Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2011年 12月 07日

おひとり様の老後~住まいをどうする?持ち家編その2

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの中村 真佐子です。

街は、クリスマスイルミネーションで華やかです。
年賀状もそろそろ準備しなくては・・・
子供たちへのクリスマスプレゼントは、どうしよう・・・
など普段にはないイベントが目白押しの12月。
あれこれ考えると気分だけが忙しくなっていることに気が付きます。
最近は、「やること」を「書く」ことで忘れてしまった!ということが少なくなりました。
気忙しい12月、やり残しが無いようにしたいですね。

前置きが長くなってしまいました。
さて今回もおひとり様シリーズ
前回は、単身者でも高齢になるほど持ち家率は高くなり、持ち家の場合も住まいについて考えて行かなくては・・・というものでした。

今回はマンション人住む単身女性にスポットをあててみたいと思います。
女性の単身者向けのコンパクトマンションの売り出しが増えていると前回触れましたが、
女性の単身者でマンションを所有する人は少なくありません。

マンションを所有していて高齢になった時、住まいの事だけを考えると元気なうちは住み替えの必要はないでしょう。
マンションは、バリヤフリー仕様のものがほとんどなので、リフォームするとしたら、手すりをつけるぐらいでしょうか・・・。
住まいの関しては、生活に不便はないでしょう。

ただ地域でのコミュニケーションをとり、孤立してしまわないようにしなければなりません。
単身の女性の場合その辺は敏感で、老後をどのように過ごすか・・・
早い段階から準備している人は少なくありません。
定年を迎える前に第2の人生を過ごす場所を新たに探したり、
独りではさみしいので、高齢者専用のマンションや自立型の有料老人ホームを探したり、元気なうちから住み替えを前提とした準備を選択している方もいます。

持ち家を処分して住み替えるには大きなエネルギーが必要となります。
体が不自由になってからでは、単身者の場合第3者の助けが必要となります。
そのようなことも考えての早めの準備なのでしょう。

自立型の有料老人ホームは、高齢でも元気な人しか入居できない事が要件です。
従って、余暇を楽しめるよう設備がとても充実しています。
同世代の人が多いので、コミュニケーションをとるのがうまい女性にはマンションよりは孤立しにくいのも利点です。
ただ、入居するのに多額の資金が必要になります・

持ち家は、それが大きな資産です。
その資産を利用すれば、住み替えにともなうライフプランも立てやすいでしょう。
住み替えを選択するにしても、ライフプランをしっかり立てるとお金の部分で、将来の安心につながります。

今回は、単身女性にスポットを当てましたが、次回は男性単身者にスポットをあててみていきます。
by lifeplaning | 2011-12-07 05:16 | 當舎 緑
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.