excite

Exciteブログ トップサイトマップ

<   2019年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2月中にどうしても終らせなければならない仕事がありまして...ほぼ、カン詰の今週。

本日は朝から集中してサクサクサクっと業務も捗り、壮快な一日でした。
なにしろあと1日しかありませんので、急いでいるのです。^^;


金曜日からは3月。もう春ですね。

いちごの紅茶:アレクサンドラ、4時のお茶、ラササヤンなど
をおすすめしたいところですが、花粉も気になる陽気になってきたようです。

ということで、オーガニックのルイボスティフラボノイドや、天然ミネラルをたくさん含んだノンカフェイン飲料は、花粉症にも良い...かどうかはわかりませんが、やさしい風味は間違いなくリラックスできます。季節のかわり目、年度の変わり目の気ぜわしい時期の休息におすすめいたします。

少し濃いめに入れて、ミルクを加えてもとってもおいしくお楽しみいただけます。

f0038600_19423783.jpg

さて、明日は2月の最終日。

3月からをもっと快適に楽しくするために....Last spurtです。


Bonne semaine.



by enchan-the | 2019-02-27 19:58 | 日々

先週からの繁雑さにお手上げで...本日は夕方から、気分転換のお茶@ 33F.

苺の季節が始まりました。

f0038600_21460209.jpg


f0038600_21463999.jpg

高いところから外を見るだけで気分もスッキリします。 気分転換にピッタリ。

苺のお菓子には、『アレクサンドラ』などを併せたいところですが...残念ながらありませんので、本日の一番併せやすかったお茶は、軽めのラプサンスーチョンでした。中国茶に少しだけインドの茶葉が混じっていて、甘さも感じられるおいしい紅茶でした。


バーガーにもいちごが挟まっていたり。いちごのキャビアがあったり。いちごがいっぱい。いちばんのお気に入りは「フォアグラとカリフラワーのムースタルト」でしたけれど、どれもおいしかったです。


f0038600_21471372.jpg


いちご(ベリー?)がいっぱい入ったスコーン。

f0038600_21495517.jpg

思いがけず、お花見もできました。

f0038600_21501050.jpg


AMAN大好き。 ここに来ると本当にホーッとできて、生き返ります。


もうすぐ国に帰るUちゃんの思い出にも残るかな。と連れてきてみました。

「わたしはせっかく生まれてきて、今、生きているんだから、できるだけキレイなもの、美しいもの、良いものを見たいんです。いろんなことを知りたい。おいしいものを食べてみたい」と、かわいい日本語で言われると、うれしくなります。

自分がいつも思っていることを人の口から聞くととても新鮮で、改めて、まったく賛成です。
繁雑に押され気味でお疲れだったところ....大げさではなく、人生を考え直したくなる言葉でした。^^


そうですねー。わたしもいつか、Uちゃんの国の広い緑の草原を見てみたいな。


f0038600_22031879.jpg

少しだけエネルギーチャージができました。

どうぞよい週末を!


*連日、南部鉄器カラーポットの販売先のお問い合わせをいただきます。誠にありがとうございます。
ご案内を差し上げたお客様が方方、お問い合わせくださり、「久保田一竹美術館」様に、KIKU No.5 ピンクとターコイズがあるとご連絡を下さりました。
すぐに無くなってしまうかと存じますが、ご参考までにご案内申し上げます。




by enchan-the | 2019-02-22 21:49 | 紅茶とおいしい組合わせ

毎年、2月は繁雑で...。それでも、もうすぐの出張予定を励みに、楽しみに。がんばってきたにもかわらず....雲行きが怪しくなってきて延期かも。久しぶりの北米...(涙)。
で、若干、下がりそうな本日は、シュークリームとかタルト オ ポワールとかに慰めてもらっています。^^;



古いPCの整理をしながらみつけた写真。
この国では、こういうかわいいメッセージによく出会うことを思い出しました。
気が利いていますよねー。

f0038600_22372871.jpg


ベルリンでみつけた、人生は短い。(だから)お茶を飲もう。っていうのも素敵でした。


f0038600_22374150.jpg

フランスのお隣の国。
ここのサンドウィッチも大好き。国鉄のあちこちの駅に入っているパンやさんのサンドウィッチはどれもおいしくて....時々、あのパンやさんが近所にあったらなあ〜と思い出します。

f0038600_22383004.jpg

......。嗚呼、もう、どこかへ出かけたくなってしまっているのですが、しばらくはおとなしくアタマの中で旅にでます。TO DOいっぱいありますし。。。


そして早くもまた新茶のシーズンが。一年って本当に早いですねえ〜。

だから、やっぱりお茶を飲もう! です。 今夜は『プラリーヌ』で、Bonne nuit.



by enchan-the | 2019-02-19 22:43 | 日々

何かを予感していたのか、今朝はいつもよりずっと早く目覚め、朝からクレープ(ジャンボン&フロマージュとバター&メープルシロップの塩、砂糖両方!)まで作って焼いてお茶してと、余裕の朝食を楽しんでいたところ、うれしいニュースが届きました。

17年間、ずーっと欲しくて願っていたENCHAN-THÉのマークが、ようやく今朝、生まれたと。


いろいろな理想やイメージも膨らむばかりで、なかなか形にならなくて、長い間に何度か試しても時期尚早だったようで、完成に至らずを繰り返していました。やはりモノゴトにはふさわしいタイミングがあるのですね。本当に嬉しく受け取りました。

お披露目はもう少し先になりそうですが、最終的に、自分が思うENCHAN-THÉらしいカタチになったなとつくづく思っています。マークの中に、背伸びもしない等身大の魅力が、ENCHAN-THÉのすべてが入っている。そう思えました。


懐かしい。このキッチンで入れてもらった一杯の紅茶から始まった『ENCHAN-THÉ・アンシャンテ』です。奥のテーブルで飲んだあの紅茶は今でも忘れられない特別なお茶。


f0038600_23144239.jpg


こちらからは小冊子を作りにお世話になった人々を一斉に訪問したとき。
お茶の師匠達のお店も2店舗目に引っ越したころでした。今はもうないのが残念です。

f0038600_23362132.jpg


f0038600_23360542.jpg


f0038600_23364036.jpg


f0038600_23365237.jpg


f0038600_23363098.jpg

勝手に師匠とさせていただいている、巨匠はやっぱりすごかった。
仕事の進め方、指導の仕方が本当に素晴らしくて『ENCHAN-THÉ』の魅力を引き出す技術、能力が....さすがでした。『ENCHAN-THÉ』の持っているもの、想い、いろいろな点を拾って、引き出して、意味を作ってカタチにする。
最後の手の入れ方などには、なんと言えばいいのか、言葉も出なくなって一人で感嘆するばかりでした。

一見、普通っぽくも見えるのですが、つくづく計算された小さな積み重ねがいっぱいで、普通とは全然違う。
このレベルにまで到達しないとできないことなんだなあと、間近で見せていただけただけで感慨無量の思いっきり貴重な学びでした。

そのうちに、暖かくなる頃にお披露目できると思います。まずは、少しづつ静かにchangeしていく予定です。

特別な日になったのに、一方は思いっきり遅れていて、、、自分も再び試飲ラッシュです。
もう、しばらくは貝のように閉じこもって集中して仕上げます。

courage....!!






by enchan-the | 2019-02-12 23:09 | 日々

『冬の紅茶』が似合う寒さが戻ってきた連休ですね。

諸般の事情で昨日からPCが使えなくなったので、思いたって近所の映画館まで。

日経の映画欄では☆5つだったのを見つけて。公開2日め。ミニシアター系にしてはとっても賑やかに混んでいてホッとしました。
久々の作品は、たくさん映画を観ていた10-20代の頃とは見方も変わってきてしまったようで、映像の美しさや音楽、俳優の表情や細部に表現されることだけをたくさん味わって楽しんで終了。現代小説を読むのをやめてしまったように、ストーリーに深く入ったり考えるのはやっぱりやめてしまう。イタリア語がわかったらもっと良かったな。☆3.9

重いテーマの映画を観てこんな感想を持つ人は他にいないだろうと思いますが、病院の病室のデザインがとってもかっこよくて色の使い方も素敵で...。気に入りました。^^;

次回、おもしろそうなフランス映画が来るのとその次のフレデリック・ワイズマンのも観にいこうと、今から楽しみです。ドキュメンタリー系ですけど!

f0038600_23402586.jpg


何より気に入ったのは、帰りに寄った『神保町ブックセンター』。
その昔、やっぱり10代の頃は、岩波の赤と緑は全部読破する!と夢中になっていたくらいの岩波好きで、全部は無理だったけれどけっこうな数を読んでいました。

その岩波文庫が全部...揃っているカフェ!圧巻です。倒れそうになるくらい感激しました。岩波の前に座ってお茶できる!!こんな幸せがあるでしょうか... うれしい*

メニューには、文庫ソーダというものもあって、赤、青、緑、黄色、白のソーダが飲めるのでした♡
読書にはおいしい紅茶があるといい。岩波文庫のための紅茶、作ってみたいなあ〜。などと思いながら、パリの友人が作っていた『Thé des écrivains』を思い出しました。

f0038600_23392715.jpg

本日の席は、現代文庫の前。とっても座り心地の良いイスで、お茶をしながら背表紙を目で追うだけでうっとりしてしまいます。

奥には少し絵本もあって、未就学の頃に親しんだ本が並んでいました。何歳の誕生日だったか忘れたけれど、どーしても欲しくて初めて買ってもらった『広辞苑』がとってもうれしかったんだった。ということも懐かしく思い出し...。もう、最終的にはこの本棚が全部欲しくなってしまいました。。。

f0038600_23393377.jpg

自分の仕事をはじめてからは、実務に関係のないことはかなりストイックに遮断していたので(笑)こういった娯楽を解禁すると大変なことになってしまうのはわかっていると自重しつつも、しばらく離れている間に新刊や復刻版も出ていたりと、魅力的なものが多過ぎて...。

本日のお買い物は、岩波・青の『伽藍が白かったとき』par コルビュジェと現代文庫の『評伝アインシュタイン』に絞ってみました。

f0038600_23394141.jpg


さて、その昔にたくさん読んだとはいえ、結局、今となっては、内容をしっかり覚えているものなどはほとんどない(笑)。少しでも血となり肉となっているのかさえ....怪しいものですが。^^;

本にはやさしく自分を包んでくれるような愛情があって、それに接することができるのはやっぱりとても幸せです。

懐かしいものが似合うこの街の場所柄というのもあるのでしょうか。

昔に返った日曜日。

ホッとする懐かしさとうれしさは、間違いなくココロの栄養。
紅茶がますますおいしく感じられるようになりそうです。


引続き、どうぞ楽しい休日を!



by enchan-the | 2019-02-10 23:05 | 日々

カラカラの東京には恵みの雨の水曜日。
もう12年くらいのおつきあいになる、仲良し姉妹が朝から立ち寄ってくれました。
その昔は、イヴェントを手伝ってくださったり、お菓子を作ってくれたり、ついつい思い出すことも多く... あの頃もやっぱり走っていたけど、それはそれで楽しかったなあ〜と、経過した時間を愛おしく思い出しながらのおいしいお茶の時間でした。


去年の夏、秋くらいから『Ricaがお茶に戻ってきた!』と、海の向こうでは喜んで歓迎してくれる声がいっぱいで、大変恐縮しつつ、、、寄り道も貴重な経験だったと。^^;
ようやくほっとできる時間と好きなものに囲まれて、リスタート態勢も整いました。


いつのまにか走っていた別のレールは、そこを通らなければ次へ進めなかった必要で貴重な経験だったようで、おかげでたくさん成長できました。

f0038600_22331241.jpg
f0038600_22324339.jpg
f0038600_22325228.jpg
f0038600_22332644.jpg

さて、楽しいお茶の時間をたくさん!
ご案内、ご提案できるようにがんばろう。

f0038600_22350977.jpg

f0038600_22352325.jpg


f0038600_22354190.jpg


今日から突如、いろいろ動きだしました。が、しばらくはマイペースでおいしいお茶作り、いろいろ作ること、仕込み!に励みます。


仲良し姉妹にも味見をしてもらった、女性のためのチャイも、やっぱりいい感じです。
みためもかわいいお茶に気分も上がりました。
どうしようってくらい。 かわいい♡

楽しい春になりそうです。




by enchan-the | 2019-02-06 22:55 | 日々

東京でもようやく、冬らしい寒い日が続きました。
今年は残業しない。と決めたのに....再び、こんなに仕事が楽しくなってしまうとは。。。

やらなくてはいけないのに後回しにしていた山ほどのことが片付いて、机の上も片付いて、やりたい仕事に集中できる楽しさやうれしさを静かに満喫しています。

ものすごーーく忙しい。という楽しさも好きではありますけれど、焦ることなく落ちついて、良いモノを作っていけるという、いまの心地良いペースがとても気に入っています。1年遅れ!のプロジェクトもようやく加速できそうですし。


ENCHAN-THÉ(アンシャンテ)の白さも少し、戻ってきました。
f0038600_20404216.jpg

先日、メープルシロップを贈ってくれたマダムから「メープルシロップは知ってた?」と。
もちろん、子どもの頃に大好きでいつも読んでいた『Laura Ingalls Welder』の本の中で、ローラやメアリーが食べるものはすべて私の憧れだった。カエデのシロップってどんな味なんだろうっていつも想像していた。トウモロコシのパンにも憧れていたし、カエデの蜜は初めて食べた時から今でも大好きですよ。ってやりとりをしていたところ。

そのマダムが大好きだという、Laura Ingalls Welderが書いた文章を送ってくれました。

Home is the nicest word there is.

I am beginning to learn that it is the sweet, simple things of life which are the real ones after all.

Remember me with smiles and laughter, for that is how I will remember you

all. If you can only remember me with tears, then don't remember me at all.


Every job is good if you do your best and work hard. A man who works hard

stinks only to the ones that have nothing to do but smell.

Suffering passes, while love is eternal. That's a gift that you have received from God. Don't waste it.



働き者のAIのおかげ!?で世界のたくさんの素敵な言葉が身近になるのはありがたいですね。
花を贈る、チョコレートを贈る、紅茶を贈る......など、さまざまですが、素敵な言葉をもらえるのは格別です。
大切なコト、大切な言葉や、思いやり、やさしさなどをしみじみと味わえるのは幸せです。


ローラたちがどんなお茶を飲んでいたのか、記憶にないのですが、寒い時期と暖かい時期は別々の場所で暮らしているというマダム。めずらしく今日は涼しいというフロリダにて、これから『アンシャンテの冬の紅茶』を楽しむとのこと。

「こんなにおいしいお茶は見つからないわ」と言ってくれる方々の、海の向こうでのお茶の時間を想うだけで元気をもらえます。

f0038600_20495122.jpg

ご心配をお掛けしたティーブレンダー嬢は、お元気に、本日は、熱い国の美しい街とおいしいお茶を満喫しておられる様子です。

ご無沙汰してしまった、まもなく旧正月を迎える国の友人たちにも先ほど『紅茶の手紙』を送りました。お詫びにティーバッグ3種類入りと詰め込んで!


エアメールにもどんどん使っている『紅茶の手紙』ですが、いろいろな場所で、アンシャンテのお茶の時間が増えたらうれしいなあ〜。


さて、明日もお仕事です。
時々お問合せをいただく『meeci 紅茶』。2月前半はもちろん『ショコラ』の予定です。
1個のティーバッグで約300cc. かなり大きめのマグ1個分ですので、たっぷりお楽しみください。


どうぞよい週末を!



by enchan-the | 2019-02-01 20:41 | 日々



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム