2月25日(水)  ぶり尽くしの会 その1

おまたせいたしました 2月22日(日)に開催された 千秋2月の恒例イベントは
ぶり尽くしの会 でした さっそくその献立からご覧ください

d0082944_3143194.jpg


この献立を見ただけでも かなりそそられてました 私は久々の参加でしたので一層です
まず出てきた【先付け】2品は 七尾から取り寄せたそうです
こちらが かぶら寿司 22日(日)に食べると言ったなら 当日の朝に到着したそうです
d0082944_3502212.jpg


米麹に漬け込んだ ぶりが挟まったかぶです
私の卓では 私を含む5名とも初体験でしたが 大好評
かぶは みずみずしく かつ歯ごたえがあり ぶりは塩がきいていて柔らかく 
麹の酸味と甘さに 程よく合って・・・
この按配が かぶら寿司のたべごろ ということなのですね
それにしても なるほど こっちは焼酎ではなく日本酒圏なのだなあ と実感する味でした


そしてこちらが 巻きぶりです
d0082944_3231377.jpg


見た目同様 味は 塩味のぶりの ソフトな燻製風 です 
ちょちょっと口に入れ きゅっとひとくち って感じを やりたくなる味 ぶりの滋味が染み入ります
なので今回は 迷わず日本酒【能登ほまれ】になりました

ところでこの 燻製風ぶりを なぜ巻きぶりというか・・・ 
そのわけが↓こちら↓の写真 
d0082944_3171755.jpg



昨夏 七尾の老舗昆布店しら井さんを 訪ねた折
おかみさんが 「私が初めて巻いたぶり」 と言ってみせてくださったので 記念にパチリ♪
どれが巻きぶり??  ↑ 看板の「しら井」の右手 にぶら下がっているでしょう
なんか縄で巻いたようなものが5本 それが巻きぶりです
藁(わら)でこしらえた縄です この巻く行程が 難儀らしい

検索していたら体験記が 見つかりました
内容も 様子も 「しら井」のおかみさんが教えてくださったことと同じでした


ついでながら 能登ではなく 富山にもぶりの干物があります
私はこちらの方を 先に知りました 富山湾沿いの新湊で作業場を見せてもらったことがあってね
富山のは燻製ではなくて かちかちの干物  行程も手間暇かかる 
かちかちですから うす~くスライスして レモン汁や酢をかけて柔らかくすることもある
しかもその干物のことを 富山では「いなだ」というのです
説明こちらをスクロールしていくと写真もありました

いずれも 干物にするのですから 脂ののった寒ぶりではなく 若魚
築地(関東)でいうなら「いなだ」 かの地では「ふくらぎ」と呼ばれる時分の 
若魚の極上品でこしらえます


能登より先に 富山を知って 
初めて訪ねた氷見の 地元衆に魅せられて・・・
「あの一帯」を好きになってから もう10年以上になるんだわあ
果たして築地のヨメになっていなかったら 富山・石川への見立て
これほどになっていたかどうか
U~nn なんか巻きぶりをつまみに 「能登ほまれ」を飲んで
イベントの冒頭から すでにご機嫌だったです  そこに小川サンがやってきて 
「今回は 食事は氷見うどんだぞ」 
「(゚o゚) (゚o゚) (゚o゚)」

                   
                                              (つづく)
Commented by アリスとテレス at 2009-02-26 10:58 x
「巻きぶり」初体験でした。
生ハムのようなとか鮭トバのようなとかの表現ですね。
あるいは『ハモン・セラーノ』の皮に近い方かなと思ってました。
一気にほお張るのではなくチビチビですね。味が出ます。

話は変わりますが、「ビンゴ」パート2、時間がなく3日目、5日目、7日目と分けて食べましたが、時間がたつほど脂っこくなるものの品質には全然問題なくむしろ好みです。
やっぱり牡蠣はレシピ通り『加熱用』ですね。
Commented by DJfumi at 2009-02-26 15:19
【ビンゴ】は 日がたったものは 軽く炒めても美味いよ(^-^)
Commented by すがぁら at 2009-02-26 22:13 x
おおぉ~、地元の食材だぁ~(^▽^)
かぶら寿司、大根で作るときもあるんです~。
北陸も魚どころ、福井の越前ガニ、石川の甘エビ、富山のブリやホタルイカ、etcetc…
あ、あと、ふぐの卵巣の糠漬けは召し上がったことありますか?
石川の一部でのみ作られてる糠漬けで、3年以上漬け込むとふぐの毒が消えるそうです。
これもまた、日本酒に合うんだ(^ー^)
Commented by アリスとテレス at 2009-02-27 00:20 x
文さん、そうですか、炒めるんですね。
今度やってみます。

この「ビンゴ」手間からない割りに我が家ではポイント高いです。
例えば、3年ぐらい続けていた『ぬかずけ』。確かに美味しいのですが
手間ヒマかかりすぎで去年断念しました。
料理は結構好きでいろいろやるのですが、効率を考えながら楽しんでいます。
そういえば、某料理番組のレシピの分量が4人前から2人前に変わりましたね。
時代ですね。(オットー)
Commented by DJfumi at 2009-02-27 01:18
うん 炒めるの
といっても オイルたっぷりだから 炒め揚げ ですかね
あまり火を入れすぎると 牡蠣が硬くなるので注意φ(._.)memo
熱々に 醤油をたらり もいいよ♪