excite

Exciteブログ トップサイトマップ

<   2019年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏が間違えてやってきたような月曜日の朝。

UPSの到着を今か今かと待っていると...思いがけず、Collissimo(フランスのゆうパックのようなもの)が。ただのダンボール箱も、なんとなくかわいいのはさすがフランス。

La prune._f0038600_11243152.jpg

友人の作った新しい印刷物でした。
この友人が新しく始めたプロジェクトは、2年前に会った時はまだ企画書の段階だったのに。ものすごーーーーい熱さで!着々と進めてカタチになっているのが本当にすごいと尊敬しています。

Parisでもいくつかの事業を成功させていますが、その集大成のプロジェクトはやっぱり超本気でした。

この人の作る印刷物や世界観は私も大好きで、デザインも本当に素敵。もう15-6年来の友人ですが、前に来日した際に、ウチの事務所にあったフランスの食べ物の本シリーズが、なんと、彼らが大昔に作ったものだったことがわかって驚いたくらい。
フランスのエスプリを存分に味わえるかっこいい本ばかりです。

La prune._f0038600_11310606.jpg


La prune._f0038600_11314796.jpg

La prune._f0038600_11314083.jpg

La prune._f0038600_11313271.jpg

今回のは、本来のプロジェクトに連動する印刷物なので、思い入れも相当な感じがするし、手に取っただけで、私のテンションも思いっきり上がりました。 夢をカタチにしようと努力している熱さはやっぱりいいですね。 私の気合も再び!! 


La prune._f0038600_12012489.jpg

さて、もう十分すぎるくらい充電できましたし。
最近は特に良い刺激をたくさんもらっているので、頑張りますっ⭐︎


Bonne semaine!



by enchan-the | 2019-05-27 09:32 | フランスのこと

5月の清々しさに誘われて、相変わらず、片付けばかりしたくなる週末です。

最後のチェストに手をつけたら、もうずいぶん前にフランスで買ったお菓子の型がでてきました。
どこで買ったんだっけ。。。遠い記憶を辿ってみると、確か、フランス北部のリールという街の調理道具やさん。
Lilleは、パリとベルギーの間にある街です。ここにも用事があって、過去に何回か尋ねたことを懐かしく思い出しました。もちろん、リールで出会ったたくさんのおいしいモノの記憶とともに!


せっかくなので、フルーツティでゼリーを作ってみることにしました。
白ウサギは牛乳で。

自宅にあるお茶は、試作品やサンプルが多いので、本日は、未発売のザクロのフルーツティ(リンゴも入っています)を。ハイビスカスは入っていないので、色もやや落ちついています。


Infusion._f0038600_15150797.jpg


作る時間は準備も入れて10分くらい....と、簡単すぎて作るという程のものでもないのですが ^^; 温かいうちに少しだけお砂糖も加えました。

冷やして固めるのに約40分-1時間くらいでできあがり!
コラーゲンがたっぷりのおやつは、女性にはとってもうれしいですね。
もちろん、市販のゼリーはどこでもお手軽に購入することができますが、自分で作る方がもっとおいしく感じると思います。



さて、ウサギさんたち。着地位置を指定したにもかかわらず、失敗。一匹は若干、負傷しましたが、とってもおいしくできました♡
自分で作ると、好みの固さや甘さに仕上げられるのもうれしいです。

ノンカフェイン同士で、ルイボスティのヴァニラと併せてみました。

Infusion._f0038600_15153011.jpg


Infusionのフルーツティを飲むときに、少し多めに作って半分をゼリーにすると、楽しみが2倍に広がります。

もう少し先にやってくる夏に備えて、お茶の時間のビタミンCとコラーゲン補給!はいかがでしょうか。もちろん本物のフルーツを加えてより贅沢に仕上げると、もっとうれしくなるかも。。。

これから早速、別のフレーバーでも試してみたいと思います。


Bon dimanche !



by enchan-the | 2019-05-19 13:27 | 紅茶とおいしい組合わせ

昨年10月の『南部鉄器カラーポット企画製造販売終了』のお知らせから、早いもので半年以上が経過いたしました。


南部鉄器カラーポットをご愛用いただいている皆様には、ご心配、ご不便をおかけ致しまして、大変申し訳ございません。
おかげさまで、平成のうちに、すべてのポットは完売いたしました。誠にありがとうございました。


残るポット敷きもあと僅かとなりましたので、2019年5月31日をもちまして、『南部鉄器カラーポット専門店・オ ドゥラ デ メール』での販売を終了させていただきます。


2008年にサイトを立ち上げ以来、多大なご愛顧を賜り、心より深く感謝、御礼申し上げます。


しばらくの間、サイト自体は存在いたしますが、将来的には、ENCHAN-THÉ JAPONの歴史のページとして、南部鉄器カラーポットの撮影画像の数々を編集したサイトへ移行する予定です。

平成の時代の思い出とともに、また、みなさまのお手元で末永くご愛用いただけることを願っております。何卒、ご理解を賜りたくお願い申し上げます。



au-delà des mers.での販売終了予定_f0038600_23575899.jpg


小さなサイズがほとんどですが、ポット敷きは、最後のSOLD開催中です。
よろしければ、どうぞご検討くださいませ。







by enchan-the | 2019-05-15 08:58 | おしらせ

春の連休も終わってしまいましたね。
たっぷりとリフレッシュ&充電できた方も多いことと思います。

おかげで、これから夏まで続く爽やかな新緑の季節も、気持ちよくがんばれそうですね!


さて、新茶の準備、お茶のリニューアル&新商品作りなど、いろいろ予定している2019年です。

リニューアルに伴い、個人的に好きだった『マドレーヌの思い出』はしばらくお休み。
マドレーヌもいいけれど、フィナンシェに合う方がいいかなあ。など、試行錯誤しながら秋頃の仕上がりを目指して調整中です。


アイスティのメニューに多く使っていただいている『アールグレイ・トリプレ』は、『アールグレイ・リヴゴーシュ』として、まもなく出来上がります。(今月末-来月初旬入荷)

Rive gauche は、左岸という意味です。パリの左岸。パリはどこも魅力的で、もちろん右岸も好きですが、このアールグレイはアカデミックな左岸っぽい雰囲気を希望して作ってみました。どうぞお楽しみに!


マドレーヌはおやすみ。_f0038600_21161522.jpg



そして、この春、いちばん楽しみにしていたダージリンの新茶。

一回の試飲で速攻一目惚れ?断然気に入ってしまった2種は、とてもENCHAN-THÉらしいファーストフラッシュだったのに。手違いで1種類しか購入できず....。
大変がっかりしましたが、タイプが違うけれど、こちらも気に入った、ヨーロッパ人好みのファーストフラッシュもご用意できました。

今回は迷わず1位から6位までを決めましたが、今年は2種類のみに決定。
少し寂しい気もしますが、また来年を楽しみに。入荷のご案内できるまで、もう少々お時間をいただきたく、よろしくお願いいたします。


さて、五月病を感じたら。。。一杯の紅茶でリフレッシュ!をおすすめします。

Bonne semaine !!




by enchan-the | 2019-05-08 21:28 | フランス紅茶

連休は省エネ派。

ほとんど電車にも乗らず、新緑に誘われた本日は、お買い物ついでに徒歩3分の庭園へ。

ほぼ毎日、塀の外は歩いているというのに、こんなに快適な庭のことをすっかり忘れていました。


VERDURE._f0038600_16015497.jpg

VERDURE._f0038600_16022276.jpg

VERDURE._f0038600_16020154.jpg


VERDURE._f0038600_16024265.jpg


ベンチに座って開いた本のページの上に落ちてくる、様々な植物だったり、虫だったりにも癒されて。
芝の匂いやまだ小さなアゲハチョウの姿にもたくさん!エネルギーをチャージしてもらえました。


VERDURE._f0038600_16023684.jpg


VERDURE._f0038600_16023096.jpg

はやくもアイス抹茶が欲しいお天気でした。


さて、テイスティングも無事に終わって、明日は出勤。
貨物が遅れて困っていますが ^^; Reiwa初仕事、楽しみます!




by enchan-the | 2019-05-05 16:21 | 日々

新しい時代がはじまりました。

雨さえも、止めてしまう!さすがですね。 良いエネルギーに満ちた時代になるといいなあ。

さっそく、Reiwaを「Darjeeling Early First Flush」ではじめてみることにしまして、予約した4つの農園のモノを堪能しました。去年の魅力とは異なる2019年の新茶の香りを味わい、外観をみているだけで気分が上がってきます。春摘み特有の繊細な風味は、美しくエレガントでとても好きです。
詳細はまた追って!


いただきものの焼き菓子もゆっくり試食しながら、お茶しました。

食感や香り、中に入っているものなどを感じながら、ゆっくり味わう。こういう楽しみってつくづくいいなあと思います。

おもしろいもので、贅沢な嗜好品のダージリンは、焼き菓子や甘いモノにはあわなくて(と、自分は思います)はちみつを使ったフィナンシェなどは、かなり厳しい組み合わせです。
ダージリンのとくにEarly First Flushは、単独で、お茶だけを楽しむためのものと言えるほどの気品もある、特別なお茶です。


Bonjour L’ère Reiwa !_f0038600_14485836.jpg


焼き菓子には、お菓子に負けないくらいしっかりしたお茶がおすすめです。
新商品の『ベルリン』を合わせてみると、はちみつのフィナンシェも生き返って、最後にはしっかりとはちみつと紅茶が調和しました。テ・アロマティぜ(フレーバーティ)を使うと、組み合わせの幅がもっと広がって、たくさん楽しめます。


フランボワーズとココナッツのサブレから『リル・ド・ココ』を感じてうれしくなり、少し向きを変えて、ヴァニラやキャラメルを合わせてみたくなったり。


サブレと焼き菓子の間のような食感がとくに気に入ったブタのカタチをしたお菓子は、シンプルでやさしい味。砂糖を数種類使ったり、少しだけ塩を効かせてあるのもおいしくて。このブタなら、柑橘系でも楽しめそう。『クレモンティーヌ』と試してみたくなりました。


パイ好きなので、特に楽しみだったパルミエのようなお菓子は、その薄さが魅力でした。最後にカネル(シナモン)が出てくるので、『パン・デピス』であわせるとどうなるのか。『スウィート・ホーム』でも試したく、傾向が異なりますが、アンフュージョンのフルーツティとも相性が良さそうに思えました。
もちろん『旅する紅茶』はベストな組み合わせでしょう!


Bonjour L’ère Reiwa !_f0038600_14491484.jpg


こんな風に、お茶とお菓子の組み合わせにも楽しみがいっぱい見つかります。


こういう時間や楽しみを増やしていきたい。^^
Bonjour L’ère Reiwa ! よろしくお願いいたします。



引き続き、どうぞ楽しい連休を。お仕事の方々はがんばってください!!




by enchan-the | 2019-05-01 15:15 | 紅茶とおいしい組合わせ



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム