ブログトップ | ログイン
ツアースケジュール
葉加瀬太郎
20th Anniversary Tour
「EMOTIONISM」
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リリース情報
NEW album「EMOTIONISM」
NEW album
「EMOTIONISM」

数量限定盤(CD+DVD)
HUCD-10078/B ¥3,900(税込)

通常版(CD)
HUCD-10079 ¥3,150(税込)
1990年KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビューしてから、今年でデビュー20周年を迎える葉加瀬太郎。彼の音楽を愛する原点でもある「子供心」や「夢」をキーワードに新作のオリジナル作品11曲と生誕200周年を迎えるショパン&シューマンの曲を含む全14曲を収録。
グレードの高い良質な大人向けの音楽をセレクトし、着うた(R)や着うたフル(R)として配信。また葉加瀬太郎本人が各地からお届けするビデオブログや、ジャケット写真やアーティスト写真を使った待受画像、コンサートで好評を博している身近にある生活音をバイオリンで表現する着バイオリンなどご本人の魅力が存分に詰まったオリジナル独占コンテンツも!今すぐアクセス!!
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

本店のコース料理
・Mgr 菊池

前回、広島公演での書き込みが、若干堅苦しい感じでしたので、、、、
今回はガラッと変わって「取り留めの無い」話です。
共通認識なんて、まるで無いイメージの話なのですが、、、、、

ツアーバンドのメンバーやツアースタッフは、その活動の大半をコンサートが占めています。
しかし、葉加瀬や僕等マネージメントスタッフはレコーディングという名の「作品」をパッケージ化すると言う、表現して見(魅)せるコンサートとはある種、真逆の活動も有り、、、、どっちが本業なのだろう? と、思うコトも多々あるワケです。

と、言うのも、、、、
コレだけ過酷なコンサートツアーが真っ最中だと言うのに、今日、西条市総合文化会館の楽屋で「葉加瀬本人」へ " 真っさらな書き下ろしの新曲1曲、完成は年内イッパイで!! " と言う宿題を告げたのでした。
「オレは鬼だな!」と思う反面、作品創りも大事なコトだ!と思いつつ、葉加瀬が葉加瀬の作品創るんだから当たり前の話でしょ?とも思いつつ、いずれ始まるアルバム創りでしょ!と自分に言い聞かせつつ、みんな待ってるしねぇ、イヤぁでもなぁ、、、、、、、なんてグルグル廻ってバターになりそうです。

確かに、吐き出しぶつけるステージ上の「葉加瀬」と、引き出し構築させるスタジオの「葉加瀬」を共存させなきゃならない「御本人」のジレンマは計り知れないトコロでは有るのですがムリを通して道理にするのも周りにいる僕等の役目なワケで、、、
そもそも、レコーディングってナンだろう? コンサートってナンだろう? と、ふっと思ってしまうのでした。

思うに、、、
「アルバム」って言うくらいですから「瞬間」や「側面」やモチロン「メインストリーム」を、アーティストの様々な「今」を詰め込み届けるモノでしょう。
 (ってコトは柏木さんの「pictures」ってのは巧いトコ突いてるんですねぇ)
お持ち帰りが基本の「デパ地下」の老舗有名店がお届けする「出店総菜」ですかねぇ
細心の注意を払って研究開発されたお総菜。
拘りのシステムオーディオで再生されれば、真価を発揮するでしょうし、圧縮されたデジタルオーディオで再生されても、電子レンジで「チン」して、食パン買って貰ったお皿にのせて食べても、十分に美味しい。
ナニで供じられるかが問題ではなく、メロディラインや楽曲の持つ世界観が重要と言うところも商品開発や研究に通ずるトコロも有りそうですし、、、

と、言うことは、、、
コンサートはさながら、オープンキッチンの本店で味わう「コースディナー」と言うところでしょうか?
センスの良い調度品に囲まれ、洗練されたギャルソンが居て、信頼されるソムリエが居る。才能溢れるシェフの颯爽とした姿を目を奪われつつ味わう至福の時間。(きゃーっ!かっこいー!!)

まぁ、ナニが言いたいかというと、、、
デビュー20周年に向け「葉加瀬」は着実に動き出しました!!
楽しみにしていて下さい。 ってコトと。
途轍もなく楽しいツアーが全国を駆け巡ってます。
楽しんで下さい!! って言う話でした。
by ex_hakasetaro | 2009-11-07 23:38 | Manager
<< プロダクション・ルーム 年金問題と郵政民営化について >>


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム