Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2012年 06月 27日

知的障がい者のためのライフプランニング

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの矢澤理惠です。

ライフプランニングをたてるのは、さまざまな人が、さまざまな場面で必要性をかんじるからですよね。
たとえば、住宅購入を考えた時大きな借金をすることになるので、今の収入で住宅ローンを組んでも今後の生活が成り立つか、などです。

ただ、この「さまざまな人」が必ず健常者とは限りません。

実は、私が参加した数年前のFP学会で「知的障がい者のためのライフプランニング」をテーマにした発表があり、それを聞いた私はかなりショックを受けました。

確かに、すべての人が同じように親が亡くなり相続が発生して、それぞれの問題をクリアしていかなくてはならない・・・
知的障がい者の場合、特に周りの協力がなくては解決できない難しい問題です。

この発表をされた鹿野佐代子さんが、7月の東京のセミナーで講師をされることになりました。
講師からの一言をいただきましたのでお伝えします。

「もう、ずいぶん前の話ですが、知的障がいのある子を亡くされた親御さんが私に「親より先に逝ってくれたことがせめてもの救いです」と言われました。
その親御さんのことばが今もなお私の頭から離れず、心の中に留まっています。親亡きあとも、障がいのある子が安心して生活するためにFPだからこそできる支援があると思います。」

FPとして、人として深く考える必要のあるテーマだと思います・・・
みなさんもぜひ、聞きにいらしてください!
by lifeplaning | 2012-06-27 14:17 | 矢澤 理惠
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.