ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近のお気に入り
 スタッフ最新視聴リスト(Last.FM)
ブログトップ | ログイン
2004年ニューカマー組のその後
最近の日本の洋楽ニューカマーの旅立ちは
夏フェス中心に回っているかのように思う。
夏フェスのタイミングでリリース。
あるいは、その前の春にショーケースライブ。
そして、夏フェスで来日。
沢山の取材。インストア・イベント etc
秋の単独、あるいは年明けの単独。
そして、また夏フェス。
(ここで、前年のニューカマーが再来日となる場合が多いと思う)

最近の取材で、ふと気がついたことがある。
再会での取材が多い。しかも、2004年組ニューカマー達。
思い起こせば、2004年の夏フェス。
エキサイト・ミュージックにて、洋楽アーティストの
特集を初めて組み取材したアーティスト達。

2004年夏フェス特集

その中でも、今年に入ってギアが誕生し(ギアのスタートは6月でした)その取材で
THE ORDINARY BOYS
MANDO DIAO
Bloc Party
NEGATIVE         
とのうれしい再会がありました。
しかも、全員覚えてくれてて、IDを頂く時も
「エキサイト・ミュージック」から+「エキサイト・ミュージック・ギア」と
言葉数が増えたにも関わらず、
『ギアってどういうサイト?』と聞かれ
「ロックなサイト!」と答えたとき
『ウォー、いいじゃん』と。(これにはすごく嬉しい!!)

それぞれ取材して思ったことは、話す内容がしっかりしてきたこと。
貫禄がついてること。成長が感じられるのです。(まあ、当たり前ですが‥)

2枚目のアルバムが出るかどうか? それがいい売り上げになるか?
ニューカマーの試練はどうやら2枚目にあるようです。
そこを頑張って乗り越え、多くの日本のファンの心をつかんだアーティスト。
これからも、再会が出来るように頑張って欲しいし、
ギアもどんどんいいバンドを紹介して、頑張らなくてはと思う今日この頃です。
by gearcrew | 2006-11-03 11:39