9月18日(月)  看破されるもの あれこれ・・・

Fumi Fumi Sta~tio~n   平野 文です ども

さて 読書の続きね
どんな作家が好みで どんな作品を読んでいるか ということだけでも
やはり 多少は看破 されてしまうかな 
だから雑誌でも 「この人の書棚拝見」 などという 特集記事を組むのかもしれない

看破とは・・・ 隠されていること 背後にあるものを 見破ること

つまり 思いがけず その人の本質が見えてしまうこと
たとえば ゴルフ麻雀 はその好例だといいます 
ある交響楽団の常任指揮者のIさんは 演奏 でもそうだ といい
銀座のシャンソンサロンのママは 唄い方 にもその人が出る と言い切った
ついでに 食べ方 でも・・・・
だから「こんど是非食事でも」 という誘いは 意外に本能なのかもね(苦笑)

読書の好み というのは それらなどに比べれば
もう少々ライトで 同じ看破されることでも その人の本質というより
好みが わかっちゃう ぐらいに私は 捉えている

たとえば 好きな相手の いままで読んでいた本などを知ったら
自分とは正反対  まっったく共通項なし
とわかってしまった場合は どうするか・・・
「あら そうなら 私の好みが 2倍になるわ」 と思うことにしている

好み なんてのは しょせん嗜好 ですからね
認めることが 大事  映画やスポーツ観戦でも同じこと
けれども 行為の方(食べ方なり唄い方など)で 
生理的に受け付けない部分があったなら それは・・・
深入りする前に 俯瞰の目線 を持った方が得策だ
私はそんな風に教えられて ここまできた


さてみなさまは この秋 新たな出会いが あるやなし?


  今日は   MISIA あたりで  Everything   なぞいかが?
by DJfumi | 2006-09-18 23:49 | fumi fumi コラム | Comments(0)