excite

Exciteブログ トップサイトマップ


ことしもまたさくらんぼの季節がやってきました。

さくらんぼの産地から、ぴかぴかに光るかわいいさくらんぼがたくさん到着。


さくらんぼが産まれる場所で作られた、Table d'artisants NORDの錫のお皿に載せてみました。やっぱり相性が良いですね。
このサイズは一番使いやすいのですが….未だ!製品化されておらず、申し訳ありません。。。


f0038600_19010422.jpg


ENCHAN-THÉ にも『Le temps des cerises』という名前のお茶があることをご存じですか?

緑茶に小さなフランボワーズ、オレンジの花とキンセンカ、いちごの葉を加えて作ったお茶です。さくらんぼを摘みにいく季節にも似合うように淡くサクラの香りも感じられます。緑茶のフレーバーティは、果物といっしょにお召し上がりいただくのもおすすめ。


赤いかわいいイヤリングといっしょにどうぞお試しください。





# by enchan-the | 2018-06-17 19:15 | 日々

数年ぶりにちょっと身軽になった最近は、おいしいものを食べに行く!という元気も戻って来て、今夜はやっぱり数年もご無沙汰してしまったチーズやのTちゃんとフレンチを。

職業柄、味のセンスが良くて段取り上手な彼女には毎回、安心してお任せ出来るお店選び。
しばらくフランスに行ってないからバスク料理がいいなあと、お名前は前から聞いていたけれどなかなか行く機会がなかった『comme à la maison』を予約してもらって。やっぱり大!正解。ものすご〜くおいしくて楽しい夜でした。



みためはシンプルなお料理ばかりですが、こんなにおいしいパテはなかなかないですね。
おどろく程、感激するおいしさです。

f0038600_01142394.jpg

バスクといえば、ピーマン。何回でも食べたくなるピーマンお料理は中にお魚が入っていました。

f0038600_01143419.jpg


最後には焼きたて!のかわいいカヌレがでてくるのにも感動。


フランス南西部にこだわったお料理というのが素敵でした。
とにかく、好きなもの、決めた事を突き詰めるという姿勢はどの職業の世界でも素晴らしいですね。自分もしっかり見習わないと。と良い刺激までいただいて、うれしくなった次第です。

f0038600_01144397.jpg

時間を間違えて早く着いてしまったおかげで、スーシェフとフランスの話もたっぷりできたのも楽しくリラックスできました。やっぱり魅力的なのです。フランスは。フランス料理は。フランス文化は。


フランスはどこの地方も魅力的ですが、この南西部も大好きな場所です。

f0038600_01145154.jpg
赤いのも黒いものバスクのピーマンです。↓
f0038600_01150258.jpg

しばらくバスクに行けないから…と、思っていたのに急遽、来月はフランス出張が入って楽しみが増えました。
カヌレの街にも…行けるかな?


どうぞよい週末を。



# by enchan-the | 2018-06-16 01:31 | フランスのこと

変わりやすい6月のお天気のおかげで、初夏だというのにココロも身体も暖まるようなコクのある紅茶が恋しい金曜日です。


はやくも秋のイベントの紅茶や、お客様の特注品などを考えつつ、急遽決まった真夏のイベント向きのお茶など、季節をあちこち飛び越えて...さまざまなお茶を準備検討中。
その日のお天気によって、ピッタリな一杯を楽しめるというのがバラエティ豊かなフランス紅茶の魅力ですから!


さて、飲食店様などでよくご用命をいただく『アイルランド ブレンド』。

しっかりとした味のお食事にもバターを多く含んだ焼き菓子などにも併せやすい万能な紅茶です。

f0038600_16295137.jpg

今日のような肌寒い日にも良く合います。

やっぱり、焼菓子と紅茶の組合わせはうれしいお茶の時間になりますね。


久しぶりにミルクティを楽しみたくなりました。
同じ系統では、ボルドー2002もおすすめです。

ぜひお試しください。





# by enchan-the | 2018-06-15 12:37 | フランス紅茶

FUDGE(ファッジ)7月号:三栄書房刊にて、『南部鉄器 小皿 花:マーガレット』と『紅茶缶180 コレットの庭』をご紹介いただきました。

かわいい!ウェディング特集* flower flower wedding (P135)にて、ご紹介いただいております。

お花のモチーフやお花の紅茶は、記念日のプレゼントにも最適で多くご利用いただくアイテム。白と水色の組み合せは、6月の結婚式にもよく似合うはずです!


今日は雨なので...ちょっと暗いですね。

f0038600_14535858.jpg


f0038600_14535018.jpg

FUDGEは、いつもかわいいなあ〜と思える雰囲気がいっぱいの好きな雑誌のひとつです。

今号も魅力的なモノ満載で、欲しいものがいろいろ見つかってしまいました。最近は、少し落ち着こう!と...^^; あまり着なくなったsacai 特集もあり、楽しく拝読いたしました。



f0038600_14540799.jpg

FUDGE編集部の柴田さま、三栄書房さま、ありがとうございました*



# by enchan-the | 2018-06-11 12:04 | 本・雑誌・掲載誌

雨の季節、水色の季節。
おかげさまで、KIKU No.5 シエル 2018.は完売いたしました。ご注文をいただきましたみなさまには、誠にありがとうございました。

残り少なくなった頃、あの!星野リゾート 大塚 OMO5にご宿泊予定の海外のお客様からもご注文をいただき、うれしくご用意させていただきました。お持ち帰りいただくのは少し重いですけれど!末永くご愛用いただければ幸いです。


ということで、オープン後、かなり忙しくしているであろうARARE No.3 ブロンズたちの様子も心配で…. シズラー大塚店様を再訪問。

店内を見回すと、あちこちのテーブルでかわいがっていただいている様子にホッとしました。ポット待ちのお客様もいらっしゃったりと、ドリンクバーの定位置からもすぐに無くなってしまうようで何よりです。


近くのテーブルでは、小学校3-4年生くらいの男のコが、それはそれは丁寧にARARE No.3を扱っていて、そーっと蓋を開けたり、ティーバッグの香りをかいだりと、楽しそうです。
日本茶インストラクター協会では、食育という観点で、日本茶の入れ方教室などを各地の小学校で行っています。わたくしも稀に(!)日本茶の入れ方教室を担当することがあるのですが、近頃は、自宅に急須がない。リーフでお茶をいれるという習慣がないというご家庭も多いと聞きます。
南部鉄器カラーポットをはじめて触ったかもしれないあの少年に、いろいろな発見があったらいいなと思いながら、うれしく眺めておりました。


さて、すでにいい雰囲気がでてきております。↓
下地がゴールドのARARE No.3 ブロンズは、金色の部分がでてくるほど明るくなります。当初の「シックな色」という印象が徐々にかわってくるところが、このポットの魅力のひとつでもあります。

f0038600_21041135.jpg

おなじく、下地にゴールドを使った『シュロ』や『モカゴールド』も長く使い込むうちに別の魅力がでてきます。個人的にとても気に入っているシュロ。相性の良い色も多いので、様々に組み合わせてお楽しみいただけます。


f0038600_21151432.jpg

雨の季節はこれからが本番。

お気に入りの香りのお茶や気分が明るくなるような色を傍に置いて、たくさんの楽しいお茶の時間をお過ごしいただけますように。


Bonne semaine!



# by enchan-the | 2018-06-10 21:09 | 南部鉄器



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム