9月11日(火) 一路銚子へ

朝の9:30には 再度この地におりました
d0082944_22263554.jpg
築地から2時間も
かからずに
漁港に
立っていられる
なんて
しあわせだなあ
魚のプロたちが
水揚げされた魚を
吟味している活気
と殺気のある
雰囲気が
なんともいえない



銚子の金目鯛は「銚きん」といって ただいま売り出し中
d0082944_2234221.jpg

築地にも出荷されております 高価です
金目鯛は 深海のさかなですので その特徴の通り目が大きい
そして その名の通り その目玉(めんたま)はホントに金色なのです

これが 金目の金目
d0082944_22382850.jpg
体表の赤が
金色を帯びた
赤身に見える程
その目の金は
光り輝く
金貨のようです
美しか・・・

刺身 塩焼き
煮付け 素上げ
真冬の鍋
赤は華やかね
by DJfumi | 2007-09-11 22:33 | fumi fumi コラム | Comments(1)
Commented by モッヒー at 2007-09-13 18:16 x
ほんと金貨みたいですね。
それにしても文さんはほんとにお魚がお好きなんですね^^