Excite ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ

竹澤哲のWorld Cup Report 11:日本の4年間、ドルトムントの夜。

 ドルトムントの街にはいたるところにサンバが流れていた。ドルトムント中央駅前の広場、そしてスタジアムの周辺もそうだったのだけど、たくさんのブラジル人、おそらくチケットをもっていない人も集まり、試合前の雰囲気を楽しんでいた。中央駅から乗った地下鉄の中でも太鼓が打ち鳴らされ、サンバが歌われた。やはりブラジル戦は、他の試合とはそのあたりからして異なっているようだ。ドイツ人もそんな彼らの盛り上がりぶりをおもしろそうに眺めている。
 前半の日本はとてもよく戦っていたと思う。ブラジルからボールを奪い、パスをつないでいた。先取点を奪い、理想的な展開となるかと思われた。そして再三の川口のファインセーブ。それでも後半はブラジルの独壇場だった。ロナウドもやはりパレイラ監督が信じて3試合続けて使ってきただけあり、次第にリズムを取り戻してきているようだ。ロビーニョもいいシュートを何本も放った。これまでの試合もそうなのだけど、ロビーニョはいいプレーを見せながらも、彼が放ったシュートがゴールポストに当たり、それをフレッドが決めたり、ちょっとロビーニョには気の毒な場面もいくつかあった。何かのきっかけでブレイクすることも十分に予感できるのだが。ロナウジーニョもだんだんと見せ場をつくるようになった。特にロナウドとのゴール前のワンツーはとても美しかった。
 カフーの代わりにでたシシーニョは足が速かったし、ロベルト・カルロスの代わりにでたジルベルトもうまかった。得点を決めたジュニーニョもそうであったし、誰が出てきても十分に活躍する。あらためてブラジルの力を感じさせられた夜だった。試合後にもサンバが流れていた。おそらく夜半までその騒ぎは続いたのだろう。
 日本代表の4年間は終わった。試合終了後ピッチに座り込んでいた選手たちを見ていたら、予選のことなど、これまでのことが走馬燈のように思い出された。トルコ戦で敗れた前大会、それはそれでいろいろと感じられたのだけど、やはり予選がなかったので4年間を思い起こすということはなかった。今回はその意味でちがった。このような4年間を繰り返しながら、伝統国といわれる国々は強くなってきたのだろう。
(6月21日ドルトムント)

竹澤哲のWorld Cup Report 11:日本の4年間、ドルトムントの夜。_f0077235_20184161.jpg

by ginga-movie | 2006-06-26 12:11 | 竹澤哲のワールドカップコラム | Trackback
<< 竹澤哲のWorld Cup R... 竹澤哲のWorld Cup R... >>


[GINGA / ジンガ]とは?

ポルトガル語で揺れるという意味があり、狭義では、フットボールにおけるフェイント時の足さばきのこと。あるいはカポエイラの基本動作を言います。広義では、ブラジル人特有のしなやかでリズム感のある身体性そのものから、心の拠り所としての象徴的な言葉として、ブラジルではごく一般的に使用されています。
「遊び心のあるサッカーは、プレイを楽しまないと出来ない」ロビーニョは映画『GiNGA』の中で、そう語ります。それは彼のみならず、ロナウジーニョのあの楽しく創造性豊かなプレイからも容易に感じることができるでしょう。そのすべての源は、ブラジル人は「GINGA」を持っている、という事実に尽きるのです。

映画『GiNGA』公式サイト
www.ginga-cinema.jp
表参道ヒルズに、今話題のポッドキャストを自由に楽しめる『Podcast STUDIO』オープン(3/13〜3/26)
KTa★brasil(ケイタブラジル)
STUDIO APARTMENT、KALEIDOSCOPIOをはじめ数々のレコーディングにパーカッションで参加。サンバの本場、ブラジル仕込の打楽器奏者/MC/DJ。渋谷Organ barのLa Verdad、渋谷rootsでのSAMBA NOVAでのレギュラーをはじめ、日本各地でのライブ・DJ、一度そのGINGAを体験すべし!
●毎日更新! KTa☆brasilブログ


出演:ロビーニョ、ファルカン、ウェスクレイ、ロマリーニョ、他
監督・脚本:ハンク・レヴィン、マルセロ・マシャード、トシャ・アルヴェス プロデューサー:フェルナンド・メイレレス(『シティ・オブ・ゴッド』)、ハンク・レヴィン
音楽:EDSON X、BLACK GERO グラフィティアート:オス・ジェミオス 製作: Nike Production and Widen + Kennedy Entertainment 制作: O2 Films
配給:レントラックジャパン、キネティック、コムストック オーガニゼーション
宣伝協力:プチグラパブリッシング 協力:ナイキジャパン 後援:ブラジル大使館

原題: GiNGA The soul of brasilian football
2005年 / ビスタ / 78分43秒 / ブラジル / カラー / 35ミリ
Copyright 2005 by Nike Inc, All rights reserved.

映画『GiNGA』公式ブログ
ブログトップ | ログイン