GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一善 GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一善 GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一善
GOING UNDER GROUND OFFICIAL SITE ARTIST DATA
RELEASE

New Album
『稲川くん』

2011.4.27 Release
PCCA-03350
価格:¥2,800(税込)

この商品を購入する

mobile
レコーディング作業
レコーディング作業_c0068174_1212870.jpg

最近の朝食はトーストと卵焼きとサラダ。まあ朝食といっても普通に考えたら昼食って感じの時間に食べてるけどね(汗)
トーストと卵焼きにもう少しバリエーションが増えると良いんだけどな〜なんかおいしく食べれる調理法知らない?

でも、一人暮らし始めて今まで食べなかった朝食を食べるようになったし、しかも自分で作ってるなんて成長したな〜俺ったら!

さて今日は新曲のレコーディング。前もちょこっとレコーディングの事書いたけど思いの他レコーディングのやり方って知られてないんだね。トラバを見てそんなことが書いてあったから以外だったよ!もう少し世間一般に知られているんだと思ってた。というわけでせっかくだから今回はうちのレコーディングのやり方を紹介してみようと思うよ!

基本は一発録り。ちなみに一発録りっていうのは五人がいっせいのせで録ること。これが結構以外みたいで、一般的にばらばらに録ると思われてるみたいね。そういう人ももちろんいるけど、うちはもっぱら一発録りだよ。あ、でもキーボードは後から録ること多いかな、だから厳密にいうと四人だな!

で、ドラムが良いテイクが録れたら一段落、ドラムだけは一部分だけ直すって事はできないからね。だからといってはなんだけど、いくら自分のパートが良かったと思ってもドラムがダメならそれは無しになっちゃうんだよ・・いつも良いプレーができるように頑張ります!

そして次は間違えたり、ちょっとアレンジを変えたりするときは各パート一部分直します。ちなみにこの時は一番低い音の楽器から直すんだな。

そんなこんなで次はギターのリフとかソロ、キーボードを何種類か重ねたりして、曲によるけど他の楽器入れるときもこのタイミングかな。
これで大体オケは完成!後日ボーカル、コーラスを入れる日がまたあって、そこで歌関係は全部やるね。まあ一曲録るのはこんな感じかな。

でもこの後もトラックダウンとマスタリングという作業(超わかりやすく言うと前者が録った音のバランスとか音色をととのえて、後者がトラックダウンした曲をさらにきれいにするって事かな)もあってまだまだ終わらないんだよね。手間暇かけてまっせ(笑)

まあ大体こんな感じでCDになるわけよ!だからこれからCD聴くときは正座で聴くように!(嘘です)こんなへんてこな説明で分かったかな〜?でも、こういう知識を頭の片隅に置いてCDを聴くとまた違った楽しみ方も出来るかもね!お試しあれ!
by goingblog | 2005-07-20 01:10
<< プロモ 感動 >>