魚河岸三代目 千秋 とは・・・

>>プロフィールTOPに戻る

魚河岸三代目 千秋 とは
小学館ビッグコミック誌に2000年5月より連載中の 「築地魚河岸三代目」 
そこから誕生した 築地ならではの 魚河岸料理を味わえる店 です

店の「千秋」という名は 
作中に登場する魚河岸仲卸業三代目の 主人公・旬太郎たちが
自分の「目利き」した(選定した)魚を 自らの舌でも確かめるために
そうした魚を持ち寄って食する馴染みの店 「ちあき」 に由来しています
作中「ちあき」のイメージ通り カウンターだけのささやかな店がまえで
2004年12月21日に開店しました

その後同じビルの地下に 個室スタイルの
「千秋 はなれ」を 2006年1月26日に開店した というのがいきさつです

さかな料理に関して このヨメが河岸で教わったことは
さかな料理というのは 素材の味を 最大限に生かすため
料理人は 必要最低限の手しか 加えません
ですから さかな料理が旨いかどうかは そのさかなを選ぶ 「目利き」の腕次第 ということです
そういった 魚河岸の魚のプロが選んださかなを口にすると・・・


      さかなには 香り がある


「千秋」では それを 体感していただけると思います
気取ったり洒落たりできる店では ありませんが
さかな好きの方には 期待以上の 味のおもてなしだけは
店主である魚河岸三代目小川貢一本人の 築地気質にかけても 
確実に ご提供させていただいているはずです 
それも 格安に





by DJfumi | 2006-08-07 20:11 | Comments(1)
Commented by 福野勝彦 at 2008-08-20 11:09 x
 小川さん 平野さん

 魚には 香り がある


 これ いいですね。
奥能登 さんなみさんでは 失礼しました。

 今後とも よろしく御願い申し上げます。