<   2007年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

右のこれ 金目鯛のなめろう!
d0082944_2351993.jpg

そりゃあもお サプライズよ 築地じゃあなめろうは まずしない
金目でこれは贅沢漁師です 銚子の料理屋さんでこしらえてくれました
d0082944_2353014.jpg

生姜と長ネギ 味噌 入ってます まずは 醤油もつけずにいただきました
なんと上品な! なんとあっさりしながらコクがあるというオドロキの逸品
しかもこれを 氷なますで食ってみろといわれた
小鉢に水と氷が入っていて それにこのなめろうをぶち込み ほぐす

混ぜると氷がカラカラ音を立て その後ずずずず・・・

信じられないでしょうが その水が旨いっ!!
私に言われて食べてみたスタッフも 全員水が旨いっ!!
こんなのあり?! おそるべし 金目の品格・・・

あまりに旨くて あっという間に完食してしまい しゃしゃしん とるのわすれたごめん!
朝の9:30には 再度この地におりました
d0082944_22263554.jpg
築地から2時間も
かからずに
漁港に
立っていられる
なんて
しあわせだなあ
魚のプロたちが
水揚げされた魚を
吟味している活気
と殺気のある
雰囲気が
なんともいえない



銚子の金目鯛は「銚きん」といって ただいま売り出し中
d0082944_2234221.jpg

築地にも出荷されております 高価です
金目鯛は 深海のさかなですので その特徴の通り目が大きい
そして その名の通り その目玉(めんたま)はホントに金色なのです

これが 金目の金目
d0082944_22382850.jpg
体表の赤が
金色を帯びた
赤身に見える程
その目の金は
光り輝く
金貨のようです
美しか・・・

刺身 塩焼き
煮付け 素上げ
真冬の鍋
赤は華やかね
Fumi Fumi Sta~tio~n
昼過ぎ大手町の雑踏にて すれ違うぎりぎりでご本人とわかったので
慌ててご挨拶したのが 大手新聞社の社長さんでした
遠目ではほんとにわからなかったのでした
だいだいそういったか方々というのは 遠くにいらしても 雑踏のなかでも目につくでしょう
連れいわく 「完ぺきに<オーラ>消して歩いていましたね」

いいスイッチをお持ちで・・・

それにしても(自分のことは棚にあげて) 非常識な行動をとる人が目にはいってしまうなあ
「腹を立てるということは 相手と同じ次元にいるから」 と言い聞かせ
見なかったことにしよう  フツーでいるのがいちばんむずかしいのですよね・・・





  
Fumi Fumi Sta~tio~n
KOREANの「Pi」というタレントが好きという友人がいて そのお父上が
老後のライブラリー用にと あれこれ韓流ドラマのDVDを 沢山お持ちなのです
で 3作品貸してくださって

今日は久々完全オフなので そのなかの1作品「雪の女王」というドラマを
昨夜から観始めたのでした 1本60分強で16話ね
第1話を真面目に観たら あらら次々と観ちゃって・・・
結局次々次々と とうとうぶっ通しで16話まで行っちゃったら 今日の17時だった・・・
食事もせずに次々と よくもまあ

ああもお DVDって罪ですなあ  もおへとへとです(・_・)
ついでについ泣けてしまうでしょう  ああもお まぶた腫れてる腫れてる
この腫れを引かすには 冷蔵庫で冷やしたスプーンの腹をまぶたに当てる
を 教わりました
これ以上の 即効ってあるのかしら・・・・
Fumi Fumi Sta~tio~n お暑いことで・・・
湿度が高いというのが 不快なのよね 喉が鳴るでしょうビビビビール
d0082944_2239413.jpg

今週は 江戸前のさかな三昧だったのですが
こういう美味しいものは 別腹(べつばら)ですね  小鯵干物の唐揚げ


ところで 銚子で食べた店のどこも 醤油はヒゲタの「本膳」でした 
地元ですもの 当たり前ではありますが 私もつけ慣れてる味なので
刺身も素直に さかなそのものを味わえました
Fumi Fumi Sta~tio~n
結局台風の影響で 銚子の港には魚があがっていなかったので
予定を早めて帰京しました
「遠くへ行かない」結果オーライ 車で移動していたおかげで
我々は無事に帰京できましたが 
昨夜は 帰路の足を絶たれ帰宅できなかった人達が大勢出ていたようで・・・

お勤めのみなさま 本当にお疲れ様でございました

我々は 銚子漁港へは後日改めて向かいます また早朝起床でね(文ё.ё)ノ~
ここは外川=とかわ と発音します
d0082944_171125100.jpg

ここ 外川漁港でも やはり船はこのように堤防の内側に非難
一見穏やかな港の風景でしょう でも海の方に目をやると・・・
d0082944_1713513.jpg

時化具合が どれほどのものがわかるでしょう
海を甘く見ちゃあいけない (気になったのは「文治」という名の民宿)
d0082944_1720139.jpg


d0082944_17224916.jpg








だども
看板(の雰囲気)

偽りあり
だった!?
ここが 銚子漁港
d0082944_16431827.jpg

銚子は 外房のちょっと出っ張った角っこ
もう海は 漁へは出られないほど時化(しけ)ているので
堤防の内側に こうして船が非難してきていました みわたす限りこの景色
d0082944_16572156.jpg


銚子は 船橋よりもっと漁師町だった
この手前の店で 銚子名物のサプライズ料理を堪能
詳しくは 9月30日(日)朝7時 「遠くへ行きたい」日テレ・よみうりテレビ系にて
地元では 三番瀬=さんばんぜ と発音していた @船橋
d0082944_1324831.jpg

三番瀬(さんばんぜ)とは 遠浅の干潟です 
これからは 秋のあさり そして海苔づくりも始まります
向こうのビル群が なんともいえないでしょう その先にディズニーランドがあるのよ
きのう海(漁船)から見たソレは ほんとに埋め立てた人工島でした

今朝は5時からあさり漁の船に乗せてもらい この三番瀬に出て行きました
う~ん あたし漁師のヨメでもよかったかも
ここは 残しておかねばです

久々連日3時半起きで 一日が長いこと!
江戸前の旅はつづく  でも台風の影響で海荒れてきました・・・
たどり着いたのは ここだった・・・
d0082944_12465752.jpg

早朝5時に 船橋から漁船が かちどき橋までお迎えにきてくれたのだ
漁船で江戸前でクルーズしながら 「遠くへ行きたいかない」(?)の 始まり

船橋は 千葉の内房
船橋漁港は 東関東自動車道と京葉道路という 
ふたつの高速道路に挟まれている都会の港
写真の奥に 東関道が横切っている 左がディズニーランド(浦安)~成田方面

さば いわし あさり 海路1時間で漁師町に着いたなんてアンビリ
みんな訛ってるし こどもガキは可愛いし ノリはいいし 
ゴム長はきっぱなしで 一気に馴染んでしまった


まさば ごまさば すずき そうだがつお こういか このしろ・・・ 地魚の刺身いただきました