Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2016年 07月 20日

初心者のための外貨投資 (2)

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは。
オースオラリア在住のファイナンシャルプランナー、鈴木竜一郎です。
イギリスのEU離脱決定を受けて、為替が急速に円高が進みました。今日現在は、離脱決定前に近い為替レートに戻り、落ち着いた動きになっているようです。世界的な経済環境の不確定な要素が多く、為替が乱高下する可能性は相変わらず高いように思えます。直近で円の動きを決めそうなのが7月28-29日に予定されている日銀の政策決定会合です。マーケットには追加緩和への期待感が蔓延していて、万が一現状維持や期待はずれの追加緩和だった場合には、再び一気に円高に振れる可能性があります。そんなこんなで、マーケットの状況を注視しつつ外貨投資について勉強を進めていきましょう。

どの通貨を選択するか

外貨投資する通貨として一般的なのは、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドルといったところでしょうか。今からヨーロッパの通貨に投資をするのは怖い気がするので、これから始めるには米ドル、豪ドル、カナダドルのうちから選択するのがいいでしょう。お試しで外貨投資をするならやはり米ドルがお薦めです。毎日ニュースで「為替と株の動き」が必ず報道されますが、ここでいう為替は日本円とアメリカドルの交換レートの動きであることが一般的です。自分から情報を探さなくても、毎日動向を知ることができます。また、米ドルは基軸通貨として使われているので、米国だけでなく多くの国でそのまま使えてしまいます。

初めての外貨投資では定期預金などで運用するので、高金利で運用できる通貨を選ぶのもいいでしょう。円定期なら限りなくゼロに近い金利しか期待できませんが、豪ドルで定期預金にすれば、金利が下がったとはいえ2.5%ほどの利回りになります。外貨で預金をする場合、その通貨を発行している国の金利がベースに適用されますので、日本国内で運用しても高い金利を得ることができます。

海外旅行が好きな方なら、旅行先の国の通貨で運用する方法もあります。外貨投資を始めると為替差損や為替差益が発生しますが、これは円に換算した場合のことです。交換した外貨の価値が上がったり下がったりするわけではありません。円に換算すると100ドルが80円になったり120円になったりしますが、現地では100ドルとして使えるわけです。現地の通貨としてホテル代や現地の食事代などを支払えます。今のところ、パスポートを持参して現地の銀行の窓口に行けば、現地の銀行口座を開くことができます。銀行口座開設ツアーなどをされている業者さんがあるようですが、業者さんや自称エージェントさんを通す必要はありません。

次回は外貨投資のリスク、注意点、現地(海外)で投資するメリットとデメリットについて説明します。
by lifeplaning | 2016-07-20 13:00 | 鈴木 竜一郎
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.