10月22日(日) 沼口さんちの お煎餅

Fumi Fumi Sta~tio~n  平野 文です ども

昨日つづった 沼口ゆき先生のご実家のお煎餅屋さんの
草加煎餅を食べると 煎餅の味の決め手は 
生地のこしらえ方 と 焼き加減 と たれの味かな と思う

で むか~し たれを 化学調味料等を一切なし に切り替えたそうなのです
すると その当初 「味が落ちた」とか「美味しくなくなった」
などという苦情がよせられたそうです
(安倍司著「食品の裏側~みんな大好きな食品添加物」は読みました?)

沼口さんちのお煎餅は 煎餅らしい味がする
生地も 焼き加減も たれの味も どれもがです 米の香り 醤油の香りがする
で 東京の何軒かの煎餅店は その煎餅生地 と同じものを 使っているのです
大手飲料会社のペット茶や缶コーヒーが 自社製の原料(茶葉や豆)ではないことは
知っておりましたが へえ 煎餅でもそういうのはアリなのね と感じ入った次第です

いつだったか その 東京の有名煎餅店のソレを 食べてみました
すると あれ!? 生地の食感は同じなのに・・・ だったのですよ
で 原材料を確かめてみると
たれ に 「化学調理料(アミノ酸等)」 とありました
同じなのは 生地だけだったのね・・・

食品添加物に対しては  特に「化学調味料(アミノ酸等)」の入ったものは
どういう味がするものかを  舌が記憶してしまうと
ある意味では 不幸に なるのだろうと思う
 
「知らないことの幸せ」は この場合にもあてはまるけれど
知って食べて不幸を 感じたら
食べざるを得ない状況でないのなら だんだん控えていけばよい
するともう 食べたくなくなるよ   でもなあ どうしたらいいのだろう

安さ 便利さ と 上っ面の旨さには コレはもれなくついている よね・・・・


悩みながら聴きますか  井上陽水  名曲 傘がない
Commented by ユウ at 2006-10-23 04:13 x
子供の頃から、 真っ赤っかなあるいは真っ青な駄菓子を食べて。安い加工食品が食卓に並び、野菜は農薬ずけ。魚は化学汚染・・・、そんなものを食べてきているので自分は不幸なのでしょう。本物の味を知らないから、食べたら味が物足りないかもしれない。どうしても値段優先で食品を買うから、なかなか抜け出せないでしょうね


傘がない 今日の天気にぴったりですね、

Commented by うぐいすもち at 2006-10-23 10:13 x
数年前に患ってから原材料を焼いたり煮たり蒸したりしただけのものを少しの塩や砂糖などの原始的な調味料だけで味付けしたものを食べることが多くなり、確かにいろんな濃い味になれてしまっていた自分を実感することになってしまいました。
今では、すごく薄い味にも敏感になりましたが、人間の感覚って本当に怖いなぁ(どんな濃い味にでも適応してしまうという)と感じましたね
Commented by たかちゃん at 2006-10-23 13:55 x
毎日楽しく拝見してます。私もあの本を読みました。後輩の家はお肉屋さんですが、自分の家以外の肉は決して食べません、何故牛肉があんなに綺麗な赤い色をしているか知ってますか、それ以上は余り話しませんが。スーパーのお刺身にも添加物が有る事が書いて有ると何を食べて良いのか分からなくなります。
Commented by TA at 2006-10-23 20:33 x
文さんこんばんは〜雨降ってます…近くのコンビニにてカンタンな食料を調達して雨のさ中にマクドで休憩してまふ〜

食品添加物の話ですが…難しい問題です。安くて誰もが同じ味の食べ物を大量に生産するには食料品に添加物が入るのは仕方ないかも…ただ消費者にわかりやすく添加物が使用してあるか否かを選ぶ選択肢はあればいいが今の食品に添加物がないものを探すのは難しい…自分で原材料を調達して調理するしかないなあ…

リクエスト曲 アリス
チャンピオン