excite

Exciteブログ トップサイトマップ

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
f0038600_2250406.jpg

すっかり忘れていた頃に届いたこの紙包み。


f0038600_22531955.jpg

じゃん!! これが前にご紹介した Lilleのgaufre(ゴーフル)です。
はるばる海を越えて、フランスからやってきました〜。


f0038600_2254484.jpg

見た目の素朴さが、北部の街のお菓子らしくてかわいいところです。
中味はバターとお砂糖、そしてマダガスカルのヴァニラがクリーム状になって挟まっていて、一口噛むと柔らかい生地のもちもち感と重なり.....これがなんとも言えない美味さ!!
紅茶と一緒に食べるとホントに幸せxxxxx。



ゴチソウサマデシタ!!
by enchan-the | 2006-02-25 22:49 | フランス菓子
日頃、お茶のことや食べ物のことを考える事が多いので、どちらかというと(?)花より団子派の私。
仕事が忙しくなってからはベランダも一掃してしまい、今はアブラハム・ダービー(バラ)と宇治茶の木しか育てていなくて少し悲しい。。。
疲れているときは、やっぱりお花に癒されますからね〜。

先日、東京ドームで開催する「蘭展」の内覧会にお邪魔しました。蘭って、飾りにくそうで、あまり馴染みのない花でしたけど、かわいらしいモノも発見。
f0038600_0321738.jpg

話題のプリンセス・キコも拝んで参りました。

お茶の時間のテーブルに、たった1輪でも花があると明るくなりますよね。
我が家の一人娘、アブラハムダービーちゃんも、だいぶ芽が出てきました。
春って、こういうのが楽しみですね。
by enchan-the | 2006-02-21 00:37
f0038600_22593035.jpg


バレンタインデー。週末の打合せの帰り、百貨店のチョコレート売り場を通りかかったものの、あまりの人の多さに逃げ帰ってきました。
なんとなく、今年はチョコレートはや〜めたってことで、この前、お客さまのリニューアルオープンのお祝いに行った帰りに見つけた和菓子やさんに決めたのです。
この前は、うぐいす餅とお団子を買って、久しぶりに出会った和菓子やさんらしいおいしさ、そして、和菓子職人らしい上品な店主(おじいさん)の対応がとてもうれしくて、ここの上生菓子は要チェックしていたのでした。

買いに行ったら、今度は息子(おじさん)が登場。おじさんも和菓子職人の気質が出ていていい感じでした。

で、太った練りきりの小鳥はウグイスです。椿はお餅。
ダージリンかヌワラエリヤで召し上がっていただきたいところでしたが、やはりオーソドックスにお抹茶に。
スケジュールの都合でちょっと早いけれど・・・。
by enchan-the | 2006-02-13 23:28 | 日々
ポンタヴェンで探していたモノ・・・それは、この地方ならではの焼き菓子です!
ブルターニュ地方は、たくさんのおいしいお菓子があることで有名ですが、私が特に好きなのが、バターがたっぷり入った丸い焼き菓子『ガレット』。
このポンタヴェンは、別名、『ガレット村』とも呼ばれるガレットの発祥の地で、私にとっては聖地だったのです〜(笑)。

今では、この村の有名なお菓子屋さんのガレットも日本に輸入されてはいますが、やはりガレット好きとしては、足を運ばないわけにはなりません。とくに昔がらのパン屋さんスタイルで、ガレットやファー・ブルトン、ガトー・ブルトンなども作っているお店のガレットをどうしても食べてみたかったのです。
そして、ついに願いがかなって手に入れた素朴なお菓子達がコレ。

f0038600_2252318.jpg

工場製品とは全然違う、素朴で甘じょっぱいガレットは幸せの味がしました(涙)。
もちろん、PENVENなどの有名メーカーのものも美味ですよ。

紅茶やとしては、どうしてもこのお菓子を紅茶と一緒に食べるのほどぴったりな組み合わせはないと思っているのですが、お茶後進国(失礼!!)のフランス。過去は、コーヒーと組み合わせて食べることが多かったようです。もっとも、お茶と一緒に食べてしまったら、終わるところを知らずに大変なことになること間違いなしですけど・・・。(このお菓子のカロリーだけが私を悩ませます)

ブルターニュというと、いつも天気が悪くて少し寂しい感じ。というイメージをもたれているようですが、このかわいらしい村はいかがですか?

f0038600_2341344.jpg

by enchan-the | 2006-02-11 21:30 | フランス菓子
f0038600_22554740.jpg


パッケージにつられて、ついつい買い物してしまうことってありませんか?
秋にフランスへ行ったとき、買ってしまったのが、この『イワシの缶詰』。
こんなに素敵なイワシの缶詰は見たことが無くて、欲しくなってしまったんですよね。中味もおいしそうで、レモンのスライスと一緒につけてあるモノや、オリーブオイル漬け、緑のこしょうといっしょに漬けてあるモノの3個セットです。

f0038600_23161490.jpg


この素敵なパッケージの商品を作っているのは、私がずーっと行きたかったブルターニュの小さな村「ポンタヴェン」にある食料品店です。

ポンタヴェンといえば、一般的にはゴーギャンの絵で有名ですが、私にとっては、もっともっと会いたくて?探していたモノがあったのです・・・。

f0038600_23183842.jpg


マダムの後ろにあるモノ・・・かわいい缶入りのお菓子ももちろん買いました♪
by enchan-the | 2006-02-05 22:54 | フランスのこと
ここはリールにある老舗のパティスリー兼サロン・ド・テ [MEERT]。お茶の種類は多くはないのですが、ディスプレイに飾った古いお茶缶がとっても素敵。
f0038600_037222.jpg

カウンターに飾られたお菓子も美しいこと!
f0038600_0394151.jpg


ここでのオススメは、ヴァニラのゴーフル☆ 日本ではベルギーワッフルなどが流行ったけれど、フランスのゴーフル(ワッフル)のおいしさと言ったら・・・!思い出しただけでもまた食べたくなります。。。そこで只今、フランスのゴーフルについて勉強中。 作れるようになったらまた発表しますね〜。

週末ともなると、人気のお店はお茶を飲むのも数十分待ち。パリに戻る電車の時間を気にしつつも、お茶とお菓子を楽しみました。
f0038600_0475655.jpg



フランスにも、食いしん坊の友人や知人がいるので、とっても助かっています。サロン・ド・テへ連れて行ってくれたり、おすすめのお菓子を紹介してくれたり、とくに地方へ行くと自分の街が大好きという人が多いので、聞けば聞くほどうれしい情報に出会えたりします。この日も、レストランでの昼食後、このサロン・ド・テにたどり着くまで、右側にあるパン屋に寄り、通りの向こうの食料品やにも立ち寄り、もちろん、お茶専門店にも寄りました。
リールのパン屋さんで出会った「砂糖の固まり入りパン」。写真を撮らなかったのが悔やまれるほど、珍しくておいしいパンでした。


by enchan-the | 2006-02-03 00:55 | フランス紅茶
九州の福岡から美人パティシエールのRyokoさんがいらしたので、大雨、風の吹き荒れる中、パティスリー巡りをしました。
丸の内のサダハルアオキ、イデミスギノ、足を延ばして青山のエルメとお決まりのパターン。パン屋さんも外せないので、VIRONにも立ち寄りました。渋谷へはあまり行かないので、丸の内に出来てくれてうれしい限り。
日本で食べるフランス菓子は少し日本向きの味がするけど、それはそれで日本に合っているから良いのでしょうね。大手ブランドの紅茶だって供給する地域によって使う葉や配合が変わるのですから。
フランスから帰ってくると、日本の水の軟らかさ、食べ物の柔らかさ、日本茶のまろやかさなど、日本って柔らか〜いと実感します。日本人が穏やかなのはこういうことからかと、食は文化なのだなあとつくづく思うこの頃です。
by enchan-the | 2006-02-01 22:40 | 日々



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム