3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業

Fumi Fumi Sta~tio~n ♪
老舗旅番組「遠くへ行きたい」の1900回記念番組にて 
実に美味い と うなるような鍋をつくろう ということになり 
その具材を求め 遠くへ行っている文さん  
過去番組で訪れた のべ1899箇所の 各地元の逸品から 
反響のあったそれらを さらに厳選
その結果選び出した 鍋にふさわしい具材 しかも今の時季に求められるその逸品を求め・・
岩手~宮城・気仙沼(唐桑)→ここで真っ白な牡蠣を手にいれ
その後~仙台~伊丹~鹿児島と渡り 
果ては屋久島に上陸し(てしまっ)たわけでした(^∇^)
もちろん膝までのゴム長を担いできたあたし  船がでるぞ~~~




ああ 早朝のこの海原・・・

3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_12505411.jpg


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_12511590.jpg


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_12513710.jpg


♪ 美しすぎて~~ 君がこ~~わい~~♪
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_12542673.jpg




こわくない こわくない この日の朝は ベタ凪(なぎ)(^-^)

3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13154886.jpg


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13182052.jpg


漁師のスイッチ ハイリマシタっ

おお あれに見えるは 上陸初日に海岸から遥か眺めた屋久島灯台・・
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13203114.jpg








                                    ↓
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13214399.jpg


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_1322418.jpg


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_132235100.jpg


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13225921.jpg




船を出すこと一時間 この船でこの設(しつら)えで さあいきますぞ
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13472461.jpg


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13475873.jpg



で あたしもちょこちょこ 邪魔にならない程度にお手伝い
を 始めたのですが。。。
そうですよねえ 奮闘中は写真なんか撮っていられませんよね
いったいこのあと どんな様子だったかは 番組用のカメラしか 記録しておりません
なんだ・・  



しかしながら 船長の鞆(とも)さん 帰路のこの顔♪
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13543355.jpg


で 漁ったものとは・・・
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_13552471.jpg




さ・ば

サバはサバでも ここまで南にくると 真さばではなく ゴマさばです
腹の中央 横一線にゴマのように斑点が並んでいるでしょう
それでこの名がついたのです ゴマさば

しかも 一本釣りののち すぐさま船上で首を折って活け締めにするので
首折れさばと 呼ばれています
こうすると 血抜きが素早く完全に出来るので 足のはやいサバにはこの方法が最適
となったのでしょう
首を折って締めるというのは 大雑把なイメージとしては
エラの内側に指を入れて 喉の部分を割り開く といった感じかな
で 船上写真に赤いバケツがあるでしょう
折ったさばを そこに頭から突っ込むと バケツの海水がみるみる内に
まるで クランベリージュースのような 透明な鮮やかな赤にかわるのでした

さば エラの下に隙間があるでしょう それはその処置のなごり
以前行った 船橋漁港でも 真さばが水揚げされたら同じことをしていたな

10年前の放送では 同じくこの漁師の鞆(とも)さんが漁ってきたゴマさばで
サバすきなるものを ご披露いただいたところ 
これが絶賛されたそうなのでした
で それから10年後 
今度は不肖わたくしめが 10年後の鞆さんちで 10年後の鞆さんがさばいたゴマさばで
その サバすき  賞味させていただきました
漁ってきたばかりのゴマさばも いただいてきました
・・・味に集中してたもので・・・写真 撮り忘れました  すいません(-_-;)
放送は 4月6日(日)です  例によって別日放映地域があるのでしょう

で このゴマさばも 鍋の具材にする予定
そして もうひとつ もっと大事な食材が この屋久島にあったのでした


3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_139294.jpg


屋久島のゴマさばは このようにもなります
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_141371.jpg



サバ節は 主に そばつゆなどをつくるときによく使われます
が 屋久島では この節をゆでたあとの ゆで汁を 捨てないでさらに煮詰めるのです
煮詰めて 煮詰めて 2日間 煮詰め続けていくと・・・
3月17日(月) This is ザ・遠洋漁業_d0082944_144637.jpg



さばを煎じて出来た 濃縮さばエキスが出来上がるのです
チョコレート色の水あめ状になった 香ばしくて品のあるさば味
濃厚な 添加物ゼロの 屋久島限定 幻のサバの煎汁(せんじ)

コレハスゴカッタ

さあ おいしいとうなるような鍋は 出汁も重要な決め手です
これを求めに 屋久島までやってきました
杉もいいけど 海はもっといいぞ~~~  だって美味しいんだもん(^-^)b


牡蠣 さば 煎汁  あとはなにがそろってきているのでしょう 
どんな鍋になるのでしょう・・・  
by DJfumi | 2008-03-17 23:34 | fumi fumi コラム | Comments(3)
Commented by 三陸村上商会 at 2008-03-19 04:54 x
煎汁…味の想像がつきません。あとは番組を見るしかないのか。あれっ…こっちでやってる?

しかし面白いですね、サバじゃないもので同じようにしたらどうなるのでしょう?
心当たり、試してみます。
Commented by アリスとテレス at 2008-03-19 16:01 x
あとは『能登野菜』もあれば、すっごい鍋になるんでしょうね。
それにしても「サバ煎汁」食べてみたいですね。

↑ 木曜AM9:55~「宮城テレビ」らしいですね。
Commented by ぷぅ at 2008-03-19 17:32 x
> ♪ 美しすぎて~~ 君がこ~~わい~~♪

なんぜ野口五郎なの?と妙なとこで反応しちゃう私(^^)
でもなんかわかるな~ この写真すっごく素敵デス☆