9月2日(土)  座右の銘 ・ 青春編 その2

Fumi Fumi Sta~tio~n

平野 文です ども
好きなコトバを語るだけでも 看破されちゃうでしょうが・・・


           人生は 果てしなき バカンス
          日々は 果てしなき パーティー




なんとも お気楽ですが  どお コレ

多感な高校時代ってのは 
多方面から刺激を受けて それをまた 砂漠が水を吸うが如しに
どんどん 吸収しちゃう
で 結局築地に嫁ぐまでは 私の精神は 本気でコレでした
なにしろ 仕事が最優先で 公私とも 仕事のために投資して
それがまた 愉しくもあって・・・・

ま だんだん世の中の仕組みがわかってくると
そんな お気楽気分では 暮らしていけなくなっちゃうのですがね

とはいえ 杉山友秀クン yanchunさん hoサン
たまには コレ 意識していたいじゃない? うぐいすもちさんは いかがでしょう
やっぱ おとなが永くなると こんな気分には戻れないのかな 平野ですサン  G3さま


今日は  陽水さんの歌声がいいな

               井上 陽水さん  Tokyo   いかが

                              街角までが 歌を奏でる って
by DJfumi | 2006-09-02 23:11 | fumi fumi コラム | Comments(2)
Commented by うぐいすもち at 2006-09-03 08:49 x
おはようございます。
三重県地方は、さわやかな青空が広がっています。

>おとなが永くなると こんな気分には戻れないのかな
私の場合、50代が目の前ですが、実感として感じますねぇ
でも、子供達がうる星見て笑い転げたり、涙ぐんでいるの見ると、不思議とそのころの感覚が戻るような感じもします。
大人を永くやっていても、根っこのところは変わらないと言うことなのだな と思うんです。
ちなみに、陽水は「東へ西へ」がお気に入りでした(笑)
Commented by 杉山友英 at 2006-09-03 23:58 x
長男が生まれてから早いものでもう15年です、それまで子供だった自分が、子供の成長と共に少しづつですが、親として大人としての自覚が芽生えてきた感じです、でも子供と遊ぶ時はまだ子供で叱る時は親の顔になったりまだまだ半人前ですが、それでも親になったからには子供達を一人前の人間に育てる用に、今も頑張っています。