excite

Exciteブログ トップサイトマップ

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
先週、都立大学にオープンした小さなカフェ 『Coquille』さんに行ってきました。
f0038600_2341473.jpg


店内は、オーナーのIさんの好きなフランスの雰囲気とアンティークの家具でまとめられていて、とっても落ち着く雰囲気。壁に飾られた、Yoko Yamashitaさんの版画がうっとりするほど素敵でした。同じく、Yoko Yamashitaさんがパッケージを制作された紅茶『Lutece』も、特別なカップでいただくことができます。
f0038600_2385575.jpg


紅茶の他にも、オススメのカプチーノやアルコール類、ちょっとした温かい食べ物が用意されています。濃厚チーズケーキ、とっても美味しいですよ♪

自分だけのとっておき....にしたいような、隠れ家的素敵なカフェ。
都立大学駅から徒歩1分です。
by enchan-the | 2006-09-22 23:24 | フランス紅茶
季節というのはわずか数日ですっかり変わってしまうのですね。つい先週まで夏だったのに...冷たい秋の雨。  それでもフランスから持ち帰ったラベンダーのおかげで部屋の中は南仏の香りがいっぱい♪ フランスの青い空、カラッとした空気を思い出します。雨の日はいつもに増していろいろな香りが際立ちますね。

さて、先日に続いて旅日記の続き...。
サンレミの街を写真でお散歩。と思ったのですが、散歩中は案外写真を撮っていないもので、少ししかありませんでした。そう、食べることや買い物、カフェでのんびり〜っと、他のことでいっぱいで(笑)。なので、ちょっとだけ!



f0038600_2373571.jpgf0038600_238513.jpgかわいいフランボワーズのサブレ。




f0038600_2382261.jpg
取引先のスタッフに教えてもらった紅茶専門店。↑アンシャンテと同じ紅茶もありました。



f0038600_2385586.jpg←パッケージが素敵で買ったビスケット他

f0038600_2391598.jpg
手芸やさん→ 中にはご高齢のマダムがいっぱい。



f0038600_23172951.jpg

木から落ちたいちじくをころころ並べて....昼間の日差しであっという間にドライいちじく?

f0038600_23325453.jpg

            カゴしか売っていないカゴやさん。


他にも、オリーブオイルやさんや、ショコラティエ、アロマテラピーの専門店、かわいい雑貨屋さんなど、素敵なお店がいろいろあります。私が一番長居をしたのは、アロマテラピーの専門店。顔のクレンジングからパック、仕上げまで、BIOの基礎化粧品を使ってフルコースで丁寧にお手入れしてくれました。もちろんサービスでしたけど、ついつい...買ってしまいますよね、こういう場合は(笑)。

明日は、リルシュルラソルグ(L'ile sur la Sorgue)の朝市へ行きます♪
by enchan-the | 2006-09-17 23:53 | フランスのこと
さて、忘れないうちに旅日記を少しづつ書いておこうと、サンレミ(Saint-Remy-de-Provence)のショコラティエ『 JOEL DURAND 』で買った美味し〜いショコラと、ソルグ(L'ile-sur-la Sorgue)のマルシェで買ったティザンヌをいただきながら写真整理をしているところです。(チョコとハーブ。ちょっと妙な組み合わせ?ティザンヌはメリッサ、カンゾウ、ミント、クマツヅラのブレンド。夜向けのティザンヌです)

今頃になってパリは30度もある暑さだそうですね。私が行った頃は、南仏は例年通りの夏らしいお天気。パリも過ごしやすくてラッキーでした♪

            *      *


早朝、パリに着いた私たちはさっそくTGVでアヴィニヨンまで向かうことにしました。まずは窓口に並んで列車の予約券をチケットと引き換えなければなりません。乗車時間まであと30分、にもかかわらず....窓口には恒例の長〜い列。後ろに並んでいたおばさま方も急いでいるらしく、そわそわしています。そこで、辺りに並んでいる人みんなが何時の電車に乗らなければならないか話し合うことに....(笑)。結果、私が一番早かったので前に並んでいた人たちも順番を譲ってくれました。ね、フランス人って親切でしょう? もちろん黙っていてはダメですけど、困っていると助けてくれる人が多いです。ちなみに後ろのおばさま方は私の次の電車だったので、同じく前の方に譲ってもらえていました。

さて、どんよりしたお天気のパリを出て、南を目指します。食の街、リヨンを過ぎてしばらくしたあたりから南フランスらしい真っ青な空が見えてきました。早朝パリに着いたのと、曇っていたのですっかり油断していた私は日焼け止めも塗っていなくて大いに焦ったものの、気がついた時にはすでに手遅れ! 翌日には早くも顔の皮が剥けてしまうぐらい悲惨な顔になってしまいました。そうなんです、南仏の太陽は日本人のお肌には強烈すぎるんです〜。南仏へ行く時は日焼け止めと帽子は必須ですよ〜。(でも...このお肌の救世主が後に現れてくれるのです。)

f0038600_1465526.jpg

              アヴィニヨンTGV駅

アヴィニョンに着き、レンタカーを借りに行くとカウンターにいたお姉さんたちが日本語を習いたがっていました。そこで、プチ日本語レッスン。なんでも日本人のお客さんも多いらしく、「これからは英語じゃなくて日本語を習わなくちゃ、仕事が見つからないわ〜」なんて言っていました。よくわからないけれど、とにかく楽しそうに仕事をしている人たちです。このくらい肩の力が抜けていると、毎日楽しそうでいいなあ〜。
「日本人はみんなオートマを借りるでしょ?」と聞くと「そうそう、そうなのよー、全員オートマよ!」って「よくぞ聞いてくれた」とばかりに大喜びで答えていました。お姉さま方の期待通り、私たちもオートマを借りて、さっそくSaint-Remy-de-Provenceへ向かいました。去年、マニュアル車を借りて何度もエンストを起こした私たち(笑)。今年はこれで安心です!

プロヴァンスには小さな街や村がいくつもありますが、それぞれに個性があってどの街を尋ねても楽しめると思います。アヴィニヨンも見所がコンパクトにまとまっていて滞在しやすい街ですが、もっと小さくて、かわいいお店やおいしいお店がたくさんあって、自然もたっぷりの居心地の良い街がSaint-Remy-de-Provence。

f0038600_149276.jpg

            サンレミの街を抜けると並木道が続きます。

私はこの街が大好きです。8月も最後とあって、観光客もだいぶ少なくなっていましたが、まだまだにぎやか。何より夜は9時過ぎまで明るいので、たっぷり楽しめます。ここでは、街の中心まで歩いてすぐのメゾン・ドット(自宅の一部を貸す民宿のようなもの)に滞在しました。メゾン・ドットの良いところは、ホームステイのようにその家の人とのコミュニケーションを楽しめること。フランス人家庭のセンスの良さを学べること(これは滞在する家にもよりますが...)。何より値段が安いことでしょうか。
最近は、雑誌にでてくるようにセンスの良い素晴らしいメゾン・ドットも多く、そういうところはそれなりのお値段で高いのですが、たいていはホテルに滞在するより安上がりです。
私たちが地方を旅するときは、どうしても泊まってみたい素敵なホテルを一カ所ぐらい楽しみに入れておき、あとは素敵でかわいいメゾン・ドットを探すことが多いです。もちろん、パリなどの大きな街ではやはりホテルやアパートを借りる方が便利だと思います。

f0038600_1525513.jpg

今回お世話になったメゾン・ドットのマダム。2部屋しかない小さなメゾン・ドットは、インテリアやお料理好きのマダムの趣味なのだそう。中でもとっても広くて機能的なキッチンが大のお気に入りスペース。お勤めしているご主人も、週末には芝を刈ったり、プールのお掃除(と、言っても『ロボ』と呼ばれる自動プールお掃除ロボットがやってくれるのです!!)を手伝ったり...仲良く楽しそうです。「こういう生活っていいなあ〜」と、ちょっと憧れました。
by enchan-the | 2006-09-13 02:06 | フランスのこと
夏休み中、8/28にお問い合わせをいただきました、F様。お返事のメールを送りましたが、あいにく戻って来てしまい送信できません。 お手数をおかけしますがもう一度ご連絡をいただけますでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします♪


お知らせ-2-

9月30日(土)に予定しております、大栗司麻ちゃんの Sax Recital~Un samedi a la francaise~のチケットは完売しました♪   この日の為に、普段、Enchan-theでは販売していない特別な紅茶を南仏から持ち帰りました。当日お越し下さるお客様、おいしい紅茶のご用意をしてお待ちしております〜。
by enchan-the | 2006-09-08 18:07 | フランス紅茶
f0038600_1844182.jpg


少々緊急な用事ができてしまって先日帰国しました。滞在が短くなってしまった分、中身の濃〜いハードな旅になってしまいましたが、やっぱり南仏は、いつ行っても何度行っても素敵なところです。旅日記も、たくさん撮って来た写真とともに少しずつupしていきますので、どうぞお楽しみに!

最終日のParisの滞在時間はわずか24時間! アヴィニヨンからTGVで午前中にパリに着き、その足で展示会へ行って夕方まで仕事をして、夜は接待を受けて...夜中の1時すぎにやっと空港近くのホテルに戻りました。(くたくた〜!その上、翌日は6時起きです...)
ぎゅうぎゅうのスケジュールの中でも、「絶対にラデュレのケーキは食べたい!」と30分だけサロン・ド・テに走って美味し〜いフランボワーズのガトーで生き返ったり、ビューマレ、サンポール村近くにある知人のアパート(17世紀の建物でとっても美しい!)でティザンヌをいただいたりと、息抜きしつつ短い滞在を楽しみました。


バカンス最後の週末とあって、地方も電車も大混雑で、パリにはまだまだ観光客も多く、人ごみに疲れてしまいましたが、Roissy空港を飛び立ち、経由地のチューリッヒに着くと、のんびりとのどかで平和な風景が広がっていてほっとしました。空港も割合空いていて、機内の座席も広く、脚がたっぷり伸ばせる席だったので、快適な空の旅でした。おまけにスイスエアーグッズは色もデザインもかわいくて、やっぱりかわいいモノに囲まれていると落ち着くわ〜っと、スイスのおいしいミルクをたっぷり入れたミルクティを何杯もいただいて、幸せなひとときを過ごせました♪  何をするにも、余裕やゆとりって大切ですね。紅茶をいただいている時間がいつにも増してとっても貴重に思えました。
f0038600_19195667.jpg

by enchan-the | 2006-09-07 19:25 | フランスのこと

プロヴァンスでゆっくりしようと思ったのもつかの間、こちらへ来てから日本でいろいろな問題があって急遽、予定より早く帰国しなければならなくなってしまいました。(本当に残念!)そのおかげで、毎日ぎっしりのスケジュールで動いていて、すっかり更新が遅れてしまったというわけです。
昨日もおとといも、そして今日も、車で毎日200kmぐらい走っているので、夜にはぐったり疲れてしまうんですよね。日が長くて、夜9時でも明るいのでついつい気がつくともう8時なんてことばかりです。朝晩は肌寒いくらいですが昼間はとっても暑いです。

そして今はプロヴァンスの田舎から移動して、香水の街、グラースの近くに滞在しています。コートダジュールです。もちろん今日は、香水の調合をしました。 いろいろな香りというのは本当にうっとりするほどステキですね。Molinard という会社の博物館&ブティックには、観光バスで大勢のフランス人が見学に来ていて、女性も男性も驚くほど買い物をしていました。倹約家のイメージが強いフランス人も香りのモノは特別なのでしょうか? 私も香水の他、ミモザの石けんなど、サボンをいろいろ買ってみました。

さらに、近くの薬局で薬剤師さんに、私にぴったりのハーブ(薬としての)を調合してもらっているところで、明日出来上がるのを楽しみにしています。

プロヴァンスではラベンダーの香りが溢れていましたけど、こちらはバラとかジャスミンの方が多いようです。今の時期、咲いている花は少ないのですが明日はちょっと花畑に寄ってみようと思います。

では、帰国の日も近いので更新は未定ですけど、また近いうちに!


f0038600_20372748.jpg


最初に泊まったサンレミドプロヴァンスのメゾンドットの朝ごはんです。
部屋の前に小さなプールがあってその横でいただきました。なんと4種類のパンに卵、フルーツ、朝からマダムお手製の小さなお菓子まで付いていました。
まだ4年目という新しいメゾンドットなので、日本人は私たちが初めてだそう。シンプルでとってもきれいなお家です。2部屋しかないので、の〜んびりできました。ベッドも広くてリネン類もステキ。その上こんなにかわいい朝ごはんまでついて、二人でたったの75euro!大満足でした。
by enchan-the | 2006-09-01 07:51 | フランスのこと



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム