9月22日(土) 「赤い魚を食べる会」 その3

赤い魚 フルコース (つづき)
9月22日(土) 「赤い魚を食べる会」 その3_d0082944_15161131.jpg


小鯛の酢締め 若狭湾
9月22日(土) 「赤い魚を食べる会」 その3_d0082944_15173734.jpg

小鯛と聞いちゃあ 若狭でしょう
有名なのは 笹漬けですが これはもっと柔肌のようで 優しく繊細な
そしてやはり 上品さがありました

ほうぼうの唐揚げ 七尾(石川県)
9月22日(土) 「赤い魚を食べる会」 その3_d0082944_1829457.jpg



9月22日(土) 「赤い魚を食べる会」 その3_d0082944_18301176.jpg
あっさり

ですから
塩の味が大事
このあっさり感を 
けっして
消してしまわないのが
粟国(あぐに)の塩の
巧みなところかな
ほこほこ 
おいひかった・・・



さて最後は品書きによると <本日のお食事>
同じ卓の加〇くんと〇江さんは この品書きを目にしたときに
「小川サンのことだから ただの『食事』ってこたあ ないでしょう」だったそうです
そしたらさ 白いご飯とおしんこ だけしか出てこなかった  だめじゃん・・・

そしたらさ こんどは 氷水の入ったボトルが出てきて・・・これよ!
9月22日(土) 「赤い魚を食べる会」 その3_d0082944_18523133.jpg


き き 金目鯛のなめろうですよ~~♪♪♪  万能ねぎ 生姜 味噌 塩
実は小川サンもこのなめろうを見て「食いてえ」と思ったそうで
で この「赤いさかなを食べる会」を思いついたらしいのでした

ところが ここのところ台風余波で銚子の金目が 少ない高い・・・・
困っちゃってたようで 
で この日のは 御前崎の金目鯛  でも どこのだろうが食べてみたかったわけで
みなさま大歓喜ヾ(^▽^)ノ 歓声で店が揺れた!?


さて このなめろうの食べ方は・・・
まず 氷なます  つまり なめろうに氷水を注ぎ ほぐす
それを しゅるしゅるかっ込む 
つぎには そこにご飯をいれて またまたかっ込む
9月22日(土) 「赤い魚を食べる会」 その3_d0082944_1923656.jpg


なんかね みんなでこんな一体感を持って食事をするってことは
いまだかつてなくてね ものすごく愉しくて格別な味だったなあ
みんな わいわいきゃあきゃあ言いながら 食べましたっ♪
同席させたかったなあ・・・

当分余韻に浸れそうです  ごちそうさまさま でした♪♪
Commented by 築地@名古屋 at 2007-09-23 22:12 x
御前崎の金目 略して OMA・K 
お食事のおまけはすばらしかったです
丼で食べたヒ
Commented by DJfumi at 2007-09-23 22:15
築地@名古屋さん 遠くからわざわざ どうもありがとうございました
その甲斐があったかな
高速バスおつかれさまでしたね ありがとう
Commented by ミスタードンキー at 2007-09-23 22:17 x
小川さんの言葉の意味がここでわかりました!じらされた末に(?)出てきた今回のメインディッシュ「金目鯛のなめろう」に大歓声!!!思わずごはんをおかわりしてしまいました。・・・う~、余は満足じゃ~!!
Commented by K-DMC at 2007-09-23 23:42 x
こんばんは。

最近は参加者としてのイベントレポを楽しみに見ていましたが、今回は
参加できなかった者としてレポを見ていますと、非常にショックと言いますか
逃した魚は大きかったんだなと痛感させられました(ーー;)

次回からは、こういう貴重な魚たちを逃さないよう皆勤で参加できるよう
努力したいと思いました^^; ん~キンキの煮付けが食べたいです~
その他も食べたいですが・・・
Commented by DJfumi at 2007-09-24 00:07
K-DMCさん 茂木のレース かなり愉しかったでしょう が
こちらもか~なりいがったですよ
あああ 
キンキの煮付けを どんぶり飯で爆食させてあげたかったなあ(文ё.ё)ノ~
Commented by 分かりやすいチョウ at 2007-09-24 09:48 x
うちのテーブルでもご飯とおしんこだけ出された時、不平不満の嵐でした。
 「まさか、おしんこだけでご飯を食べろ とでも?」

 「小川さんのことだから、もしかしたら、ご飯が違うのかも知れない。
  ブランド米とか」
 (食べてみて)「いや、普通のご飯だ」

その後、金目鯛のなめろうが出てきた時の狂喜乱舞の凄まじさ
小川さんの"じらし"にやられちゃいましたねぇ
Commented by アリスとテレス at 2007-09-24 23:22 x
いまだ余韻に浸れるって、やっぱり小川さんは「マジシャン」ですね。(本物がいましたが)

最後ご飯とおしんこが出て来た時は、やったねと思いました。
だって、キンキの煮付の汁残しておいたので。
「金目鯛のなめろう」と2倍楽しませていただきました。