシャットアウトします。
とは言え、携帯電話が普及する数年前までは、連絡取るのは電話が命なワケですから「カヴァーネーム」と「一行団体名」が「合い言葉」の役割を果たしてくれます。

超人気のバンドが宿泊したホテルに、熱狂的なファンが清掃係のバイトとして入り込んで、、、、、ナンてウソのようなホントの話も有ったりするのです。
ホテルの従業員に「そのような方は宿泊されていません!!」と嘘を吐いてくれと無理強いするワケにもいかず、そこで「カヴァーネーム」が活用されます。
アーティストと行動を共にするマネージャーも例外ではなく、僕もドイツ人の友達「アンドリュー」に因み「安藤 龍」という「カヴァーネーム」を暫く使ってました。

「居酒屋太郎の安藤さん」と言わない限りチェックインはモチロン、予約の確認も出来ないワケです。
場合によっては正面玄関ではなく従業員通用口など裏導線を使わせて頂くコトもあり、アーティスト御本人が宿泊するコトを「ホテルの支配人とナイトマネージャー」以外は誰も知らないナンてコトも良く有る話だったりします。

チョッと前まで、真夜中のフロントで「部屋番号が解らないんです、あと、僕の名前も解りません」と、呆気にとられるホテルマンをジッと見つめる、イイ感じに酔っぱらったメンバーを見かけたものです。
by ex_hakasetaro | 2009-11-26 23:31 | Manager
<< 敏腕プロデューサー 葉加瀬のマイク >>


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム