excite

Exciteブログ トップサイトマップ

<   2020年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春のような暖かさの本日ですが、そろそろショコラの季節がやってきますね。
贈り物にはどんな場面にも合わせやすい紅茶もおすすめです!

いろいろなお祝いの席やおもてなしにご利用いただくことの多い『LES BOITES/紅茶缶180』。


ご婚礼の際にご利用いただけることが決まると、私たちの嬉しさも2-3倍にアップします。記念日の記憶に残る、とっておきの紅茶に選んでいただけるのは、紅茶冥利に尽きるでしょう。


今回は、新しい人生のスタートにもふさわしい『VOYAGE/旅する紅茶』のご指名をいただきました。このお茶は、旅好き、ヴァカンス好きのフランスの人たちの間でも人気が高く、想像力を大いに刺激してくれる爽やかで奥行きのある風味が魅力です。


お祝いに*_f0038600_22351612.jpg


お祝いに*_f0038600_22353926.jpg


北陸でとってもおしゃれなこだわりの婚礼をプロデュースすることで有名なBさん。紅茶缶アルティザンシリーズの頃から、かれこれ10年以上もおつきあいをいただいておりますが、いつでもおめでたいニュースをお届けしてくださることに感謝しています!

ありがたいことに、新しく誕生するカップルやその近しい人々の喜びに想いを馳せると、私たちのテンションもぐんぐん上がります。特別な日にはやっぱり、おいしいのはもちろん、かっこいい、かわいい紅茶がいいですね。すべての紅茶缶180は、ロゴをラメ印刷した専用のBOXに入っておりますので、さりげない高級感も魅力です。


お祝いに*_f0038600_22355632.jpg

ちょっとした小さなギフトには、『ティーバッグ・プティ』もおすすめです。
来月から(洋紙にこだわった!)封筒単体の販売もはじめます。


お祝いに*_f0038600_22361190.jpg


特別な日のカップ一杯のお茶が記憶に残るように『ENCHAN-THÉ』ならではのたくさんの味と香りをご用意しています。ご婚礼の際は1ヶ月前までにお申し付けくださいませ。


お祝いに*_f0038600_22362494.jpg


さて、ショコラの季節に合わせた『ティーバッグ・プティ』の場合:

ガナッシュなどとも相性の良い『バラの紅茶』や『スウィートアールグレイ』『ジヴェルニー』をはじめ、どんなショコラとも相性の良い『アンシャンテ・ブレンド』『パリの午後』もおすすめです。

品切れ中の『ショコラ』『パレット』のティーバッグは、現在、大急ぎで製造中。まもなく入荷予定です。もう少々、お待ちください。
この季節、一番人気の『冬の紅茶』はご用意しております。少しくらい暖かくても、間違いないおいしさです。♡ ぜひ、お試しください。




by enchan-the | 2020-01-30 22:22 | フランス紅茶

寒くなってくると、さすがにダージリンでは耐えられなくなって、手持ちのアッサムとブレンドしたり、『アンシャンテ・ブレンド』や『ボルドー2002』などの甘みとコクを感じられる紅茶を楽しむことが多くなります。しっかりした味わいの紅茶は、チーズやお菓子、ショコラにも合いますし。冬のお茶の時間には最適です。


Petit cadeauでいただいた、オー・ド・トワレ。

パッケージのデザインも好きですが、朝、午後、夜と、3つの異なる香りがどれもとっても好みです。

これ、朝のENCHAN-THÉ、午後のENCHAN-THÉ、夜のENCHAN-THÉって、ずーっと作りたかったのと同じ。


à l\'heure._f0038600_23441606.jpg


長い間、Jo Maloneの「English Pear & Freesia」 が定番だったので、時々、 異なる香りを楽しむことにします。


フランスの人たちは、夜、食事に出る時は、必ず着替えたり、メイクを少し濃くしたり、2-3時間前に会った時より必ず少しドレスアップしているし、「あなたたちも一回、ホテルに戻るでしょ?」と、僅かな時間でも素敵になるための準備をするよう促されることが常です。


香りを変えるって、一番、ドレスアップできることかもしれませんね。

à l\'heure._f0038600_23443250.jpg

気がつけば、まだ1月でした。

なんだかとっても得した気分でうれしい。

先週、パリにいたという実感もなくなってしまったのは少し残念ですけど、また行くことを楽しみに。今年の目標も立てていなかったので、今年はもう少し、日々の勉強をしっかり継続したいと思います。




by enchan-the | 2020-01-28 23:25 | 日々

ようやく旅の片付けも終わって、スニーカーはもちろん、スーツケース2個も、中に入れるバッグ類もみーんな洗ってしまう、気持ち良い洗濯の数々も終了。クリーニングやさんにも行ってきて、あとはアイロンをかけるだけ。


ホッとしながら、パリに住んでいる友人からもらったSaint-Germaun-en-Layeのショコラティエの宝石みたいにかわいくておいしいショコラを『パリの午後@ティーバッグ』と一緒に楽しみ中です。


France 2._f0038600_23350201.jpg


今回は、ホテルをはじめ、いろいろな場所で市販のティーバッグのお茶を飲む機会がありましたが、改めて「ENCHAN-THÉのティーバッグはつくづくおいしい! 間違いなくおいしい。」ことを実感しました。通常のティーバッグは、細かく刻まれた茶葉が使われているため、味に深みが感じられません。ENCHAN-THÉのティーバッグは、大きなリーフをそのまま、大きなサシェで包んでいるため、リーフのお茶をポットで入れるのとほぼ同じくらいのおいしさが楽しめるのです。

通常のティーバッグは急いでいる人用に作られたものなので、約1分くらいで抽出される点は便利といえるようです。私たちのティーバッグは、リーフと同じく約3分、じっくり蒸らす必要はあります。それでもおいしさのためなら....待つ方を選びたい。そういう方々におすすめです!^^



さて、最後に立ち寄った北の街。
2007年に作った小冊子『フランス 紅茶と暮らし』に出てくださったゴーフル名人のブランシュさんには会えませんでしたが、お元気だと伺って、これもとってもうれしい限りでした。


パリよりも冷たくて寒かったけれど、久々の寒さがうれしくて外に出て、庭にやってくる鳥たちのためのエサを設置しました。丸いお団子のようなものは、牛の脂でできているそう。遠くまで飛んでいくためにエネルギーをたくわえるんですね。

France 2._f0038600_16410318.jpg


最後の日に少しだけ、大きなスーパーマーケットで買い物ができました。買い物をしながら、ノエルの休暇の時には何をするか。という話を聞かせてもらって....。結局、人が集まってすることといえば、食べること、話すこと、顔を見ること。それだけなんですね。人間の欲求って、楽しみって、ほとんど共通でシンプルなのですね。 日本のお正月と同じく、ノエルの時にはいつもより良いものを選ぶそうで、お馴染みのÉCHIRÉも特別な時に食べるおいしいバターとのことでした。


France 2._f0038600_16513293.jpg


棒つきキャンディは、しょっぱくてそのあと甘さがでてくる....子供たちが大好きな飴。ということで、試してみましたけど、、、本当に子供が食べるのかなあというくらい刺激が強すぎて自分には無理。^^;会社に持って行ってみんなにも試してもらうことにします。

スーパーで必ずと言っていい程、お菓子を物色していたのは、ずいぶん前のことですけど、久しぶりだとやっぱり楽しくなってしまいました。新商品vs.スーツケースのスペースの戦い。

France 2._f0038600_16515972.jpg


イヴェントの舞台裏の写真が見つかりました。かわいいPetits garçons. 隅っことか、暗いところに集まりたがるのもどの国も共通なんですね。この子たちも『KIMONO』をごくごく飲んでくれました。日本酒かお茶かの二択ではありましたが.....。「お茶は好き! でも、マカロンのが好き!」でした。

France 2._f0038600_20574882.jpg


こんなに寒い街なのに、もう花が咲いてしまっていました。かわいいですけれどね。出てくるのが早すぎですね。

そういえば、温暖化の影響で、年々、フランスのワインのアルコール度数が上がっているという話を聞きました。

France 2._f0038600_17313223.jpg

帰りの飛行機では、この季節、氷に覆われているはずの大陸も、土色の方が多くて驚きました。

エコ化はフランスの方が進んでいます。

かわいいリサイクルペーパーもたくさんあって、さすがでした。
日本も見習わないと!ですね。

来月からできるだけOPPを廃止にしてシンプルだけどかわいくお届けできるよう、工夫したいと思います。 何卒ご理解を賜りたく、どうぞよろしくお願いいたします。



by enchan-the | 2020-01-26 19:10 |

実りの多い出張でした。
キツい時間も過ぎればみんな楽しい思い出になる。何よりたくさんの経験と学びを得られたのをうれしく思いながら、2002年に一杯の紅茶から始まった旅が、こんなに素敵な場所まで自分を連れてきてくれたことにも、人生の不思議や甘美さを感じています。


冬のParisが素敵です。遠い昔、初めて1人でこの地を訪れたのも真冬でした。
冷たく透き通るような空気がこの街の魅力を一層際立たせる。冬のパリはとても美しくて大好きです。

Paris 4._f0038600_13173804.jpg


修復中のノートルダムは痛々しかったけれど、また新しい顔を見せてくれるのを楽しみに。

Paris 4._f0038600_13181052.jpg


思いっきり早足で、この辺も何回も往復していました。
本当は、Parisでスニーカーを履くのは気後れするけど、背に腹は変えられず...。

Paris 4._f0038600_13200328.jpg

Paris 4._f0038600_13202003.jpg


ある日は歩きすぎて足が痛くて、これのお世話になりました。↓

Paris 4._f0038600_13204617.jpg


忙しく走り回るのも楽しかったけれど、久しぶりのサン・ジェルマン・デ・プレやカルチェ・ラタンを次回はゆっくりお散歩したいものです。

Paris 4._f0038600_13265378.jpg


Paris 4._f0038600_13274246.jpg


Paris 4._f0038600_13284233.jpg


Paris 4._f0038600_13295439.jpg


Paris 4._f0038600_13290671.jpg


Paris 4._f0038600_13301279.jpg


この旅のおかげで、自分の好きなもの、改めて大切にしていきたいものがよくわかって、またやりたいことが増えてしまったのには困りつつも、楽しみが増えました。
お世話になった皆様、ありがとうございました!


2020年、良い年になりそうです。


Bon dimanche.



by enchan-the | 2020-01-26 13:00 |

パリより少し北の街にて。

ホッとしながら、温かい人たちと温かい家庭の味と時間を味わい中。


France._f0038600_00443751.jpg



France._f0038600_00061573.jpg
とってもおいしい!ブイヨン。


France._f0038600_00080697.jpg


France._f0038600_00075472.jpg


France._f0038600_00242041.jpg


France._f0038600_00280107.jpg


France._f0038600_00084659.jpg

朝ごはん。

France._f0038600_00081913.jpg




France._f0038600_00083127.jpg



France._f0038600_00485663.jpg


Très agréable ici !

もうすぐ帰ります。



by enchan-the | 2020-01-24 00:12 |

展示会も無事終了。
本日は分刻みのスケジュールで予定を消化しましたが、パリはどこを見てもやっぱり美しいです。

Paris 3._f0038600_09252438.jpg

連日、パリの中心を走り回っているおかげと、素晴らしい人生の先輩方から貴重なお話を多々聞けたりするおかげで、有り難く学ぶことがいっぱいです。好きなものややりたいことについても改めて理解できる機会にもなっています。

今日は思いがけず、一緒にお仕事させていただいている大先輩のおかげで、素敵な時間も過ごせました。パリに憧れていた10代くらいの頃は、ファッション雑誌を見ては、いつかここの服を着られるようになりたいなあと思っていた「IRIE」。うれしいことに、そのショウルームにお邪魔させてもらいました。

Paris 3._f0038600_09255012.jpg

なんといっても「IRIE」のエスプリが好き。
入江さんのじっくりと身にしみてくるような貴重なお話にも心を動かされました。

全部欲しくなってしまいそうな今年の秋冬ものの数々には困りました。。。


Paris 3._f0038600_09260265.jpg

Paris 3._f0038600_09263010.jpg


今回のプロジェクトのフランスチームのリーダーをお願いした友人の携わっているシネマカフェでお茶@パンテオン。滞在時間15分でしたけどとっても快適。 ↓ 詳しくはまた。

Paris 3._f0038600_09261599.jpg


Paris 3._f0038600_16494179.jpg


Paris 3._f0038600_16495159.jpg


冷たい風が気持ち良いくらいの寒さになってきました。
冬のパリはとっても魅力的です。


Paris 3._f0038600_09253955.jpg

I LOVE PARIS.




by enchan-the | 2020-01-22 09:10 |

毎日が濃すぎて....お疲れと眠すぎで時々気絶しそうになる我々ですが、嬉しいことに昨夜のヴェルニサージュは大盛況でした。


日本関係のイヴェントで、これほど現地の人たちが集まることはほとんど無いことだそうで、おかげさまの強力フランスチームはさすがです。mille mercis !

Paris 2._f0038600_07515697.jpeg


Paris 2._f0038600_07521411.jpeg


Paris 2._f0038600_07523148.jpeg


Paris 2._f0038600_07525954.jpeg


Paris 2._f0038600_07532356.jpeg

ヴェルニサージュでは、日本酒、海苔、お煎餅も好評で、シャンパン用に届いた大量の氷があったので、急遽作ることにした「KIMONOのアイスティ』も大好評でした。


Paris 2._f0038600_08021850.jpeg

ちなみに本日は、現地チームが用意してくれたかわいらしい湯飲み茶わんで、温かいKIMONOを提供。今日から少し寒くなってきたParisに似合うお茶は、みなさんに大好評でしたが、なかでも大学生くらいのかわいいパリジェンヌが「このKIMONOというお茶、本当に本当にすっごく大好き♡」と大ラブコールを送ってくれたのがうれしかったです。

もちろん、お土産にプレゼントした「KIMONOのプティ」にも大感激してくれました。


Paris 2._f0038600_09080529.jpg

Paris 2._f0038600_09081860.jpg

さて、江戸小紋、目利きのお客様が購入してくれるのがうれしくて、明日もまだまだがんばります。



by enchan-the | 2020-01-20 08:00 |

年明けすぐに現地担当のEから「時間があったらぜひ行くことをおすすめする」と言われていたお店がこちら「OGATA」でした。今回のイヴェントで利用するギャラリーのすぐ近くです。

ちょうど、アポイントの間に1.5時間空いたので、さっそく寄ってみました。
聞けば、12月の20日にソフトオープンしたばかりだといいます。ストライキがあり(まだ続いています)ノエルの休暇がありといった中にもかかわらず、パリのマレ界隈では、今、一番話題のお店といった感じ。「パリでは今、日本のカルチャーは、ア・ラ・モードよ」...だそうです。^^


あちこち歩き回って道に迷ったので、2軒のお店の人に「この辺にある日本のサロン・ド・テに行きたい」と聞いたらすぐにわかって答えてくれるのには驚きました。(懲りずに迷って2回も聞いたのは...想像していた日本茶やの雰囲気とは全然違ったので、本当にこの道の先にあるのか不安になって!)


Thé japonais_f0038600_07100724.jpg


Thé japonais_f0038600_07102194.jpg

とっても素敵なお店でした。
銀座や表参道にあるHIGASHIYAさんのお店です。今までフランスへのお土産に、HIGASHIYAさんのお菓子を何回か持ってきたことがあったので、もう持って来られなくなったのは残念ですけど、、、フランスの人にとっては大歓迎ですね。


本当の日本茶のおいしさをフランスの人たちに伝えたいという思いで、もちろん、いれ方にも水にもこだわり、おいしい状態を保つためのコンディション作りを徹底して、さらに素敵なプレゼンテーションをこのスケールの大きさで行なっていることに感心しました。


Thé japonais_f0038600_07104697.jpg

作りたての豆大福をパリで食べられる日がくるとは...。他にも日本のお店で食べられる何種類かの和菓子を毎日!作っているそうです。(いちご大福もありました)


現地スタッフの方も、様々な日本茶について、フランス語で英語で、きちんと説明できることにも驚きました。これで日本茶が着実に、加えて、ようやく...かっこよく!広まっていってくれるのだろうと、安堵と同時にうれしい気持ちになりました。

Thé japonais_f0038600_07103453.jpg
頑張ってください!!


OGATA

16 rue Debelleyme 75003 Paris

http://www.ogata.com



by enchan-the | 2020-01-18 07:25 |

こちらもあまり冬らしい寒さではないパリです。
ファッションウィークの真っ最中ですが、もっと寒くなってくれないと食指が動かず。これから冬のおしゃれが楽しめなくなってしまう可能性が高いのは困りますね。


昨夜遅めに着いたものの、滞在先も割と好きな界隈(7区)だし、今回の仕事に選んでもらった場所も好きな界隈(3区)だし、段取りもよく、仕事もサクサク進んで気持ちよく過ごしています。

とりあえずは、周りにおいしいものの店が揃っている場所を選ぶことが多くなった最近。
ホテルの並びにはおいしいチーズやさん、エピスリー、パティスリー、肉やさん、レストラン、サロン・ド・テも揃っていて快適です。昨夜は、遅い時間だったにもかかわらず、さっそく赤ラベルつきの鶏肉を食べて元気を注入。今朝はけっこう気に入っているパン屋さんで朝ごはんを食べ、それだけで嬉しくなったりしています。


こんなにおいしいシューケット、初めて食べました。これならいくつでも欲しくなってしまう、これが本物の味なのかな?

Paris._f0038600_04342041.jpg


エッフェル塔の近く。
滞在しやすいし、過ごしやすいし、とくにこの通りはおいしいパティスリーが多くて便利というか、食べ過ぎには気をつけたい通りです。


Paris._f0038600_04360293.jpg

Paris._f0038600_04374183.jpg


そして、今回、急遽発足した現地チームは、仕事ができる人のまわりには仕事ができる人が集まる。という通り、最強のメンバーで、信じられない速さ、クオリティで、クリエイティヴにサクサク仕事が進んでいて、こちらもまた、とても快適です。

仕事ができる経験豊富なフリーランスの人や小さな会社のディレクターは決定が早いし、最短で最高のものにたどり着くよう知恵を出すことに慣れているので、一緒にいて安心&快適。
今までたくさんお世話になったパリの人脈の元ともいえるGのおかげで今回も、わくわくしながら仕事ができています。


さて、明日からが本番。

ということで、体力温存のため....クレモンティーヌを買ってあまり遅くならないうちに帰宅。(けっこう快適なホテルで食堂のキッチンも好きなように使わせてくれるので、勝手にお茶をいれたり...^^;我が家のようにくつろげでいます)


Paris._f0038600_04380265.jpg

フランスで日本人と接することは今まで少なかったのですが、今回は、たくさんの方々に会えそうで、これもまた楽しみです。

Bon week-end.



by enchan-the | 2020-01-18 04:33 |

寒い時期の出張は久し振り。荷造り前のファッションショーも終わり^^;ようやくpaquetのメドがたってホッとしているところです。

今回は、特別なお仕事をいただきました。
「EDO TOKYO KIRARI」という、東京の伝統の技や老舗の産品の良さ、素晴らしさを発信するプロジェクトの一つで、パリで展示会を行うというもの。


東京生まれの東京育ちなので、いつでも東京が当たり前。それについて深く考えたこともなかったのですが.....振り返れば、都民の日にもらえる(買う?)かっぱのバッジを喜んで集めていたような子ども時代、山手線に乗ってぐるぐる廻ったり、歩き始めた頃から上野公園が庭のような自分にとってはやはり、愛着があるMY HOMETOWNは間違いなくTOKYOなのでした。ということで、とっても嬉しい機会をいただきました。


加えて、超!仕事のできるフランスチームと一緒のプロジェクトは、吸収したいことがいっぱい、学ぶこといっぱい。刺激を受けて、経験できて、学んで、まだまだ成長できることがたくさんあることを何よりうれしく思っているところです。


さて、半被を羽織って頑張って参ります。


EDO TOKYO KIRARI_f0038600_00350630.jpg

もちろん、私たちの「KIMONO」や「ZEN」「IKEBANA」も、パリの粋な方々に、たっぷり味わってもらう予定です。お茶入れも....がんばらなければ。^^


新しいパッケージの準備も整いました。
ご注文は、メール、FAX、お電話で承っております。

どうぞお気軽にお申し付けくださいませ!!
お待ちしております。^^



by enchan-the | 2020-01-15 00:11 |



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム