2月18日(土) 東京會舘と新喜楽

fumi fumi sta~ti~on ♪

17日(金)東京は 夜はちょっとだけ みぞれ模様でした

芥川・直木賞受賞式が あったけれど
この会場の 東京會舘というのは
イメージ的には 東京人の通好みの場所 という感じが 私はする
とりわけ築地の人たちは、東京會舘 贔屓にする
喫茶のマロンシャンテリーや クラブハウスサンド 
そしておみや用の プチフール ショートケーキもいいな
どれも昔っから 同じ味でね

片や、長年選考場所になっている 料亭・新喜楽は
築地にあるのね 前にも話したけれど
場外には 朝からあれだけ買い物客が来ているけれど 
それを知る人は おそらく ほとんどいないのではないかな

「千秋」から、歩いて100歩w
選考当夜の表通りは 店を囲むように黒塗り車が連なるので
その特別感は 部外者の私でもワクワクする
永田町の 黒塗りが連なっている夜とは なんか 匂いが違うのよね

このあたりの一角は かつては花街であったということ 
だから 新喜楽の目鼻先に 同じ 料亭・金田中(かねたなか)があるのも
その名残 なのでしょうね

戦前生まれの築地の大旦那衆は 
小学校へも この一帯を抜けて通っていたわけだし
今も 新内などは お手の物
粋が匂い出ているのも 当たり前 ということかもね

艶っぽい というのも  いいよね