excite

Exciteブログ トップサイトマップ

カテゴリ:フランス菓子( 21 )

理想のマドレーヌをもとめて、わがまま言い放題のこの頃(笑)。

今日も朝から食いしん坊のnmさんと試食、また試食...。「いっしょに働くならやっぱり食べることがスキな人がいいですね」。nmさんのひとことに、お茶やなのであたり前だと思っていたけど、改めて深くなっとくでした。

昨日も今日も超いそがしいけど、おいしい話題が多いせいかよく笑ってました。食事もおやつもお茶の時間も、おいしいテーブルってやっぱりいちばんの楽しみだなあってつくづく思います。

マドレーヌ_f0038600_23564362.jpg



南フランスのとある村のお茶やさんのマドレーヌ。↑ ほとんど膨らんでいなくて、ちょっと堅くて。昔ながらのレシピで作ったマドレーヌのようでした。


今日の売店ではとっても良いことがあったようで、一日の終わりにワタシも和んじゃいました。いいなあ、Yumiさん。私もラブレター♡をいただいてみたいものです。
by enchan-the | 2012-01-12 00:02 | フランス菓子

まだ見ぬ土地への憧れは、最後にたべようと大切にとっておいた大好きなモノを考える時のわくわくするようなシアワセな気持ちに似ています。
食いしん坊の自分の場合(笑)。

山陰地方もそのひとつ。島根とか、鳥取という名前の響きにもなんとなく、ひかれてしまいます。

本日の午後、島根県の松江市から小包が届きました。
知らない土地からの小包というだけでうれしいのに、中にはおいしそうでかわいい〜山陰のお菓子が
たくさん詰まっていました☆

山陰より_f0038600_22104079.jpg


LA CREME DES CREMES: ラ・クレーム デ・クレームさん
フランス菓子をベースに、山陰ならではのこだわり素材をとりいれた安心、安全でかわいくておいしい!お菓子を作っておられます。
かわいいお花型のサブレには、『SAN-IN』の文字が! 鳥取県産のきなこがはいったサブレとか、島根の国産紅茶の入ったものとか、はちみつも鳥取のものを使っているそうです。

見ているだけでも楽しい焼きドーナツにも、きなこ、小豆、米粉、かぼちゃ、さつまいもなど、山陰の素材が使われていたり、パウンドケーキには、島根県産のしょうがと紅茶が使われていたり、地元の安心素材を厳選して取り入れているところがオリジナルで素敵です。


山陰より_f0038600_22291639.jpg

ミルクティージャム。このミルクも鳥取の牧場のミルクなのだそうです。紅茶は私も知っている出雲の国産紅茶。おいしそう!

山陰より_f0038600_223188.jpg

こちらは、奥出雲産のルバーブと、愛媛の農薬を使わない清見オレンジのジャム。パッケージもかわいいです。


地方へいくと、どうしても和菓子系のおみやげが多いですけど、こんなにかわいい洋菓子のおみやげがあったらうれしいですね。
一番最初に手に取ってしまったのは、『SAN-IN きなこのクッキー』。ほろっとさくさくして、きなこの風味が感じられて、こういう素朴なクッキーが食べたかったの〜という味わい。まちがいなく、クセになります。紅茶にもよく合いますしね。
他は、あしたのお楽しみ* お楽しみがあるって、何て楽しいんでしょうね(笑)!?

自然が豊かで土も水も空気もきれいなところで作られた、とっておきのお菓子。お菓子にもストーリーがあると、お茶の時間がますます楽しいものになりますね。
今年は山陰にも行きたくなりました。出雲大社にも行ってみたいなあ〜。いけるかな?



洋菓子屋 ラ・クレーム デ・クレーム
島根県松江市学園2丁目24-1
TEL: 0852 55 4743
by enchan-the | 2010-06-28 22:59 | フランス菓子

しばらく留守にして、戻ってみると、街中に新緑が溢れ、なんとも気持ちの良い季節になりました。
桜の季節もスキだけれど、街中に緑のエネルギーがキラキラ降り注ぐ、この季節はもっとスキです。


部屋には頂きモノの大きな百合の花が咲いていて、その香りも心地良い〜。
スキな花はたくさんあるけれど、香りでいえば、断然ユリ。 強すぎると思う方も多いようですが、ユリの香りが
漂うだけで元気がでてしまいます。バラの甘さとはまた違う洗練された香りがパワーを与えてくれるんですよね。

kouglof : クグロフ_f0038600_126055.jpg


珍しいピンクのクグロフをもらったので、クグロフ型と記念撮影(笑)。
バラと苺のプティ・クグロフです。本当のパン生地のようなクグロフではなくてお菓子ですけど、カタチを
クグロフ風にするだけで、かわいくなっちゃいます。ラブリー♪でおいしいクグロフでした。
by enchan-the | 2010-05-01 12:18 | フランス菓子

明日は朝早くから仕事なので、今夜は19時からDinerにして、早めに事務所に戻って明日の準備もしなければ...と、思っていたのに、戻ってみたら11時!

フランスから来ている友人を誘って、久々のDinerだったのですが....おしゃべりが嫌いなフランス人には出会ったこともなく、やっぱり楽しい時間を過ごしちゃいました(笑)。
本日のテーマは、ロジックに仕事ができる人について...。それから映画の話し。

いろいろ煮詰まった時は、友だちに会うのが一番。とくにフランス人だと、けっこうスッキリさせてくれるんですよね。ごはんも、とくに久々のエスカルゴがおいしかったし、よかったよかった。


本日は、午後にも仕事でとっても素敵な女性にお会いする事ができてとっても嬉しかったのです。
もっともっと頑張らなくてはと思う日々であります。

そして本日のおやつ。一日4本しか作らないという幻のエクレア!(何故4本?!)
残りの3つを買い占め、みんなでいただきました。3日甘いものを我慢したので良いのです(笑)。

みなさま、Bon week-end !!

幻の...._f0038600_23341580.jpg

by enchan-the | 2010-03-26 23:44 | フランス菓子

キリストの復活を祝うお祭り『復活祭』をフランスでは『pâques/パック』といいます。
春分を過ぎて最初の満月の次に来る日曜日がこの日になる為、今年は4月4日(日)。日本ではサクラの咲く頃ですね。


『pâques/パック』といえば、ショコラ!!
ENCHAN-THE'の紅茶を作っているグループ会社には、大きなチョコレート会社があるのですが、2月〜3月は繁忙期。
たくさんの卵形、にわとり、ウサギ、魚などのかわいらしいチョコレートが量産されていることでしょう。


Paques : 復活祭_f0038600_20411343.jpg

上の写真、思わず手を出したくなってしまう♪ 工場のチョコレートライン。
フランス人にとってのショコラは日本人よりずっと身近です。どんなショコラにどんなお茶が合うかの研究も(!)進んでおります。


こちらは、チョコレート博物館内の昔のチョコレート型。↓ どうやって作るんでしょうか?
Paques : 復活祭_f0038600_2043748.jpg


売店では古い型も売っています。よ〜くみると、猫の舌チョコの型も!
バレンタインデーも良いけれど、pâques/パックのように、家族でチョコレートを楽しめる行事もいいですねえ。『ショコラと紅茶の日』。なんてできたらいいのに! 個人的には毎日が『ショコラと紅茶の日』なのですが...。

Paques : 復活祭_f0038600_21142812.jpg

by enchan-the | 2010-03-23 21:22 | フランス菓子


前にもご紹介したことのある、【La cuisine de Valerie : ヴァレリのお料理教室】を運営しているValerieのインタビューが、約1週間ほど前のジャパンタイムスに掲載されました。

La cuisine de Valerie : ヴァレリのお料理教室_f0038600_17574642.jpg


フランス人女性が、伝統的な日本家屋でマクロビオテックの料理(お菓子)教室を開いているというのも珍しいですよね。ECHAN-THE'のお茶は、マクロビ系のお菓子にも合うようでうれしいコトです♪
私も今度、鎌倉の家を訪ねるのを楽しみにしています。

ところで、今日は新しいお茶のFIGUE DU SOLEIL: 無花果のお茶をスタッフたちも味見しました。
結果、大好評! はやくみなさまにもご紹介したいと思っておりますが、もう数日間だけお待ち下さい!!
by enchan-the | 2010-02-08 18:08 | フランス菓子

今朝は、昨日お客様からおみやげにいただいた、サンドウィッチでブランチ。
ハードなパンにおいしいハム等がはいったものはもちろん、やっぱりハードパンに、なんと、いちじく、ベーコン、ピーナッツバターという異色の組合せのサンドウィッチが超美味でした!

自分の住んでいるところの近くにおいしいパン屋さんがあったら幸せですよね。
でもなかなか難しいことかもしれません。そんな時、お気に入りのパティスリーでパンも買えたらやっぱりすごくうれしいです。

子どもの頃、近所のケーキ屋さんのショーケース上の右端で、ペリカンパンの角食パンが売られていました。今では大人気のペリカンパンですが、子どもの頃の私にもとっ〜てもおいしそうに見えて、ケーキ屋さんで売られているからますますおいしそうで、いつも欲しいなあと思っていたものでした。たまにしか買ってもらえなかったけれど(笑)、浅草のお肉やさんでも売られていたのを覚えています。
ベルギーのアントワープに行ったとき、お肉やさんでサンドウィッチを作ってくれるところがあって、お肉やさんの作るサンドウィッチもすごくおいしかった思い出もあります!

ケーキ屋さんのパン_f0038600_20523989.jpg


そんなわけで、ケーキ屋さんのパンもとっても魅力的です。
お客様のところには、デリコーナーもあって、まったくおいしそうなソーセージやハムなども売られていました。甘いモノとしょっぱいもの、どちらも好きな私にとっては、やっぱり近所にあったらシアワセ!なお店でした。

ケーキ屋さんのパン_f0038600_20533216.jpg


フォレ・ヌワールといえば、フランスでは有名なお菓子。久しぶりにおいしくいただきました*
ケーキ屋さんのパン_f0038600_2054469.jpg

by enchan-the | 2010-01-09 21:02 | フランス菓子

銀座で打ち合わせをするはずが、日本橋に移動してオープンしたばかりの新しいラデュレでランチをごちそうになりました ♪

日本で2店舗めのLADURÉE は、日本橋三越本館の3階です。
銀座店でちょっとだけがっかりしていたものの、こちらはとても素敵でした !!
三越日本橋店の老舗の風格と、ラデュレのシックな内装がピッタリで、かなり特別な時間
が過ごせます。

パリでは私も一番好きなボナパルト店がモデルだそうで、落ち着く感じが本当に似ています。
私たちが案内されたのは、Le Salon Bleu de prusseという奥の青い部屋。LADURÉEのティーポットも喜びそうなくらいいい雰囲気がでていました。

LADURÉE : Le Salon Bleu de prusse_f0038600_16301571.jpg

  ランチのデザートのマカロン。モナコから飛行機で来るそうですね。
  お茶はやや薄めのダージリン。

子供の頃は、日本橋三越の吹き抜け中央にそびえるオブジェ?モニュメント?が恐ろしくて、母親が「三越に行くわよ」というと憂うつになっていたものですが、大人になったら大丈夫でした(笑)。
ランチもちょっと高いので頻繁には行けなさそうですけど、今度はお菓子とお茶を楽しみに行きたいです。一人で行くのにも良さそうですよ。
by enchan-the | 2009-07-28 16:48 | フランス菓子

ひと足早いヴァカンスで、もうすぐフランスへ帰るというお客さんが遊びにきてくれました。
6月はコルシカ島で一ヶ月を過ごすといううらやましい彼女。フランスへのおみやげに、アンシャンテの紅茶をいろいろ、缶、スプーンなど、たくさんお買上げくださいました。
そして、「ENCHAN-THE'ブランドのブティックをぜひ、パリに開いて欲しい!」と言ってくれるおもしろい人です。

ナチュラルなお菓子_f0038600_23245787.jpg


日本の食材をとっても気に入っていて、それを使ったお料理教室を開いている先生ですが、夏からは鎌倉でレッスンを始めるとか。おみやげに持って来てくれた手作りのお菓子もこんなにかわいい。ナチュラルな素材が大好きなのだそうです。

自身で豆乳を作る時にできる「おから」を使ったケーキに、ゴマのクッキー。玄米粉とか、てんさい糖とか、いろいな日本語をご存知で研究熱心です。本日も彼女からのリクエストで12種類以上ものお茶を試飲。こんなにお茶が好きな普通の(?)フランス人は初めてです。
KIMONOは、タルト オ フレーズに合うとか、デザートティやプロヴァンスのフルーツティは、アイスクリームに合うとか、冬に食べる抹茶のお菓子、夏に食べる抹茶のお菓子それぞれに合うお茶を探したり....と、たくさんメモを取っていました。「ここにいると、たくさんのアイデアが浮かんじゃう!」と、またまたうれしいことを言ってくれるのでした。

Bonnes vacances!!



by enchan-the | 2009-05-15 23:42 | フランス菓子

東京では、早くも春一番が吹いて暖かい一日でした。
夕方、外に出るとサクラが咲く頃のような気配。 明日はヴァレンタインデーなので、前から
欲しくて予約をしておいたモノを取りに行ってきました*

Saint-Valentin*_f0038600_23465874.jpg

じゃん。久しぶりにエルメです。PIERRE HERMEのCoeur Origineという濃厚なチョコレート
ケーキ。 やはりエルメと言うと、パリ店より先にできたニューオータニ店がなんとなく好きで、
赤坂見附まで行ってきました。


ここで初めてエルメのケーキを買ったのは何年前でしょう? もう9年ぐらいになるかな?
2000年のミルフィーユ、Deux milles mille feuilles(だったかな?)とか、何段にも重なった
ショコラのケーキを食べたときの衝撃!!というと大げさですけど、感激したのは忘れられません。
去年の秋にエルメ氏が来日した時にも行きたかったんですけど、忙しくて行けず、
その時の新作として発表されたひとつが、このヴァレンタインデー用の「Coeur Origine」
だったわけで、念願の.....をさっそくいただきました。

何種類かのショコラを使っていて濃厚なせいか、みかけよりも重くて、たっぷり4人分ぐらいは
ありそうな大きさです。ケーキといってもスポンジはほんの少しなのもうれしいし、
ガナッシュが大好きな私には満足なヴァレンタインでした。

こういう時、ショコラに負けないような強い紅茶を合わせるのも良いですが、春の気配も
感じられる今日はダージリンを合わせたい気分。去年のプッタボンをいただきました。
ウチのティーブレンダーたちは、ダージリンのセカンドを一年置いたモノを揃って好みます。
そういうセレクトを見ると、やっぱりフランス人の味覚って大人だなあ(笑)って思います。
新茶の季節まではあともう一息ですね。

どうぞ楽しいヴァレンタインを!!



by enchan-the | 2009-02-13 23:24 | フランス菓子



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム