7月16日(月) 「嫁ヨメコラム」#47 番外編

「嫁ヨメコラム」#47 ビッグコミック14号 掲載内容は
「わか家には主婦じゃなくシェフがいる」の件 そのきっかけ事件暴露と
ホントにヨメは料理ができない のかの検証?

そのなかに 小川家ならではの家庭料理のタイトルが登場しています
   鶏手羽先の豆板醤煮
   2ブランドのカレー粉をつかった豚バラカレー
   風邪もぶっ飛ぶ特製ほうれん草鍋


これがそのひとつ 鶏手羽先の豆板醤煮d0082944_1440559.jpg
手羽先を炒める
水を入れ
生姜 ニンニク
塩 醤油
豆板醤を加え
30分ほど
煮込む

できあがり

残ったスープは
ラーメンつゆ
うめっ!



鶏肉は 築地で調達
これ 超柔らか しかも食べてる先から 唇がコラーゲンでぺとぺとになります
1kこしらえたら 2回で平らげるくらいかな

ワタシは料理らしい料理もできないしょうもないヨメですが
このブログに載せてるもの (たとえばこういうものとかこんなもの)は
どれもかんたん おいしい えいようもある しかも 失敗なくつくれるものばかり

ひとりでも ちゃんとしててほしいから なんですよ(ワタシがそうじゃなかったからね)
栄養は 食事から を 築地にきてほんとに実感しているのでね
よろしくね 
Commented by ユウ at 2007-07-17 23:47 x
お料理って必然性があれば作らざるを得なくなってできるようになる面があると思います。私の家は両親が自分がまだ小さいときに離婚して、男所帯でみんなそれぞれ勝手にお料理してご飯を食べていたから一人暮らしをはじめた時もなんら困ることも無かったです。ただ、お客様にお出しするようなもてなし料理は出来ないですけど。
小川さんはプロになるために必然だったでしょうし、女将さんも主婦として当時は必然だったと思います。お料理をしないで生きられるのはとても幸せなことだと思います。でも文さんはコラムを読む限りまったくお料理が出来ない訳でもないみたいですし、必要に迫られれば出来るようになるのではないでしょうかね。
Commented by ひでのん at 2007-07-18 00:54 x
文姉さん(o≧∇≦)oお久しぶりです。
地震が起きて大変な事になってます。・・・
中越地震から、立ち直ってきたかと思ったら、中越沖地震・・・
被害は少なかったですが、、精神的には追い込まれてると思います。
甲子園予選の最中でもあり、試合は中止、球場は壊れる事態です
少しでも早く、落ち着いた生活に戻りたいですね、震源地の近くでは
家がたくさん潰れてしまったそうです・・・  地震は怖いですね

文姉さんの、紹介してくださる料理は、一人暮らししたときに役立てさせていただこうと思ってます(`・д・)ゞ
次はどんなレシピを教えていただけるのか楽しみです(o≧∇≦)o