Excite ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ

竹澤哲のWorld Cup Report 04 : シューマンの生まれた街

 原稿書きのためにホテルに籠もっている。そのために選んだ場所は、ツヴィッカウという、ライプツィヒから70キロほど離れたところ。Zwickauと書くが、普段ラテン系の言葉ばかりに接している人間にしてみると、どうしても読めない。恥ずかしい話だが、ホテルに着いたとき、フロントのお兄さんに、「どのように発音するのですか」と尋ねてしまった。親切にゆっくりと言ってくれたけど、僕の耳にはどうしても「ツゥイコウ」としか聞こえなかった。
 原稿の合間に街を散歩してみて驚いた。小さな街だとはわかっていたが、人が明らかに少ない。そう感じるのも、これまでケルン、フランクフルトといった都会ばかりを、しかもワールドカップで盛り上がる人々の中を回ってきたせいだろうか。
 それにしても静かだ。多少にぎやかな商店街を歩いても、それなりに人とは行き交うのだが、やはりとても静かなのだ。車はシャットアウトされているが、それだけのせいではないようだ。音楽もなく、大声を出してしゃべる人もいない。雑音が一切聞こえてこない。この地が旧東独であったということが、やはり関係しているのだろうか。歩いている人々の服装にしても、着飾った人も、派手な色の服を着た人もまず見かけない。街並みは整然として落ち着いている。ドイツ風の家屋が建ち並ぶ中心から少し外れたところには社会主義国家でよく見られる団地もあった。
 市庁舎の側にはシューマンの銅像があった。シューマンの生誕地であるということも、その時初めて気がついた。シューマンの楽譜をショーウインドに飾ったCD屋さんなどもその後で目にした。
 町中でおもしろいものを見つけた。東独時代に盛んに生産されていたトラバントという車のオブジェだった。あとで調べて分かったのだが、第二次世界大戦前にはホルヒという高級車を生産していたメーカーがツヴィッカウにあった。大戦後にはその会社はなくなり、代わりに小型乗用車トラバントがこの地で生産されるようになった。しかしベルリンの壁崩壊後には、性能的にも前時代的なこの車は消え去った。現在、ドイツ国内では見かけることはない。
 東独時代の40年間に思いを馳せた。秘密警察が存在し、人々は常に監視されていた。そんな抑圧された時代はすでにひと昔前の話であるはずだ。しかし、この街にはワールドカップの盛り上がりがほとんど感じられない。よく言えば、お祭り騒ぎに染まらず落ち着きを保っているともいえるかもしれない。それにしてもドイツが統一されてからすでに15年以上も経っているのに、まさか冷戦時代を想像させられるとは思ってもいなかった。ツヴィッカウにいるとワールドカップの熱気は別世界のことのようである。
(6月14日ツヴィッカウ)

竹澤哲のWorld Cup Report 04 : シューマンの生まれた街_f0077235_8292181.jpg


竹澤哲のWorld Cup Report 04 : シューマンの生まれた街_f0077235_8294631.jpg

竹澤哲のWorld Cup Report 04 : シューマンの生まれた街_f0077235_8301022.jpg
竹澤哲のWorld Cup Report 04 : シューマンの生まれた街_f0077235_8302923.jpg

# by ginga-movie | 2006-06-17 08:35 | 竹澤哲のワールドカップコラム | Trackback

竹澤哲のWorld Cup Report 03 : 日本戦と韓国戦

 カイザースラウテルンという小さな街が日本とオーストラリアのサポーターで一杯になった。商店街にはいたるところにテントが貼られ、即席のお店ができあがっているし、盛り上がり方がすごい。お祭り騒ぎの中にも、街の人たちがしっかりとホスト役を演じ、それを両国のサポーターが心から楽しませてもらっている、そんな感じだ。
 さて試合結果について一言。イングランドがあの暑さの中、無理をしないで、徹底的に守りきった、あの戦いを日本もできなかったのかなと思った。それにしても10分間で3得点というのは、フットボール、あるいはワールドカップの恐ろしさを改めて思い知らされた感じ。丘の上にあるスタジアムから多くの日本サポーターと共に引き上げたが、誰もが言葉少なげだった。
 翌日、フランクフルトで行われた韓国対トーゴ戦を見に行った。意外だったのが、韓国サポーターが試合前、とてもおとなしいことだ。もっとも、フランクフルトのスタジアムは森の中にあるため、カイザースラウテルンのようにスタジアムへ行く時に、お祭り会場のような商店街を抜けていくのと状況が異なる。それも関係あるのかもしれなかった。しかし試合が始めれば、スタンドは赤一色、4年前を思い出せるような応援が繰り広げられた。安貞恒のシュートはすごかった。ああいう思い切りのいいシュートも、日本に見せてもらいたいものだ。
(6月13日フランクフルト)

竹澤哲のWorld Cup Report 03 : 日本戦と韓国戦_f0077235_23435633.jpg


竹澤哲のWorld Cup Report 03 : 日本戦と韓国戦_f0077235_23441883.jpg

# by ginga-movie | 2006-06-15 23:44 | 竹澤哲のワールドカップコラム | Trackback

竹澤哲のWorld Cup Report 02 : ドイツのポルトガル

 フランクフルトへ着いて、両替所へ向かう。窓の向こう側にいるお姉さんが、「日本戦は明日だね」というので、「今日はポルトガル対アンゴラを見に行くんですよ」と答えると、「あたしはポルトガルが嫌いなの」と言い出した。なぜそんなことを言い出すのかと、僕は驚いて「えっなぜ?」と聞き返すと、後ろの方にいた上司らしき男性が怒ったような態度をみせているのに気がついた。女性はちらっと上司の顔を見ると、再び僕の方に顔を向けて「彼はポルトガル人なのよ」といってウインクをした。
 そういえばドイツにはポルトガル人出稼ぎ者がたくさんいる。特にEUとなる以前は、ドイツで稼ぐお金は、ポルトガル国内よりもはるかに多いため、一財産を築こうと多くのポルトガル人がやってきたのだ。成功者が帰国して建てる家は、ドイツ風の家が多かった。それは自らの功績を讃えているかのようでもあった。ポルトガルの農村に行くと、ドイツやスイス風の家が建ち並んでいるのをみかけたら、それは出稼ぎ者が建てた家にまちがいない。
 予想していたとおり、ケルンで行われたポルトガル戦にはたくさんのポルトガル人が来ていた。ポルトガル国内からやってきたものよりも、おそらくドイツ国内から集まった人たちの方が多いのではないか。ドイツ語を話すポルトガル人らしき人もかなり見かけた。
 対戦相手のアンゴラはポルトガルの旧植民地であったところ。そのため現在でも多くのアンゴラ選手がポルトガルでプレーしている。やっているサッカーも細かくパスをつないでいくという、スタイルもとてもよく似ている。異なる点は彼らの身体能力を活かして、スピードを活かしたものや、アクロバティックなプレーを見せることだ。創造性、意外性のあるプレーにはちがいないのだが、一か八か的なものが多く、相手にボールを奪われるとそのまま危険な状況を招いてしまう。その点、やはりポルトガルは落ち着いて、同じように魅せる技を繰り出すのだが、状況に応じてする。そのあたりにも、伝統の違いを感じさせられた。
 フィーゴがアシストして、パウレタが得点。働くべく人が働き、決めるべき人が決めた。ポルトガルにとっては最高の勝利だった。
(6月11日ケルン)

竹澤哲のWorld Cup Report 02 : ドイツのポルトガル_f0077235_23391839.jpg


竹澤哲のWorld Cup Report 02 : ドイツのポルトガル_f0077235_2340247.jpg

# by ginga-movie | 2006-06-15 23:41 | 竹澤哲のワールドカップコラム | Trackback

竹澤哲のWorld Cup Report 01 : ロンドン子はパブで観戦

 イングランド対パラグアイ戦をロンドンのパブで見た。試合開始の数時間前から、ロンドン市内にはユニフォーム姿やフェイス・ペインティングをした人が繰り出している。ロンドンの中心的な広場、トラファルガー広場にはたくさんの人が集結していた。イングランドの旗をつけた車もけっこう見かける。いよいよ待ちに待ったイングランドの初戦。期待で胸がいっぱい。そんな人々の気持ちが伝わってくる。きっと日が経つに連れ、ロンドンの街はさらに盛りあがっていくはずだ。
 映画館では入場料、4,5ポンド(約2500円)をとって試合を見せているところもある。しかしそれはおそらく観光客向けにちがいなかった。なぜならロンドン子がそんなところで見るはずがないからだ。ロンドン子にはやはりパブがお似合い。パブによっては入場制限をしているところもあったが、僕が選んだのは中心部から少し離れたところにある中堅どころのパブ。店内にいくつも吊されているテレビ画面に、フランクフルトのスタジアムが映し出される。イングランドサポーターで一杯なのがわかる。そんな光景をみても、パブにいる人たちは、それほどうらやましそうにしていない感じがする。パブで談笑しながら楽しんでいる彼らを見ていると、自分たちはあえてパブで観戦するのを選んだといわんばかりだ。しっかり国歌『ゴッド・セイブ・ザ・クイーン』を合唱。立ち見も全く苦痛そうでない。それにしてもビールをよく飲む。パブでのフットボール観戦は人々の生活に深く根付いている、そんな印象を受けた。試合はベッカムの蹴ったボールをパラグアイのベテランディフェンダー、ガマラが頭で入れてしまいオウンゴールとはなったが、ベッカムは絶好調。今後のイングランドの戦いが楽しみだ。
(6月10日ロンドン)

竹澤哲のWorld Cup Report 01 : ロンドン子はパブで観戦_f0077235_23312217.jpg


竹澤哲のWorld Cup Report 01 : ロンドン子はパブで観戦_f0077235_2332939.jpg

# by ginga-movie | 2006-06-15 23:36 | 竹澤哲のワールドカップコラム | Trackback

竹澤哲氏のワールドカップコラムが始まります!

NumberやSportivaなどでも執筆されている竹澤哲氏のワールドカップミニルポが始まりました!
随時更新されるのでお楽しみに!!

# by ginga-movie | 2006-06-15 23:27 | Trackback


[GINGA / ジンガ]とは?

ポルトガル語で揺れるという意味があり、狭義では、フットボールにおけるフェイント時の足さばきのこと。あるいはカポエイラの基本動作を言います。広義では、ブラジル人特有のしなやかでリズム感のある身体性そのものから、心の拠り所としての象徴的な言葉として、ブラジルではごく一般的に使用されています。
「遊び心のあるサッカーは、プレイを楽しまないと出来ない」ロビーニョは映画『GiNGA』の中で、そう語ります。それは彼のみならず、ロナウジーニョのあの楽しく創造性豊かなプレイからも容易に感じることができるでしょう。そのすべての源は、ブラジル人は「GINGA」を持っている、という事実に尽きるのです。

映画『GiNGA』公式サイト
www.ginga-cinema.jp
表参道ヒルズに、今話題のポッドキャストを自由に楽しめる『Podcast STUDIO』オープン(3/13〜3/26)
KTa★brasil(ケイタブラジル)
STUDIO APARTMENT、KALEIDOSCOPIOをはじめ数々のレコーディングにパーカッションで参加。サンバの本場、ブラジル仕込の打楽器奏者/MC/DJ。渋谷Organ barのLa Verdad、渋谷rootsでのSAMBA NOVAでのレギュラーをはじめ、日本各地でのライブ・DJ、一度そのGINGAを体験すべし!
●毎日更新! KTa☆brasilブログ


出演:ロビーニョ、ファルカン、ウェスクレイ、ロマリーニョ、他
監督・脚本:ハンク・レヴィン、マルセロ・マシャード、トシャ・アルヴェス プロデューサー:フェルナンド・メイレレス(『シティ・オブ・ゴッド』)、ハンク・レヴィン
音楽:EDSON X、BLACK GERO グラフィティアート:オス・ジェミオス 製作: Nike Production and Widen + Kennedy Entertainment 制作: O2 Films
配給:レントラックジャパン、キネティック、コムストック オーガニゼーション
宣伝協力:プチグラパブリッシング 協力:ナイキジャパン 後援:ブラジル大使館

原題: GiNGA The soul of brasilian football
2005年 / ビスタ / 78分43秒 / ブラジル / カラー / 35ミリ
Copyright 2005 by Nike Inc, All rights reserved.

映画『GiNGA』公式ブログ
ブログトップ | ログイン