アニメ・声優情報ポータルサイト

エキサイトアニメニュース
2009年 03月 27日 ( 3 )
FictionJunction、1st MAXI SINGLE「Parallel Hearts」4.29 ON SALE!!
FictionJunction、1st MAXI SINGLE「Parallel Hearts」4.29 ON SALE!!_e0025035_13133778.jpgFictionJunction、1st MAXI SINGLE
TBS系TVアニメ「PandoraHearts」 OPテーマ
「Parallel Hearts」
FictionJunction is YUKI KAJIURA
                 +
          KAORI, KEIKO, WAKANA, YURIKO KAIDA2009.4.29 ON SALE!!
VTCL-35065
1,155円(tax in)


作詞・作曲・編曲を手掛けるマルチコンポーザーであり、映画・アニメ・ゲーム・舞台・TVなど幅広い音楽プロデュースを手がける梶浦由記率いるユニットFictionJunctionの1st MAXI SINGLEが発売になります。
今回のFictionJunctionの歌姫はKAORI, KEIKO, WAKANA, YURIKO KAIDAの4人でのリリース。
カップリング曲はYUUKAが歌う「ひとみのちから」を収録。
          
収録内容
M-1:Parallel Hearts/M-2:ひとみのちから (Vo.YUUKA)
   M-3:Parallel Hearts~Instrumental~/M-4:ひとみのちから~Instrumental~

FictionJunctionとは?
FictionJunctionは、梶浦由記のソロプロジェクト名。
Fiction(創作する)とJunction(交差・接合する)を組み合わせたこのプロジェクト名は梶浦由記主体で曲を作り(Fiction)それらと楽曲毎にボーカリスト(ソリスト)等と交差・接合(Junction)する事によりあらたなパフォーマンスを世に送り出すプロジェクトとして2003年YUUKAのボーカルによる“暁の車”でスターした。

PandoraHeartsとは?
原作者は望月望。月刊Gファンタジー(スクウェア・エニックス刊)にて大好評連載中。
ゴシック調の世界で描かれる「不思議の国のアリス」をモチーフとした作品。
現在7巻まで発売されているコミックスは各巻15万部発行されている人気作品。

<梶浦由記プロフィール> 
作詞・作曲・編曲を手がけるマルチ音楽コンポーザー。
映画・アニメ・ゲーム・舞台・TVなど幅広い音楽プロデュースを手がけ、ここ数年で手掛けたCDの総売り上げは350万枚を超える。
2005年度では、自身のユニットSee-Sawの『君は僕に似ている』(アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」エンディングテーマ)がオリコン初登場4位になる。また、梶浦由記プロジェクトでもある“Fiction Junction YUUKA”でも、同アニメ挿入歌である『焔の扉』が5位を記録。全米で先行リリースされたアルバム「FICTION-YUKIKAJIURA」は全米だけで10,000枚という異例のセールスを記録した。ヨーロッパと東洋のエッセンスが融合した独自の世界観を持つサウンドで、日本のみにとどまらず、ワールドワイドに熱い支持を集めている。 現在は北野武監督作品・映画『アキレスと亀』の音楽や大人気アニメーション『真救世主伝説 北斗の拳』、『空の境界』の音楽なども手掛ける。
梶浦由記オフィシャルサイト 

【歌姫プロフィール】

KAORI
5月11日生まれ。
神奈川県出身。抜群の歌唱力により早くから注目され、様々なプロダクツに参加。梶浦由記プロジェクト「FictionJunction」に参加しNHKテレビアニメ“ツバサ・クロニクル”でそのベールが脱ぐ。2006年にはサウンドクリエイター“REVO”の主催「する幻想楽団『SOUND HORIZON』にボーカリストとして参加。2007年3月にはソロとしてゲームソフト「ルミナスアーク」のテーマ曲“Brilliant World”を、8月にはテレビアニメ『BACCANO!』のエンディングテーマ曲“Calling”をリリース。今最も注目されているシンガーの一人である。
「Yuki Kajiura LIVE vol.#1~3」に参加。

KEIKO
12月5日生まれ。
2006年12月、ロックボーカルデュオ「イトクボ」を結成、都内ライブハウスや路上を中心に活動する。STAR digio、fm-osaka“FMサウンドシネマ”などパーソナリティを担当後、2007年度劇場版「空の境界」の主題歌プロジェクトとしてスタートした人気ユニット「Kalafina」のメンバーに抜擢される。2008年12月24日にリリースした「fairytale」がオリコンウィークリーチャート初登場第9位にランクイン。同年1月リリースした「oblivious」(ウィークリー8位)7月リリース「sprinter/ARIA」(同10位)3作連続シングルTOP10入りを果たす。
「Yuki Kajiura LIVE vol.#1~3」に参加。

WAKANA
12月10日生まれ。
福岡県出身。12歳の頃より声楽を学び始め、17歳で多数のクラブイベントに参加するなど活動後、上京。2006年にFictionJunctionのボーカリストとして抜擢されWAKANAとしてOVA『北斗の拳~ユリア伝~』の挿入歌を担当。翌年には、劇場版『北斗の拳~ラオウ伝 激闘の章~』の挿入歌も担当した。2007年、KEIKOと同じく梶浦由記プロジェクト「Kalafina」のヴォーカリストとして抜擢される。また2008年はコーラスワークとして、SMAP,藤澤ノリマサ、戸松遥等のレコーディングに参加するなど圧倒的な歌唱力と、透明感のある歌声で注目を集めた。
「Yuki Kajiura LIVE vol.#1~3」に参加。

YURIKO KAIDA
11月1日生まれ。
国立音楽大学声楽科卒業後、ボーカリスト・コーラスとして様々なアーティストレコーディング・コンサートツアーに参加。加えて作詞・作曲を手掛けるマルチな活躍。数多くの梶浦由記作品等に参加。これまでボーカル・コーラスとして参加したアーティストは浜崎あゆみ・小柳ゆき・ポケットビスケッツ・千葉紗子・林原めぐみ・井上麻里奈・榎本温子(作詞)・子安武人(作詞)等多数。アニメでは「メダロット」(作曲)「おじゃ魔女どれみ#」(作曲)等。
アニメ劇判では「NOIR」・「舞乙-HiME」・「ツバサ・クロニクル」・「.hack//」・「アクエリアンエイジ」等数々の作品に参加している。
「Yuki Kajiura LIVE vol.#1~3」参加。

by ex_anime | 2009-03-27 00:48 | リリース情報 | Comments(0)
「戦国BASARA バトルヒーローズ」オリジナルサウンドトラック、4月22日 発売!
戦国ブームの火付け役、大人気ゲームシリーズ“戦国BASARA”がPSPで登場!!(09年4月)。それらの楽曲と、CD化が熱望されていた“お市”の挿入歌「眠れ緋の華」も合わせての、充実至極なオリジナルサウンドトラック。 『「戦国BASARA バトルヒーローズ」オリジナルサウンドトラック』

「戦国BASARA バトルヒーローズ」オリジナルサウンドトラック、4月22日 発売!_e0025035_12565162.jpg「戦国BASARA バトルヒーローズ」オリジナルサウンドトラック
09年4月22日 発売
¥3,045(税込) /
VTCL-60109   
音楽:近藤 嶺、Chamy.伊師 他  
歌:能登 麻美子


某動画サイトなどあらゆるところで「CD化はまだか!」と熱望されていたお市役の能登 麻美子が歌う挿入歌「眠れ緋の華」。満を持してのCD化!!
今回はこの曲のバージョン違いを同時収録(「バトルヒーローズ」、「英雄外伝(HEROES)」に使用)、更には楽譜とインスト音源も収録。
ファンには堪らないであろう充実のサウンドトラック。


<収録曲>
1.英雄大戦勃発 2.天駆ける竜 3.暗中飛躍 4.正義の炎を滾らせて 5.黄泉比良坂 6.若虎奮迅 7.時間の破壊 8.恋の花火も咲き乱れ 9.上洛へ通ずる道 10.魔王は雨上がりとともに 11.暗躍する風 12.無敵のおれさま印 13.宿縁の地 14.東か西か 15.北条家に栄光あれ! 16.一揆だ!一揆だ! 17.盤上の戦場 18.砂上の要塞 19.赤と黒の激突 20.BATTLE HEROES <未使用曲> 21.眠れ緋の華(Ver. BATTLE HEROES)ボーナストラック 22.眠れ緋の華 23.眠れ緋の華 Instrumental

発売元:フライングドッグ 
販売元:ビクターエンタテインメント

*関連商品・ゲーム(PSP)「戦国BASARA バトルヒーローズ」 4/9 発売予定(CAPCOM)
<作家プロフィール>
近藤 嶺
幼少よりピアノ、クラシック音楽等を学び、
97 年旺文社全国コンクール作曲部門金賞受賞をきっかけに本格的に音楽活動を開始。
バックグラウンドであるクラシックから、電子音響、クラブミュージック、ヒーリングまで幅広く追求。
自身の作品発表ではそれらをボーダレスに取り入れ、独自の音楽表現を目指している。
現在、映画音楽、TV 番組音楽、ゲーム音楽、ポップス、コンテンポラリーダンス、音楽療法のための楽曲提供などを行う他、精力的にライブ活動も実施し、幅広い年齢層の心に響く音楽を提供している。


CHAMY.伊師
13歳からバンド活動を開始し、lipwork、ライオン楽団(東芝EMI)を経て、93年にフィリピンはマニラに渡り、SecondWindBandを結成。地元DynaRecordと契約しCDデビュー。
テレビ、ラジオ放送等に多数出演し、数多くの賞を受賞する。
帰国後、T’s MUSICと契約し、現在までにゲーム、CM等数多くの音楽制作を手掛ける傍ら、海外ドラマ、アニメの日本語吹き替え演出等、音楽に関わる事を多岐に渡り活躍中。

by ex_anime | 2009-03-27 00:47 | リリース情報 | Comments(0)
『こんにちは アン~Before Green Gables』アフレコ取材
谷田部監督が語る、『こんにちは アン~Before Green Gables』へ込めた想い。

『こんにちは アン~Before Green Gables』アフレコ取材_e0025035_21593117.jpg-----『こんにちは アン~Before Green Gables』を手がけるうえでの意気込みを、まずは谷田部監督から聴かせてください。
谷田部:『こんにちは アン~Before Green Gables』は、『赤毛のアン』のヒロインとなった女の子アン・シャーリーの小さい頃のお話です。
『赤毛のアン』が出版されてから100周年を迎えたときに、L.M.モンゴメリの作品を一括管理する「モンゴメリ財団」から、カナダで活躍する童話作家のバッジ・ウィルソンへ「アン・シャーリーの小さい頃の話を書いて欲しい」と依頼が入ったことが、『こんにちは アン~Before Green Gables』が誕生する、そもそもの経緯になります。

-----日本でも、今年は『赤毛のアン』にとって記念すべき年になりました。
矢田部:「世界名作劇場」のいち作品として『赤毛のアン』が放送になったのが、79年のこと。あれから、今年で30年の歳月を経過。まさにちょうど良い時期に、このお話が立ち上がったと思います」
-----谷田部監督は、『赤毛のアン』を改めてご覧になったそうですね。
谷田部:30年前に高畑勲さんが作りあげた『赤毛のアン』を観させていただきましたが、今観ても素晴らしさを覚える作品ということもあって、「僕は一体何を、どうすればいいんだろう?!」というプレッシャーも、最初は正直感じたんですね。でも本作では、僕なりの視点で製作へと望んでいきました」
-----それは、どういう姿勢だったのでしょうか??
谷田部:幼少の頃のアンは、今の世の中では想像もできないような"つらい境遇"の中、一生懸命にその生を謳歌し続けたわけですが。まずこの作品で伝えたかったのが、不況にあえぐ今の世知辛い世の中だからこそ、「こんな小っちゃな子でも、日々笑顔を浮かべながら生きてるんだから、みんなも元気になろうよ」という、その「"生きてくことの勇気"を大勢の人たちに伝える」ということでした。
アン・シャーリーは、産まれてすぐ"孤児"になった女の子。でも物心ついたときから孤児だったわけですから、それが"つらい"ではなく"日常"だったわけですよ。僕らから観れば"つらい境遇"だけど、 アンからすれば"日常"という風景。彼女は、その日常の中で、いつも「楽しいこと」を探し続けていた。そんなアンの前向きな気持ちに、まわりにいる大人たちも、何時しか影響を受けていく。僕はアン・シャーリーのそんな生き方を通し、子供たちはもちろん。大人たちにも、「"前向きに生きることの素晴らしさ"を感じ取って欲しいな」と思っています。

  池田昌子さんが寄せる、『こんにちは アン~Before Green Gables』への想い。

『こんにちは アン~Before Green Gables』アフレコ取材_e0025035_2205714.jpg-----池田さんといえば、「世界名作劇場」には浅からぬ関係のある方です。
池田:わたしがこのシリーズへ初めて出演させていただいたのは、『ペリーヌ物語』にペリーヌの母親役で出演させて戴けたことからでした。その後も『母をたずねて三千里』や『ニルスの不思議な旅』などへ関わらせて戴きましたし。一番新しいところでは、『ロミオの青い空』でナレーションを担当させて戴きました。だから、今回のお話をいただいたときは、なんか「懐かしい感じ」もしていたんです。
アン・シャーリーって、本当に健気で一途な女の子なんですね。そのアンを演じる、まだ中学生の里菜ちゃんも、健気に一生懸命演技にぶつかっていく女の子なんです。そんなアンと里菜ちゃんの姿が重なり見えてきたよう、とてもいい作品として製作は進んでいます。物語自体も、悲しかったりつらかったりなど、かなりシリアスな内容ながら、谷田部監督がアンの明るく前向きな気持ちを、その境遇の中でさえもしっかり"光"として描き出しているよう、わたしもまた、"明るく前向き、かつ優しく"という雰囲気をナレーションで醸しだそうと思いながら、毎回の収録へと望んでいます。

    ヒロインのアン・シャーリーを演じるのは、中学生の日高里菜ちゃん。

-----里菜ちゃんは、アン・シャーリーという役柄を、どのように受け止めていますか?
日高:もしわたしがアンと同じ人生を歩んでいたら、悲しくて、しょぼんとしちゃうと思うんですけど。アンは、そんなことはまったくなくって。綺麗なお花を観たり、ひなたぼっこをしている猫を観ているだけで元気になったりするよう、幸せな気持ちになれる女の子なんです。そういう「ちょっとしたことでも幸せを感じられるアンの前向きな気持ちを出そう」と、アフレコでもがんばっています。
スタジオでは、アンをいじめている役のキャストさんも、すっごく優しいんです。あの楽しい現場の雰囲気を、ぜひアニメへも反映させていきたいなと思っています。

       小林由美子さんが語る、「世界名作劇場」への強い想い入れ。

-----小林さんは、アンをいじめるホーレス役で登場しています。
小林:はい、アンをいじめているホーレス役の小林由美子です(笑)。わたし、子供の頃から「世界名作劇場」に育てられ、成長してきたところがあるくらい、大好きなシリーズなんですね。そんな大好きなシリーズに、以前『レ・ミゼラブル』で関わらせていただく機会が産まれ、「大好きなシリーズ作に出れる夢が叶った」と喜んでいたんですけど。今回、ふたたび関わらせていただけることになったのが、すごく嬉しいんです。まして『赤毛のアン』は、わたしが生まれた年に放映された作品。わたしは再放送で観て大好きになった物語でしたので、その作品にふたたび関わらせていただけることは、本当に嬉しかったことでした」

        アン・シャーリー役を演じる日高里菜ちゃんに対して。

-----谷田部監督なりの、『こんにちは アン~Before Green Gables』へ向かうに当たっての仕掛けがあったら、ぜひ教えてください。
谷田部:気をつけたのが、テンポ感。子供たちが生活の中で感じるテンポ感は、明らかに30年前よりも早くなっている。だから、"30年前なら200字詰めの原稿用紙60枚で書いてたであろうシナリオを、今回は70枚を越える文章に増やしました"。それによって、名作の香りを活かしながらも、今の時代性にそぐうテンポ感を出せたのは良かったなと思ってる。
-----アン役に日高里菜ちゃんを起用したのも、嬉しい成果でした。
谷田部:70人ほどオーディションをした中から彼女を選んだわけですけど。最初は「仕事経験の少ない中学生に決めて良いのか??ある程度経験のある人に任せたほうが安心じゃないか??」という迷いはありました。でも「彼女の明るさに賭けよう」と判断し、起用したわけですが。現場では、音響監督さんからの現場での指示に対しても、彼女はすぐ対応していけちゃうんですね。その柔軟性には、むしろ僕らがビックリしたくらい、想像以上にベストな起用になりました」
池田:里菜ちゃんがいるだけで、現場の雰囲気が明るくなるというのは、すごく大事なこと。何故なら、声を入れるわたしたちも、その空気に引っ張られながら演技を重ねていくわけですからね。そういう面では、演じる側を燃えさせてくれる彼女の起用は、すごく素敵なことだと思っています。
小林:フレッシュさと光輝くオーラを持ってる子だからね。むしろ、わたしがそのオーラにあやかりたい気分(笑)

           アン・シャーリーと日高里菜の相違点。

-----里菜ちゃんとアンの似てるところ、そこも教えてください。
日高:似ている部分は、「思ったことをハッキリ言う」こと。違うのは、一度悲しくなったら、わたしの場合はズッとめげたままなのに。アンは、めげても20秒後には笑えているよう、そこはわたしも見習いたいところです。

       『こんにちは アン~Before Green Gables』の見どころは?

谷田部:よく「名作劇場」というと、ボロボロ泣くようなお話を思い浮かべるかも知れませんけど。僕は、泣かそうと思って作ろうとは思いません。むしろ、もっとあったかい幸せな感じの作品にしながら、結果的に涙が出るような作品になっていれば良いのかな……と思っています。

「こんにちはアン」

BEFORE GREEN GABLES by Budge Wilson
(c)Budge Wilson,David Macdonald,trustee,and Ruth Macdonald 2008
(c)Nippon Animation Co.,Ltd.2009.All Rights Reserved.

HP

こんにちは アン~Before Green Gables』主題歌のレコーディング現場コメント
「こんにちは アン」完成披露試写会より、参加者の取材コメント
by ex_anime | 2009-03-27 00:46 | ニュース | Comments(0)
カレンダー
ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
ライブ・イベント情報
アニメ関連情報
リリース情報
インタビュー
その他
ニュース
熱烈!!アニソン魂関連
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
more...
最新のコメント
『ベルセルク 黄金時代篇..
by red meizit at 18:19
1月31日(木)夜より地..
by meizitang at 18:19
TVアニメ「まおゆう魔王..
by slimming b at 13:20
品番:CL275003-5
by クリスチャンルブタン コピー at 15:50
パーティーバッグとしては..
by エルメス ベアン 長財布 at 15:55
コメント:クリスチャンル..
by ルブタン スニーカー at 15:55
【グッチ】【グッチシマ】..
by グッチ ボールペン at 15:04
HERMES エルメス ..
by エルメス 手帳 レフィル at 15:04
女性のサングラスを選ぶ瞬..
by ベルト ブランド at 20:56
3番目、オーデマピゲ、A..
by メンズ 腕時計 人気 at 22:20
最新のトラックバック
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニードリームアート..
from 最新お得情報
ディズニードリームアート..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ブログジャンル
画像一覧


おすすめ