ガルボ
コンシェルジュ特集ガルボトップGarbo

グルメ ‐ ランチ Garboコンシェルジュ:並木麻輝子


並木組
プロフィール
並木麻輝子さんの弟子、並木組が総力あげて取材するTOKYOランチ情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
SM好きは必見!隠された..
by SMチェッカー at 11:11
このテル友で実際に出会ち..
by テル友 at 11:28
出合いカフェで出会いたい..
by 出合いカフェ at 15:28
高松宮記念 2011必勝..
by 高松宮記念 2011 at 20:33
9&DX#HtR, ww..
by ギャル動画 at 14:18
最新のトラックバック
VACANZA(ヴァカン..
from デートに使えるレストラン
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
タグ
ガルボ公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

秋の幸せフレンチ~ミラヴィル

秋晴れの気持ちのよいお昼時、
駒場東大前のフレンチ、「ミラヴィル」でランチをしました。
小さいけれど、白を基調した店内はクラシカルで とても可愛らしい雰囲気。

壁には芸術家でもある都志見シェフの絵が飾られ、
ガラス張りのキッチンでは、真剣勝負の料理ライヴが丸見え、
色々な意味でこだわりのあるお店という印象です。

この日は私が風邪をひいていたこともあり、
残念ながらワインはなし。
プリフィクスのコースでお料理を選びました。

私の前菜は「三原産 鱧と秋ゴボウのフロマージュ仕立て 
ゴボウのラヴィゴットソースに 鱧の洗いとグレープフルーツサラダ」
f0040321_1911345.jpg

テリーヌ仕立ての美しいジュレには、しゃきしゃきのゴボウと鱧。
皿の中央に棒状に絞られたゴボウのクリーミーなソースも、濃厚で美味しい。

添えられたサラダにも、コリコリの鱧。
ルビーグレープフルーツの爽やかな酸味と愛らしいピンク色が食欲をそそる。
茹で卵を乾燥させた、自家製の塩卵の粉末が皿に飾られ、
その鮮やかな黄色が、目にも味にも粋なアクセントに。

友達の選んだのは
「広島産蒸し穴子と米の焼きたてタルト赤ワイン風味にフォワグラをのせて、
桑の実とヨーグルトのソース」。
f0040321_19121965.jpg

焼きたてのタルトを一口いただくと、濃厚なフォアグラに、あなごの
リッチなハーモニーが舌の上に贅沢に広がり、とろけるようでした。

自家製パンは、ライ麦パンとひよこ豆のパン。
ふんわり柔らかく、クセのない味でお料理によく合う。
f0040321_19133987.jpg


続いてスープは「緑黄野菜のポタージュ」
スープに浮かんだぬかごの優しい風味が、ほっとする優しい味でした。
f0040321_19143215.jpg


メインは「本日の鮮魚のポワレと無農薬野菜の温サラダ 
 熊本産 無農薬菜種油のヴィネグレットソース」
f0040321_19152722.jpg

思わずうっとりするような芸術的なお皿!
まるでキャンパスに描かれた絵画のよう。

カリッと焼かれたメバルとヒラに、皿を彩る様々なお野菜は、
白にんじん、蓮根、オクラ、ミニトマト、さつまいも、
ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、カブ、長ねぎ、ししとう、
モロヘイヤ、しいたけ、小松菜・・・すごい、改めて数えたら14種も!
素材を生かすよう、それぞれ蒸したり揚げたり煮たり、と
実に手が込んでいて、野菜本来の旨味を十分引き出している。
魚も野菜も本当に美味しい。

友達の選んだのは
「広島県糸崎市より直送の本日の瀬戸内お魚料理」。
f0040321_19171486.jpg

ふっくらしたマナガツオのポワレの上には、パリパリに揚げた葉人参の葉。
下に敷かれたゴボウの甘酸っぱいソースは、
甘酸っぱく爽やかでクセになりそう。
添えられた白人参の丸ごとグラッセも、ほくほくして新鮮な味わいでした。

デザートはみなでシェア。
「ラタフィア(シャンパンのようなお酒)のグラニテに小さなメロンのプリン、
ホワイトチョコレートのブルーテとコーティングしたメロンを添えて」。
f0040321_1918466.jpg

ラタフィアのグラニテが、 溶けてほとんどソースになっていたことは
残念でしたが、それはそれで別の味わいがありました(笑)。
プリンはほどよい甘さと堅さで、とても美味しかったです。

モンブランは、さくさくのダコワーズの生地に
栗がこれでもかというほど贅沢に入っている。
生栗から手作りしているこだわりスイーツというだけあって
栗の美味しさが際立っていました。
f0040321_191913100.jpg

バラの実のアイスが添えられているが、これまた上品な香り。
バラのリキュールと花びらの入ったアングレーズ・ソースも 、とてもエレガント。

パティシェールが少ないので、 ボリュームの割に後口は軽い。
ラム酒がしっかりきいていて、私好みでした。

もうひとつ頼んだのは
「フランス産のフレッシュ黒いちじくとモッツァレラのサブレタルト、
 いちじく酢のキャラメルソース添え」
f0040321_19193933.jpg

ほろほろと繊細なタルトは、焼きたてのあつあつ。
フレッシュないちじくに、甘酸っぱいいちじく酢のキャラメルソース、
ほのかなモッツアレラチーズの香り・・・。
ビネガーの風味豊かなアイスと一緒に口に含むと、 極上のハーモニー!
エキゾチックな大人の味わいを楽しめました。

最後は、香りのよいカモミールのハーブティ。
f0040321_19201121.jpg


全体的に、一皿一皿の料理がとても丁寧に仕事されていて
創造性にあふれ、シェフの愛情が感じられました。
野菜は富士山麓は松木農園から、
魚はシェフの故郷で広島は三原から届けられるらしく、
厳選された素材で作られた妥協のないお料理、です。

このコースで2500円なのだから、素晴らしいCPです!
とても充実した、幸せな秋のフレンチ・ランチでした。
時間は少々かかるので、ゆとりのある時には、ぜひおすすめしたいお店。
私もまた体調万全の時に、是非再訪したいです!
byみなきち

【DATA】
ミラヴィル
東京都目黒区駒場1-16-9 片桐ビル1F
TEL:03(5738)0418
ランチ 11:30~15:00 ディナー 18:00~23:00 定休日:水曜日
京王井の頭線駒場東大前より徒歩8分
http://www.miravile.com/

◆ お知らせ ◆
 並木麻輝子さんが、
「Moving Your Heart ジャンルで感じる秋のテーマ」

に参加されています。
11月23日までの限定公開ですので、チェックしてみてください。
by garbo-lunch | 2006-10-31 20:15 | Comments(0)
<< 化学調味料を使わない中国四川料... 奥深く繊細なイタリアン~ヴォー... >>