Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2016年 06月 01日

住宅ローン 次の一手

「ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの恩田雅之です。」

日銀がマイナス金利を導入して以降、住宅ローンの金利も一段と低下しました。
最近、住宅ローンを組まれた方や借換えを行った方は、低金利の恩恵を受けら
れたかと思います。

住宅ローンの見直しの方法は、「借換え」と「繰上げ返済」の2つがあります。
上記のような方々にとって、今後「借換え」による利息の軽減効果は、あまり期待
できないかと考えます。
これからは、「繰上げ返済」による利息を省く方法が検討の中心になるでしょう。
以下、「繰上げ返済」についてみていきます。

繰上げ返済は、住宅ローンを組んだ金融機関などに対して、通常の支払期日前に
まとまった金額を返済することにより、総支払額(元本+利息)の軽減効果を図る見
直し方法です。繰上げ返済で返済した金額は、元本に充当され、その期間の利息を
省くことができます。

返済の方法は、退職金などを原資としてローンを完済する「全部繰上げ」と、残高の
一部を返済する「一部繰上げ」の2つになります。
また、「一部繰上げ」は、住宅ローンの返済期間を短くする「期間短縮型」と返済期間
を変えず毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」があります。
総支払額の軽減効果は「期間短縮型」の方が高くなります。

繰上げ返済できる最低金額や手数料は、各金融機関により異なります。
また、同一金融機関でも「インターネット経由」や「窓口」など申込み方法によっても手
数料が異なります。事前に、金融機関に確認しておきましょう。

住宅金融支援機構の「フラット35」の場合は「取扱金融機関窓口」経由「住・My・Note」
(住宅金融支援機構のインターネットサービス)経由により、繰上げ返済できる最低金額
が異なります。窓口の場合は100万円以上、「住・My・Note」の場合は10万円以上とな
ります。両方とも手数料はかかりません。

以上、ある期間の利息を省く見直し方法として「繰り上げ返済」についてみてきました。
by lifeplaning | 2016-06-01 09:00 | 恩田 雅之
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.