<   2008年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Fumi Fumi Sta~tio~n ♪ またまた遠征です
今週末 長崎と熊本です 昼どきに時間がとれそうなのですが
なに食べたらいいでしょ~ あはは 名所旧跡は? とは尋ねない

何度も行っているのですが 昼どきの食事の印象がなく
各ご当地に詳しい方 ご在住の方 アドバイスがあれば どうかお願いします
長崎は ちゃんぽんより ハンバーガーですか?  と頭はB級グルメがぐるぐるぐるぐる・・
Fumi Fumi Sta~tio~n ♪ あれ
築地の本祭りが終わった翌日から 千秋の夜の「看板娘」まぐろ屋のお嬢の姿が見えないな
と思っていたら 妹ちゃんとラスベガスへ行っていたそうです

で お土産といってくれたのが えっ ベガス・キティちゃん(゚o゚)
びびびびびびつくり(゚o゚)(゚o゚)(゚o゚) ありがとう♪
話には聞いていました 海外ご当地キティちゃんが出始めていることは
すでに4年ほど前に GuamでNYキティ(made in chinaですが)のビーサン買ったし
(これが ハイデザインで ちょっとご自慢の品)

お土産は 根付とボールペンとPost-it とネイルスティック(爪ヤスリ)でした
が やはりデザインは日本のご当地物とはちょっとちがう
(写真をね 掲載していいものかどうか 版権関係が見当つかないので 控えます)

d0082944_1501943.jpg



以前も触れた記憶がありますが
概ね 地方ロケに行ったときには このところご当地キティの根付を記念に入手してます
ときどき こうしてお土産にいただくのは うれし~わけです
機会あらば ご披露したいと思います(^^)v  お嬢ありがとう♪♪
Fumi Fumi Sta~tio~n ♪
子供のころ ピアニストが演奏している最中に 
目をつぶって首を振りながら演奏しているのを
なぜ あんなことをするのだろうかと・・・ 
思春期のころ 同じような光景を目にすれば なんか気取って演奏していてヤな感じ
なんて 反発して (私ピアノのおけいこ 大っきらいだったから)
同時期に クラプトンの映像を観たときには 同じことしてても クラプトンなら抵抗ゼロ^^;

さっき歯磨きの最中 何の気なしに目をつぶって磨いていたアタシ
そしたら
歯の山型が ブラシに当たっている様子がよ~~~くわかって 
なんか驚いてしまった  
この場合 歯ブラシの先端がになってるんだわ・・・  ←ってきづくのおそい!?

集中 ということか・・

目をつぶって歯を磨いていると 歯ブラシの先端に何がどう当たっているのかが
目を開けて磨いているときより 数段 感知できていたのだから

目をつぶってピアノを演奏すると 指先が鍵盤に当たっている感覚が
より敏感 鋭利になるのだろうかな  ギターの演奏もしかり
で それは集中(陶酔)していたなら ごく自然に出てくる行為なのだろうね

つまりこの年齢になるまでに 物事に集中する という経験をあまりしていなかった
のだね アタシ 
すべて感覚で 感じだけでここまできてる自覚があるからなあ
集中するほど 何事にも努力してこなかったのだろう  
う~ん いまさらながら ちょっと恥ずかしいね^^;
Fumi Fumi Sta~tio~n ♪ その地を訪ねたら 地物を食らうべし
食べ物にも地域差はなくなりつつあります が やはりその地のものは
そこの温度や湿度など 風土を体感しながら現地いただけば ありがたみも倍増しましょう

この3月に味わった地魚の味が 忘れられなくって 今回アンコール(^-^)
鮨屋で握りをつまむ @すすき野

こちらは姫鱒だそうです
d0082944_14413895.jpg


皮目の柄が繊細 ↑ 味も同様 身は柔らかでした 姫の脂ですね


シャコ 柔らかいのに歯ごたえがあり超美味 絶品今日①
d0082944_14434446.jpg


今日のはいいシャコだったそうで 加えて茹で加減ということなのでしょうね
見た目も美しい・・・  シャリは人肌ほどにぬくいもの これが握りにはグッド


時鮭すなわち時不知(ときしらず)の塩焼き
d0082944_14521378.jpg


今の時季ものですね 名前の由来は・・・
秋に舞い戻ってくることになっている鮭の群れが 秋を待たずして 
産卵前のこの時季に 北海道近海にやってくることから ついたようですね
産卵前ということは 身に脂がのっているわけで
ごらんのような たたずまいになっているのです  見た目通りのお味でした


鮭の話の流れでこういったものも みせてくれました
d0082944_15111179.jpg


実物は以前にご紹介していますが このピンバッジは知らなんだ
鮭児についてくるそうなのです 関さばなどの尾についてる証明の帯みたいなものですね

鮭児と呼ぶからには 若魚というか 未成熟の小振りの鮭ですから
卵や白子はありません ですからその分 全身に脂がのっている大とろ状態ですね
普通は4~5kほどですが 鮭児は大きくても3kぐらい
冷凍にして るいべ状態で食べたり 保存しないのであらば 刺し身が一番と小川サン
カマあたりなら焼いたらすごいのだろうな 今回はピンバッジを見ただけですよん


はやはり 北海道の地魚のひとつでしょう


ごちそうさまさま ありがとうございました(^〇^;
Fumi Fumi Sta~tio~n ♪
子供と動物には かなわない  というのは役者がよく使うことば
でもこれは 芝居上のことだけではないでしょう

d0082944_11515979.jpg



今回の北海道遠征では あまり写真を撮らなかった^^;
そういう機会があまりなかったのかもしれないけれど そのなかでもこれはベストショット♪
実物は15~6センチくらいかな 場所柄ラベンダーカラー・オン・パレードでした
この子たちは (悪いけど)実物よりこの写真の方が格段にか~い~です
こういう表情してくれる子供も いるよね おと~さんおか~さんなら憶えがあるかな
参りました!


で こっちもどお?
d0082944_1214326.jpg


この子たちは 一体だけでも北海道ものとわかるとこが あっぱれですね
う~ん 着ぐるみ物もクマで Wクマか


     ただ こういう写真は こういう場に掲載してよいのでしょうか
     それが心配なので問題あらば取り下げます
     ライツ関係に詳しい方 教えていただければたいへん助かります

地震 お見舞い申し上げます

朝はあわてた このブログにコメントをくれている関東以北の人たちが 浮かんだ

知り合いは電話つながらないし 出先だったので携帯しか手立てがないのに
携帯やメアドを知らない人もいた・・・
そしたら博多から ブログにコメントが入っていると教えてもらって すぐにアクセス

ふう・・・   ブログもこういう使い方があるのね 掲示板がわりだ
とりいそぎ ひとまず よかったよかった 
尚 被害に遭われた方 或いは お身内等にそのような方がいらっしゃるみなさま
心よりお見舞い申し上げます  どうかお大事になさってくださいますように
Fumi Fumi Sta~tio~n (^-^)
やはりみなさま それぞれの北海道の思い出を お持ちですね
360度緑のパノラマを見たら 男子の青春を ほんとにうらやましく思いました
小樽や札幌の町を歩いていたら 「来た事ある」地点がどんどん甦りました が
私の場合は 幸か不幸か すべて仕事での記憶のみじゃった

映画「幸せの黄色いハンカチ」の記念館があるそうですが
この映画の ど真ん中世代は もうおとなになっちゃったものね すいてるそうで・・
ああいった青春旅は いまでもみんなちゃんと体験してるのかな
おそらくずいぶんスタイルは変わってきているのではないだろうか・・

これは小樽の「北一ガラス」のショップ周辺  数年前より ぐっと様変わりしていました
d0082944_1194228.jpg




ところで 30年ぶりという浦和の良樹君 おおおおおお ようこそ♪
当時耳にした「ペンネ-ム」の仲間たちも おりますよ 横同士も会話してね
みんなももう おと~さんたちです
本名そのほか色々は 非公開コメントでも かまいませんよ♪

ついでに 今月銀座にお出かけ予定の方は
銀座名物月刊「銀座百点」を どうぞ・・
HP下の加盟店に置いてあり 無料配布しています  (久々に文章書いてます)
銀座のとなりが築地  映画でもこのことはポイントですね  
Fumi Fumi Sta~tio~n ♪
男子(!)はさあ 
だいだい若い時分に 北海道旅行を経験している人が多いのではない?
自転車 テント 或いは2輪 4輪であっても あの「でっかいどうさ」を
my青春時に 体感している人が多いのだろうな と思う  うらやましいス
女子ふたり旅には 青春はないよ  わかるかな この感じ・・・
かなびぃちゃんは どうだったんだろ

しっかし北海道は おとなになってから行くと やっぱムード歌謡か演歌だな^^;
北空港♪ 北空港  こちら↓は小樽のひとよなんだわあ
d0082944_3501479.jpg




で ベタな記念写真~寿司屋横丁へは行かず 一路札幌へ・・・
d0082944_413722.jpg



Fumi Fumi Sta~tio~n ♪ 遠洋漁業じゃあ なかったス
d0082944_1192972.jpg


北海道で海辺じゃない遠征は 初めてかもしれないな
少々の小雨は 結局は車の移動時のみでね せ~ふ(^^)v

きれいな駅ですね 美瑛(びえい) ♪ 白樺~~♪♪

d0082944_123183.jpg



道内は車を走らせていても 信号がない一本道
両脇は 終わりのない緑の大地 果ては360度緑のパノラマ
ケンメリの木 とか セブンスターの丘 なども立ち寄りました
CFに登場した木 でやんす  どこにいっても景色も <でっかいどう> でした

ついでにどこまでも一直線に続く 牛の群れ 牛飼いサンも大変だ!?
d0082944_126521.jpg




旭川あたりは 訪れた方 或いはご出身者はいらっしゃいますか
海がないのに 戸惑うアタシ!?  ソフトクリームの美味さに喜ぶアタシ♪
Fumi Fumi Sta~tio~n ♪  神輿ハイというのは あるでしょうね
担ぎたいという欲求は 神輿好きの人達にしか わからないかもしれませんが 
08年の波除様の本祭り 6月8日(日) 町内神輿巡行
最後になってくると 終わりたくないという欲も 出てくるわけでね
七丁目の神輿には 最後はなんと300人ほど集まりました

d0082944_0252287.jpg



祭礼委員長は感涙してました
終了後は 手締めの後 外から担ぎにきた各神輿会の幹部が
祭礼委員や 巡行を仕切った若睦(柿色の半纏を着た男衆)の元へ 挨拶に来る
礼に始まり礼に終わるは 武道だけではないのですね

その間 もうすでに神輿の解体が始まります  撤収早っ!
d0082944_0473676.jpg



d0082944_0475348.jpg



こうした一連の作業は 
御仮屋(おかりや)をこしらえてくれた「す組」の男衆の仕事でもあります
す組というのは 江戸の町火消し「いろは四十八組」のひとつ
いまでも 築地周辺が受け持ち地域 で 祭礼のときには
こうして御仮屋を作って 付き合ってくれるわけです
正式には「第一区六番組 す組」
七丁目は 三宅さんという頭を含む3名の「す組」衆が受け持ち
解体作業時になったら3人が 長半纏を脱いだ  ↓前掛けに注目↓
d0082944_102449.jpg

なんと機能的 無駄のないポケットのつきかた
そして注目はコレ ↓なんというのだろう↓
d0082944_182017.jpg


メッシュのポシェット
d0082944_112046.jpg


参りました!