ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近のお気に入り
 スタッフ最新視聴リスト(Last.FM)
ブログトップ | ログイン
タグ:女性アーティスト ( 1 ) タグの人気記事
世界は再び、グウェン・ステファニーにひざまずく‥。
世界は再び、グウェン・ステファニーにひざまずく‥。_a0092200_1941183.jpg
“究極のポップ・アイコン”=グウェン・ステファニーの全世界注目のセカンド・アルバムが遂に完成。
その名も『スウィート・エスケイプ』
いつも奇想天外なアイデアでポップス界に君臨しているグウェン。色々な顔を持つのも彼女の魅力。
前作では『かわいい』『Harajuku』という言葉を世界に発信してくれました。


今回のアルバムも驚きが満載。
まず、最初に驚きなのがファースト・シングルのタイトル。
『グウェン姐さんのねじ巻き行進曲。』と題されたWind It Up。
PVは必見です。相変わらずすごい。
当初、ねじ巻き行進曲のねじ巻きを、私は ”ねじり鉢巻”と誤解をしていた。
最初の記憶は中々消えず、ことあるごとに 
『グウェン姐さんのねじり鉢巻き行進曲。』っと言ってしまう(笑)。
今もそう。(ごめん、グウェンさま)

さてさて、そんな話は置いといて‥
グウェンのアーティストとしての姿勢は大好き。
女性としても、色々なことに好奇心をもって進んでいく姿勢は大好き。
前向き、可愛く、強く、楽しい。
そして、このアルバムは聴いていて落ち着く。
個人的には、なぜか6曲目の『4 ・イン・ザ・モーニング』に惹かれてる。
気がつくとリフレインで聴いているのだ。
まだ、歌詞を見ていないのでなんとも言えないけど
きっと、今の私の気持ちと同じなんだと思う。
(あ、この発言はあとで恐ろしいことになるかも(笑))
元気でパワーのある曲も好きだが、こういう楽曲もグウェンの声と
心を込めた歌い方に癒される。
そして、ありのままの心情を歌ってくれる。
本音で向き合ってくれる。
今や、グウェンの音楽は私の応援歌となっている。
女性に愛されるアーティスト、グウェン・ステファニーの本当のすごさを
またまたこのアルバムで知ることになった。

詳しくは
オフィシャルサイトへ
by gearcrew | 2007-01-24 19:11