Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2016年 05月 20日

高くても買います!の理由は?

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

二か月ほど前のこと、次男が種子骨障害と診断されました。足の裏の、親指の付け根の少し下に種子骨という骨があり、生まれつきか、この骨が割れていて、運動量が多いと痛みが生じるというものです。一般的な日本人の足に比べ、かなり足幅が狭いことも種子骨障害の要因だとわかりました。

少しでも痛みを和らげて、大好きなテニスを続けられるよう、インソールを作ったり、足型に合う靴を新しく買ったり……。靴を履き比べて、一番合う靴を選ぶために専門店で店員さんに相談ました。

店員さんは、とてもよく勉強していて、テキパキと何足かの靴を用意し、それぞれの特徴や、履くときの注意点などを話してくれました。これには私も驚き。店員さんのプロとしてのスキルを活用していなかったんだと。

インターネットで買えば同じ靴がもっと安く買えます。デザインに惹かれて、お小遣いでネットで靴を買って失敗したことがある次男も、その違いに気が付いたようです。

価格の差は、店員さんの人件費と店舗の維持費。実際に履いて、きちんと選んだ靴は履き心地がよく、満足度が高い。だから高くても、高くはない?

もちろん、どっちがいいということではなく、販売方法が違い、それに合わせた価格設定になっているということですね。

あれこれとほしいものがいっぱいの次男に、私が日頃から節約!貯金!といっているため、「高くなるけど、僕の場合、靴は専門店で買った方がいいよね」と言ってきました。

運動量が多い次男が1年間で買い替える靴の数を考えると……、家計を預かる身としては、うーむ。結構な金額になります。とはいえ、当面は、次男の足の健康を守り、やる気を維持するための必要経費として認めることにしました(1足いい靴を見つけたら、同じものをネットで買うくらいの技は駆使するつもりです)。

考えてみれば、ファイナンシャルプランナーのアドバイスという仕事も、形がなく、目には見えないサービスです。これに価値を認め、料金を支払ってくださるお客様がいないと成り立ちません。

ときにはこういった攻めの出費も必要だということですね。
by lifeplaning | 2016-05-20 17:44 | 坂本 綾子
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.