excite

Exciteブログ トップサイトマップ

カテゴリ:フランスのこと( 95 )

週に1-2回のテレトラヴァイユもすっかり定着しました。

これが雨の日だったりすると、けっこううれしかったりします。


さて、どこにも行けそうもない今年の夏。海外の友人知人から、自然の中にたっぷり浸かっているという話を聞くと、うらやましさでいっぱいです。
自然が、緑が、恋しいですねえ。


こちらは、ブルターニュを満喫中のカップルから。
海の青さがやっぱりブルターニュっぽいです。


Bretagne : ブルターニュ_f0038600_15454935.jpg
Photo par Leslie


いつだったかカンペールの市場で食べた焼きたてのクレープ。バターとお砂糖だけのシンプルなものですが、今までで最高のおいしさだったのを思い出します。

この街には「バター広場 : Place au Beurre」という広場があって、そこにはたくさんのクレープリーが並んでいるんです。近くには「Rue du Sallé : 塩通り」まであって、まさに、塩バターの聖地ですね。


もちろん、ガレットやキャラメルも....系統は違いますが、お魚もおいしかった!


Bretagne : ブルターニュ_f0038600_15454343.jpg
Photo par Leslie


私たちをたっぷり楽しませてくれた、ENCHAN-THÉの『ブルターニュのキャラメルティ』は、いよいよ今年でお別れとなりました。(まだ余裕はありますのでご安心ください)半発酵茶ベースのお茶は冷たくしても、おいしく召し上がっていただけますので、夏にもおすすめです。しばらくの間、クラシックサイズもうひと袋プレゼント中です。どうぞご利用ください。


フランスのブルターニュ地方には、質のよい新鮮なバターや天然塩をたっぷり使ったお菓子がたくさんあります。その代表「塩バターキャラメル」をイメージしてお茶を作りました。ベースには半発酵茶を使用。茶葉に隠れるシアワセのモチーフ、白い蝶々もお楽しみ。



Bretagne : ブルターニュ_f0038600_15460550.jpg


最近の東京も雨が降ったりやんだり。どんよりとした空もブルターニュっぽいな。と思うと、長い梅雨も少し楽しくなります。次のお休みには、ガレットでも焼こうかな。もちろん、ブルターニュのキャラメルティを忘れずに。^^



あれ〜、もう8月が目の前ですね! 本当に可笑しすぎる2020年。
まずは、お茶の時間でリラックス&ココロを整えたいと思います。

涼しい今夜は、思いがけず『ジヴェルニー』のミルクティがぴったりでした。



Bonne soirée.




by enchan-the | 2020-07-29 20:33 | フランスのこと

ここ数ヶ月の自分の周囲で、すっかり身近になったものといえば、野鳥たち。
毎日、毎日、さまざまな時間帯で、さまざまな心地よい歌を聴かせてくれました。

どこでも見かける雀でさえ、なんとなく、以前よりものびのびしているように見えます。


と、鳥が身近になったところで、サヴォアのリリーから、ご主人のJLがクリスチャン ムレクさんと一緒に、鳥たちと一緒に空を飛んでいる動画が到着しました!

すごいーっ!!.....飛んでみたい。


タイミングよく、日本でも7月23日から彼の映画が公開されるようです。
GRAND JOURNEY』。久しぶりに、とーーーっても観たい映画!!

フランスのオリジナルは『DONNE-MOI DES AILES』。こちらの予告の方が少し長めです。
リリー曰く、映画館に行く時はハンカチを忘れずに!だそうです。


国境を知らない鳥は、まさに自由の象徴ですね。
非日常が去りつつある昨今、若干、脱力していましたが、久しぶりに心躍るものに出会えました。



いろいろと、価値観のシフトが起こりつつあるこの頃。
アタマも心も、整理中。暑くてぼーっとしてしまう前に〜。


Les oiseaux !! : 鳥_f0038600_23213480.jpg


MERCI juin!!



by enchan-the | 2020-06-29 22:33 | フランスのこと

とってもキモチの良い月夜ですね。

心地よい風が吹いて、満月で。

今朝、メールボックスを開くと、サヴォアのリリーから、モンブラン(アルプスの!)の上に大きく白く輝くPleine lune(お月さま)の写真が送られてきていました。
「きっと、あなたが喜ぶと思ってね!」と。

大きな月がモンブランの山肌を照らして、それはそれは美しい写真でした。昨日の夜のものだそう。


さっそく先ほど、東京の空にも美しく輝きはじめた、今宵の満月の写真を送りました。

モンブランではなく、オフィスビルの隣に浮かぶ Pleine lune に驚きながら、写真を眺めて...。見たことのない東京に思いを馳せつつ、今頃はまた、いつものエディット・ピアフを鼻歌で歌いながら、うれしそうに家中を動き回っているかな。最近のフランスの空もとってもキレイなのだそうです。



さて、昨日出勤したおかげで、落ち着いた一日でした。
そこで今日こそ仕上げたい最後の砦を断捨離しまして、これでまた思いっきり!すっきりしました。


箱の中から見つかったフランスのものらしいファイルを開けると、ミシェルのお姉さん、レジーヌの資料いろいろが入っていました。いつだっけ? ラ・ロシェルに行った頃に、劇団へ遊びに行って、なぜかミッシェルがファイル一式をくれて。。。持って帰ってきたんだっけ? 
たぶん。。。14-5年くらい前にもらったような記憶が蘇ってきました。


その昔、東京でも公演をした時の資料とか、素敵なものがいろいろ見つかりました。
青山演劇フェスティバルって何だろう?89年のフライヤーのようです。コスチュームはゴルチエらしく、彼はちょうど今年引退されるのでしたっけ? ファイルの中には、ひと時代前の時間がたくさん入っていました。


最近は10年とか15年単位で時間が戻ってきて、驚くばかりです。その間、夢でも見ていたのかなあ?とも思えるぐらい。^^; 不要なものは無くなって、清々しく、心地よい時間が戻ってきました。


Pleine lune : 満月_f0038600_21094789.jpg

日本語の資料もありました。日本でもコンテンポラリーダンスが流行った時代があったのですね。
ケータイもない時代。人々はどういう時間を過ごしていたんでしょう?芸術文化がもっと豊かだったのかな。

Pleine lune : 満月_f0038600_21212234.jpg



世界中で、もうしばらく静かな時間を過ごせそうですが、うれしいニュースも増えてきましたね。

アジアの海では、絶滅の危機に瀕していた海洋生物たちが、活発に!活動しはじめたようです。
ウミガメの産卵も多いようですし、これは、観光客が激減してゴミが減ったりしたことが良かったようで、野生動物にとっては生活しやすい環境が戻りつつあるようです。うれしいですね!



もうすぐ母の日。

わたしたちのお母さん、地球のために、私たち人間は、どんなことをすれば喜んでくれるかな。

本当に大切なことは、そう多くなくて、ごくシンプルなことなのかもしれない。

同じ間違いを繰り返すことから卒業できるように、もう少し静かな時間が必要なのかもしれません。

美しい満月の夜に、そんなことを想ってみました。


Belle soirée !



by enchan-the | 2020-05-07 20:58 | フランスのこと

南フランスのアルルと地中海に挟まれたカマルグ、湿原地帯は、フランスの中でも特に大好きな場所です。自然保護地域にも指定されている、とても美しい場所なのです。

この夏にお邪魔したサヴォアのLが、カマルグにキャンプに行っていると、写真をたくさん送ってきてくれました。


この景色、思わず深呼吸したくなるような....気持ちの良さ!なので、気分転換になるかと載せてみました。

たくさんの野生のピンクのフラミンゴに、白い馬、トロといわれる黒い闘牛用の雄牛。
今すぐにでもまた行きたくなる......まさに自然の聖地です。


Camargue : カマルグ_f0038600_20213855.jpg



Camargue : カマルグ_f0038600_20234718.jpg



Camargue : カマルグ_f0038600_13330082.jpg



Camargue : カマルグ_f0038600_20240087.jpg




この子がグアドループから来た『シューケット』。

Camargue : カマルグ_f0038600_20244428.jpg




Camargue : カマルグ_f0038600_20241341.jpg



Camargue : カマルグ_f0038600_13334195.jpg



せっかくなので、前回、お師匠たちに連れていってもらった時の写真も載せて、空の色が違うのですが.....こちらでも、気分転換ができるでしょうか?


Camargue : カマルグ_f0038600_20542973.jpg



Camargue : カマルグ_f0038600_20543627.jpg

たくさん、深呼吸!!したら、風邪が抜けました。^^

リラックスは大切です。ね!!


一杯のお茶の時間も....ぜひお楽しみください。



『冬の紅茶』『クリスマスの紅茶』『NEW ラササヤン』『プラリーヌ』それから、アンフュージョンの新商品、BONJOUR MA TRÈS DOUCE BIO・マ トレ ドゥース ビオも入荷しました。 いろいろなご案内はまた11月に!


Bonne journée.



by enchan-the | 2019-10-29 20:30 | フランスのこと

今週は本当によく働いたー。
来週も早々にいろいろありますけれど、まずは金曜日の夜を迎えられて何より。ホッとしています。


と、すっかり日常に戻りつつある中、思考をコントロールするには、視点を変えればいい!ということで、

観たくてたまらない!今日からはじまる『 Tout doit disparaître 』のサイトをみたり、Facebookでリハーサルの様子を見ながらミッシェルを見つけたり、出演ミュージシャンの中にルイーズの名前を見て喜んだりして、ココロをフランスに戻して気分転換しています。ええ、やはり本日はパリまで行けないので。。。^^;


何日か前のミッシェルからのメールには、直前のリハーサルは、ものすごいスケールでクレイジー!だとありました。いいなあ〜、クレイジーなくらいかっこいいこと!!!
寂しいけれど、近頃の身近にはなかなか無いですから〜。10年前に作ったピンクのKIKU(鋳物)は、今、思うとややクレイジーだったかな(笑)。 でも、モノだけでは全然ダメなのです。



Tout doit disparaître._f0038600_23484969.jpg

この間、お邪魔した時、何年も前のお誕生日に贈ったグリーンを未だ元気に育ててくれていました。
「今年は花が咲いて驚いた」って喜びながら。

何年も何回も送ったアンシャンテのいろいろなカードは、キッチンにたくさんピンで留めてあって、これもまた私を喜ばせてくれるのでした。



Tout doit disparaître._f0038600_23492226.jpeg


昔のミッシェルのポスター ↓ を見つけました。 ↑上の若き日のJPゴルチェと一緒にいるのはお姉さん。そういえば、お姉さんの家にもお邪魔したことがありました。ホントに、どこにでも行ってしまうんですねえ....。


Tout doit disparaître._f0038600_23490836.jpeg


クリエイティヴなスペクタクルがカッコイイのはもちろんですけれど、普段の暮らしの中でも、
やっぱり、基本的にカッコイイのが好きだなあと思いながら、カッコイイってなんだろう。
と改めて考えてみると...。

表面的な美しさにも、精神にも、活動の中身にも、いろいろなカッコイイがあって、たくさんのカッコイイが集まればもっともっと楽しくなりそう!な、楽しさのモト。で、あるようでした。自分の場合。

魂が喜ぶくらいクレイジーな活動ができれば、カッコイイって思えるのかもしれません。ね?



Tout doit disparaître._f0038600_23495860.jpeg


さて、今週末は、近所のお寺で Yoga をする予定。
ある意味、クレイジーですね。^^;


どうぞ良い週末を!


by enchan-the | 2019-09-27 23:13 | フランスのこと

夏が間違えてやってきたような月曜日の朝。

UPSの到着を今か今かと待っていると...思いがけず、Collissimo(フランスのゆうパックのようなもの)が。ただのダンボール箱も、なんとなくかわいいのはさすがフランス。

La prune._f0038600_11243152.jpg

友人の作った新しい印刷物でした。
この友人が新しく始めたプロジェクトは、2年前に会った時はまだ企画書の段階だったのに。ものすごーーーーい熱さで!着々と進めてカタチになっているのが本当にすごいと尊敬しています。

Parisでもいくつかの事業を成功させていますが、その集大成のプロジェクトはやっぱり超本気でした。

この人の作る印刷物や世界観は私も大好きで、デザインも本当に素敵。もう15-6年来の友人ですが、前に来日した際に、ウチの事務所にあったフランスの食べ物の本シリーズが、なんと、彼らが大昔に作ったものだったことがわかって驚いたくらい。
フランスのエスプリを存分に味わえるかっこいい本ばかりです。

La prune._f0038600_11310606.jpg


La prune._f0038600_11314796.jpg

La prune._f0038600_11314083.jpg

La prune._f0038600_11313271.jpg

今回のは、本来のプロジェクトに連動する印刷物なので、思い入れも相当な感じがするし、手に取っただけで、私のテンションも思いっきり上がりました。 夢をカタチにしようと努力している熱さはやっぱりいいですね。 私の気合も再び!! 


La prune._f0038600_12012489.jpg

さて、もう十分すぎるくらい充電できましたし。
最近は特に良い刺激をたくさんもらっているので、頑張りますっ⭐︎


Bonne semaine!



by enchan-the | 2019-05-27 09:32 | フランスのこと

4月も後半。連休の気配がぐんぐん高まってきましたね。
海の向こうでも、今週は復活祭の連休です。


心はフランスに寄り添いつつ、連休中まで続きそうなたくさんの仕事と格闘中です。
といっても、前向きで建設的な忙しさは、夕方にはぐったりする程働いても、爽快感や達成感でいっぱいといううれしい状況。(久しぶり!)

きっともう、好きな仕事ともっと好きになる仕事しかないような気がする。と思いながら、コツコツ向き合っています。


さて、今日は気分転換に春のはじまりのフランスの明るい画像を。
パリではないのですが。


pâques._f0038600_22301542.jpg


pâques._f0038600_22384557.jpg


pâques._f0038600_22302342.jpg


pâques._f0038600_22303088.jpg


pâques._f0038600_22394658.jpg


無常ということはわかっていても、やっぱり時々、重いことがありますね。

Alors, on prend le thé ensemble* (さあ、お茶を飲みましょう!一緒に )




by enchan-the | 2019-04-18 23:09 | フランスのこと

Quelle catastrophe....

こんなに良いお天気でこんなに心地よい日に悲しすぎるニュース。
こんなに離れた東京で、こんなに悲しいのに。

Parisはどんなにつらいでしょう。
最近のParisは、耐えることが多いように思えます。

Sous le ciel de Pais._f0038600_20023711.jpg

心が痛みますね。今日中に終らせなければならない仕事も捗らず....
お見舞い、お悔やみ?メールを送りまくっておりました。

昨夜、偶然自転車で近所を通りかかったという友人が撮った写真が届きました。
1160年から、そこにあってあたりまえの彼女(Notre dameです)が姿を消すなど、考えただけでとても恐ろしいことだと。(photo par Alexandra Senes)


Sous le ciel de Pais._f0038600_20064146.jpg

ちょうど、2-3ヶ月前にノートルダムの修復をしている人たちのドキュメンタリーを見たばかりで、ノートルダムの歴史についても、教会の人たちのインタビューやボランティアガイドの人たちのインタビューも見たばかりだったので。
今日は本当に悲しい。


また、いつもの美しい光が溢れるParisに早く戻るように。祈ります。








by enchan-the | 2019-04-16 20:14 | フランスのこと

今回はいそがしかったのと、夏の食欲は秋冬とはまた異なるので、ゆっくりと食を楽しむことがあまりできませんでしたが、印象として、日本食がブームなんだろうなというのは、カフェやレストランでも「TATATKI」っぽい生ものがメニューに増えていることから感じました。

あるカフェでは、ランチのメニューが「TATATKI」ばっかり。生ものが苦手なので火が通っているものはないのか訪ねると「日本人にそんなことを言われるなんて…」といった感じでショックなのか、悲しそうにしばし沈黙してしまうシェフ。

これなら食べられるだろうとすすめられたのがこちら。たしかにヘルシーでフルーツもたくさん入っていておいしかったですけどけっこう軽め。キヌア登場率も高かったです。

食の思い出。_f0038600_01003191.jpg

時間がなくて急いで入ったホテルの隣りのレストランでは、不思議な名前がつけられたメニューばかりで、それも生ものがほとんど。失敗したと思ったもののサーモンくらいならいけるだろうと頼んだのがこちら。
これがなかなかおいしくて、フルーツや焼きトウモロコシやザクロなども入っているのがやはりフランス風にアレンジされた和食なんですね。ハーブの使い方が上手いのはさすが。お寿司より好きかも...でした。

食の思い出。_f0038600_01071291.jpg

お店の斜め向かいには、何故か日本のカレーやさんがあって、この通りで一番おいしいランチはあそこだからとすすめられて。
作っている人たちはみんな日本の人でした。ルーから手作りで、唐揚げが大人気なんだとか。唐揚げを久しぶりに食べました。それもParisで…。お店は大繁盛してました!


食の思い出。_f0038600_01090130.jpg

あちこちにおみやげで配ったのが「おせんべい」。これがアペリティフにぴったりだと大好評でした。こういうおせんべい1つを食べるにしても、それについて5分も10分も語ってくれるフランスの人たちは本当にすごいと思います。今っていう時間を楽しむことが自然にできるし、誰でも共通の話題を楽しむことができるのはとても見習いたいところです。お茶の試飲にしても、老若男女、みんなワインの試飲のように口の中で味わってくれるので私も勉強になりました。

日本の「おせんべい」も、ガラスのグラスにいれるとかわいくなりました↓


食の思い出。_f0038600_01111416.jpg

日本食とは違いますけど、柴犬♡ 遭遇率も高かったです。
ヨーロッパに限らず、欧米では日本犬や錦鯉を飼っている人が増えているそうですね。フランスの街に自然と溶け込んでいる柴犬はなかなかかわいかったです。



甘いモノでは毎日、ソルベをダブル楽しんでいた他は、Stohrerのサントノレ。なんと、12-3年ぶりに食べました!やっぱりフランスの生クリームが最高においしいのでおいしい。ショーソンのリンゴはあっさりと軽めでしたが、ケーキやさんならではのキメの細かいパイ生地はさらさらしていてこちらもやっぱりおいしかったです。

食の思い出。_f0038600_01154585.jpg

アルカッションへ行くなら食べてみて。とすすめられたDUNES BLANCHES。
これがとってもおいしいし、かわいいし、新鮮でした。

食の思い出。_f0038600_01220705.jpg
食の思い出。_f0038600_01221810.jpg
とっても小さなお店で、これしか売っていないんですけど、みんな知っている有名店のようです。カヌレならカヌレ専門店、デュヌ・ブランシュならデュヌ・ブランシュ専門店に買いに行くというのがやっぱり好きです。


あとは、毎日おかあさんの?!手作りごはんで、鴨やめずらしい魚や羊などをごちそうになりました。平べったい桃が気に入りました。

食の思い出。_f0038600_01232943.jpg


最後は空港で必ず食べることになるこのセット。
マカロンは、塩キャラメル味です。

食の思い出。_f0038600_01275679.jpg

バターもチーズもたくさん買って帰りたかったものの、細かい買いものをする時間もなく、断念。
今頃になって、無塩バターやさまざまなチーズが恋しいです。また次回の楽しみに!

最後に。「抹茶はどこでも見かけるしもう当たり前だから、蕎麦茶が欲しい」と、2人のフランス人のお客様から言われたのが新鮮でした。
10年以上前ですけど、師匠たちのお店では蕎麦茶や甘茶もまあまあ売れていたのですが、たしかにパリではあまり見かけませんね。
日本のたべものも、なかなかディープなものが求められるくらいメジャーになってきたということでしょうか。

次回もおみやげにおしゃれおせんべい&蕎麦茶!を利用したいと思いました。





by enchan-the | 2018-07-26 00:28 | フランスのこと

もうしばらく滞在していたかったけれど、Bordeuaxへ戻ってきました。

dimanche._f0038600_21141629.jpg


もちろん戻る前に私たちのお気に入りの店に寄ることは忘れずに。2人で5皿のガレット&クレープを消費してきました。^^

dimanche._f0038600_21165071.jpg
dimanche._f0038600_21170511.jpg


久しぶりのアトリエ。ジャスミンやバラ、もみじなど、植物も大きく育っていました。葡萄が食べられるのはもうすこし先になりそうです。

dimanche._f0038600_21174430.jpg

今朝は18度と少しひんやりと湿った花の香りが漂う中庭で朝ごはん。
やっぱりここは落ちつきます。

ダージリンが続いていたので、BORDEAUX2002を入れてみました。
バターとコンフィチュールをたっぷり載せたタルティーヌとはなかなかの組合わせでした。

dimanche._f0038600_21180352.jpg

dimanche._f0038600_21184460.jpg


dimanche._f0038600_21190972.jpg

あと少しだけ、仕事して帰ります。






by enchan-the | 2018-07-22 21:23 | フランスのこと



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム